富士河口湖町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ふじかわぐちこまち
富士河口湖町
Lake Kawaguchiko Sakura Mount Fuji 4.JPG
河口湖
Flag of Fujikawaguchiko Yamanashi.JPG
富士河口湖町旗
Fujikawaguchi Yamanashi chapter.JPG
富士河口湖町章
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方
関東地方
都道府県 山梨県
南都留郡
団体コード 19430-1
面積 158.51 km²
総人口 25,648
推計人口、2014年7月1日)
人口密度 162人/km²
隣接自治体 甲府市大月市都留市
富士吉田市笛吹市
南都留郡西桂町身延町鳴沢村
静岡県富士宮市
町の木 あかまつ
町の花 月見草
町の鳥 やまがら
富士河口湖町役場
所在地 401-0392
山梨県南都留郡富士河口湖町船津1700
北緯35度29分50.1秒東経138度45分17.8秒
Fujikawaguchiko-town-office.JPG
外部リンク 富士河口湖町

富士河口湖町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

富士河口湖町(ふじかわぐちこまち)は、山梨県の南部にある町。山梨県で唯一「町」を「まち」と読む自治体である。日本一文字数の多い町でもある。

地理[編集]

町一帯は標高が高く、中心駅の河口湖駅は標高857mであるなどの山岳地帯である。

富士五湖の内、山中湖を除く4湖が富士河口湖町に属する。本栖湖面については、富士河口湖町と南巨摩郡身延町の境界が未定であるが、旧上九一色村では湖面全部が村に帰属すると主張していた。

隣接している自治体[編集]

富士吉田市との境界線は特に複雑で、町の南東部にある中央自動車道河口湖インターチェンジの北西側では富士吉田市の飛び地を富士河口湖町の領域が囲んでいる。逆に、富士山の吉田口登山道の二合目にある富士御室浅間神社本宮は、里宮が富士河口湖町(旧勝山村)にある関係から、入口から本八合目までが富士吉田市に属する同登山道の中で富士河口湖町の飛び地となっている。2006年の上九一色村分割編入(後述)により、富士河口湖町は甲府市と接する事になったが、両市町の境界線は山岳の尾根筋と一致している。

気候[編集]

かつては、河口湖が全面氷結することもあるほど冬の寒さは厳しかったが、近年では全面氷結することは少ない傾向である。また、ケッペンの気候区分において従来は西岸海洋性気候(Cfb、最暖月の平均気温が22℃未満)に位置づけられていたが、1981年 - 2010年の新平年値では最暖月(8月)の平均気温が22℃を超えたため、温暖湿潤気候(Cfa、最暖月平均気温が22℃以上)になった。

  • 最高気温極値:35.3℃(1946年7月16日)
  • 最低気温極値:-22.1℃(1936年1月31日)
  • 最深積雪:89cm(1998年1月15日)
富士河口湖町(河口湖)
雨温図説明
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
 
 
55
 
5
-6
 
 
57
 
6
-5
 
 
102
 
10
-2
 
 
105
 
16
3
 
 
124
 
20
9
 
 
162
 
23
13
 
 
163
 
27
18
 
 
250
 
28
18
 
 
253
 
23
15
 
 
177
 
18
8
 
 
79
 
13
2
 
 
42
 
8
-3
気温(°C
総降水量(mm)
出典:[1]

人口[編集]

Demography19430.svg
富士河口湖町と全国の年齢別人口分布(2005年) 富士河口湖町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 富士河口湖町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
富士河口湖町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 17,221人
1975年 17,477人
1980年 17,812人
1985年 18,859人
1990年 19,595人
1995年 21,142人
2000年 22,595人
2005年 23,943人
2010年 25,459人
総務省統計局 国勢調査より

歴史[編集]

上九一色村合併の経緯[編集]

西八代郡に属していた上九一色村は、富士河口湖町、富士吉田市等と富士北麓地域に属していた。しかし、上九一色村南部の「精進」、「本栖」、「富士ヶ嶺」地区と、上九一色村北部の「梯」、「古関」地区は山地によって二分され、上九一色村南部は富士北麓地域と、上九一色村北部は甲府市中道町市川三郷町との繋がりが強かった。特に上九一色村南部には富士五湖精進湖本栖湖があり、観光面でも富士河口湖町等と一体化していた。

このため、上九一色村南部は河口湖町勝山村足和田村との、上九一色村北部は甲府市等との合併を目指すことになり、2002年に其々法定合併協議会を設置したが、協議過程で上九一色村南部と3町村の間で合意に至らず、3町村が先行合併して富士河口湖町が発足した。

2004年11月に行われた上九一色村住民投票の結果、上九一色村南部と富士河口湖町との合併協議を再開することとなり、2005年1月31日に富士河口湖町と上九一色村南部で法定合併協議会を設置した。同年3月3日、富士河口湖町と上九一色村南部の合併協定調印式が行われ、2006年3月1日に上九一色村を分村し、上九一色村南部を富士河口湖町に編入することが正式に決まった。

行政[編集]

  • 町長 渡辺凱保(2007年12月7日就任)
  • 教育長 古屋征人(2008年1月就任)

商業[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

国内[編集]

1962年7月姉妹都市提携(旧御坂町)

地域[編集]

教育[編集]

  • 大学
  • 高等学校
  • 中学校
    • 富士河口湖町立河口湖北中学校
    • 富士河口湖町立勝山中学校
    • 富士河口湖町立西浜中学校
    • 富士河口湖町立上九一色中学校
    旧上九一色村を分村した経過措置として、上九一色村から甲府市に編入された甲府市梯町、古関町も同校の学区である。
    • 組合立河口湖南中学校
  • 小学校
    • 富士河口湖町立船津小学校
    • 富士河口湖町立小立小学校
    • 富士河口湖町立大石小学校
    • 富士河口湖町立河口小学校
    • 富士河口湖町立勝山小学校
    • 富士河口湖町立西浜小学校
    • 富士河口湖町立大嵐小学校
    • 富士河口湖町立精進小学校
    • 富士河口湖町立富士豊茂小学校

交通[編集]

道路[編集]

2010年3月に供用された若彦トンネル河口湖側坑口
中央自動車道河口湖IC
富士山有料道路(富士スバルライン)
国道137号国道139号国道300号国道358号
道の駅かつやま

鉄道[編集]

バス[編集]

  • 高速バス
河口湖駅のバスターミナルでは、本数が最多の新宿高速バスターミナル発着便を含む東京都東京駅羽田空港など)の他、埼玉県大宮駅西口など)・神奈川県横浜駅西口など)・静岡県静岡駅北口など)・京都府京都駅、夜行便のみの「フジヤマライナー」として運行)・大阪府大阪駅など、「フジヤマライナー」)を結ぶ路線が毎日運行され、これに季節運行のみの路線も加わる。詳しくは河口湖駅の項目を参照。河口湖駅バスターミナル発着路線の一部は富士急ハイランドバスターミナルにも停車する。
  • 路線バス
富士河口湖町内では河口湖バスターミナルを中心に富士急山梨バスの路線バス網が整備され、一部は町外の甲府駅や静岡県内の富士宮駅新富士駅富士駅御殿場駅まで運行される。

観光[編集]

祭り[編集]

富士本栖湖リゾートの富士芝桜まつり

縁ある有名人・作品[編集]

外部リンク[編集]