檜山振興局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 北海道 > 檜山振興局(旧・檜山支庁
檜山振興局 管内のデータ
Hiyama subpref 2010 Hokkaido.PNG
自治体コード 01360-9
発足 2010年4月1日
檜山支庁から改組)
面積 2,629.94 km²
2009年10月1日)
世帯数 20,146世帯
(2010年3月31日 住民基本台帳
総人口 40,036
(2014年6月30日 住民基本台帳)
隣接している
振興局管内
渡島総合振興局後志総合振興局
檜山振興局(旧・檜山支庁)
所在地 〒043-8558
檜山郡江差町字陣屋町336-3(檜山合同庁舎)
檜山合同庁舎
外部リンク 檜山振興局

檜山振興局(ひやましんこうきょく)は、北海道振興局のひとつ。振興局所在地は檜山郡江差町2010年平成22年)4月1日檜山支庁に代わって発足した。

歴史[編集]

  • 1897年明治30年) - 檜山支庁を設置。
  • 2005年(平成17年) - 爾志郡熊石町山越郡(渡島支庁管内)八雲町と合併し渡島支庁へ移管、二海郡八雲町となり檜山支庁から離脱。これに伴い、支庁の所管区域が南北に分断される。
  • 2010年(平成22年) - 檜山支庁を檜山振興局に改組

所管[編集]

従来の檜山支庁と同一である。

14支庁を9総合振興局・5振興局へ再編する北海道総合振興局設置条例では、渡島支庁より改組される道南総合振興局(どうなんそうごうしんこうきょく)の下部組織として設置される予定であったが「格下げ」に対する反発が生じたことから2009年(平成21年)3月に条例を改正。檜山を始めとする5振興局については、総合振興局と同等の地位(地方自治法上の支庁)とされる一方「広域で所管することが望ましい業務」に関しては、隣接する渡島総合振興局が檜山振興局管内を含む渡島・檜山地方全域において事務を担当する。

人口[編集]

北海道内の9総合振興局・5振興局の中で、最も人口が少ない(2013年)。

Demography01360.svg
檜山振興局と全国の年齢別人口分布(2005年) 檜山振興局の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 檜山振興局
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
檜山振興局(に該当する地域)の人口の推移
1970年 77,428人
1975年 71,012人
1980年 67,408人
1985年 63,528人
1990年 57,450人
1995年 53,361人
2000年 51,028人
2005年 46,996人
2010年 42,067人
総務省統計局 国勢調査より

その他[編集]

  •  道内の振興局、総合振興局では唯一、区域内に鉄道が通っていない。過去には江差線瀬棚線などが通っていたが廃止された。

外部リンク[編集]