国道230号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の道路 > 一般国道 > 国道230号
一般国道

国道230号標識

国道230号
路線延長 213.6 km(総延長)
165.0 km(実延長)
148.8 km(現道)
制定年 1953年指定
起点 北海道札幌市中央区
主な
経由都市
北海道虻田郡洞爺湖町山越郡長万部町
終点 北海道久遠郡せたな町
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0012.svg国道12号
Japanese National Route Sign 0036.svg国道36号
Japanese National Route Sign 0276.svg国道276号
Japanese National Route Sign 0037.svg国道37号
Japanese National Route Sign 0005.svg国道5号
Japanese National Route Sign 0229.svg国道229号
Template(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
国道230号(札幌市南区川沿にて)
同上(札幌市南区藤野にて)
同上(札幌市南区小金湯にて)

国道230号(こくどう230ごう)は、北海道札幌市から同道久遠郡せたな町に至る一般国道である。

概要[編集]

起点から長万部町へは国道5号または国道36号国道37号より短距離で達し、札幌・函館間を結ぶ最短距離ルートを形成する[1]

2000年(平成12年)に発生した有珠山噴火によって虻田町[注釈 1]2カ所で国道が分断された。国道上に噴火口があり、徒歩でも国道部分を通過するのは不可能となった。地形図では、国道上に火山活動によって形成された池も記載されている。また、国道脇を通っていた町道泉公園線の跡地が遊歩道として整備されている。復旧工事は別ルートによって行われ、2007年に開通した。

路線データ[編集]

一般国道の路線を指定する政令[2][注釈 2]に基づく起終点および経過地は次のとおり。政令上の終点は瀬棚郡北檜山町となっているが、合併に伴い、現在は久遠郡せたな町となっている。

歴史[編集]

年表[編集]

2000年有珠山噴火による代替区間[編集]

国道付近から噴火(西口火口)が始まり著しい隆起のため道路が変形。一部は水没し池となった。

有珠山噴火によって虻田郡虻田町[注釈 1]洞爺湖温泉 - 同町泉の間が不通になったため、道路管理者である北海道開発局は、迂回ルートとして虻田郡洞爺村[注釈 1]香川 - 虻田郡豊浦町東雲町を結ぶ北海道道285号豊浦洞爺線北海道道97号豊浦京極線の該当区間を2000年(平成12年)4月26日[要出典]から国道230号に組み入れて対処した[8][9]。これは新ルート開通までの応急的措置であり、2007年3月28日の新ルート開通後、4月2日に国道の指定は解除された。また、新ルートの交点から洞爺湖温泉街に至る区間は北海道道2号洞爺湖登別線に変更されている。その後不通となった個所は西山火口散策路として整備され、変形した道路や被害に遭った建物を見学できるようになった[10]

路線状況[編集]

通称[編集]

  • 石山通(札幌市内)
  • 洞爺国道
  • 美利河国道

バイパス[編集]

重複区間[編集]

  • 虻田郡喜茂別町相川(公園前交点)- 虻田郡喜茂別町尻別 : 国道276号
  • 虻田郡洞爺湖町清水 - 山越郡長万部町長万部(旭浜交点) : 国道37号
  • 山越郡長万部町長万部(旭浜交点)- 山越郡長万部町国縫 : 国道5号

道路施設[編集]

トンネル[編集]

  • 定山渓トンネル(1,124m)
  • 三豊トンネル(1,970m)
  • 青葉トンネル(1,719m)
  • 花石トンネル(667m)

道の駅[編集]

地理[編集]

札幌市郊外の国道230号。左は旧国道(2004年11月)

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

石狩振興局
後志総合振興局
胆振総合振興局
渡島総合振興局
檜山振興局

主な峠[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e 2006年3月27日に1町1村が合併して虻田郡洞爺湖町発足。
  2. ^ 一般国道の路線を指定する政令の最終改正日である2004年3月19日の政令(平成16年3月19日政令第50号)に基づく表記。
  3. ^ a b c 2005年9月1日に3町が合併して久遠郡せたな町発足。
  4. ^ 2011年4月1日現在
  5. ^ 政令では1992年まで「北桧山町」と表記されていた。

出典[編集]

  1. ^ 距離・時間データ”. 北の道ナビ. 土木研究所寒地土木研究所. 2013年5月19日閲覧。
  2. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2013年5月19日閲覧。
  3. ^ 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2012. 国土交通省道路局. p. 12. 2013年5月19日閲覧。
  4. ^ 一般国道の指定区間を指定する政令(昭和33年6月2日政令第164号)”. 法令データ提供システム. 総務省行政管理局. 2013年5月19日閲覧。
  5. ^ ウィキソースには、二級国道の路線を指定する政令(昭和28年5月18日政令第96号)の原文があります。
  6. ^ 一般国道の路線を指定する政令(昭和40年3月29日政令第58号)
  7. ^ 一般国道の路線を指定する政令の一部を改正する政令(昭和56年4月30日政令第153号)”. 法庫. 2013年5月19日閲覧。
  8. ^ 昭文社 1999, p. 114.
  9. ^ 昭文社 2006, pp. 8, 16.
  10. ^ フットパス・散策路”. 洞爺湖観光情報. 洞爺湖町. 2013年5月19日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]