南幌町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
なんぽろちょう
南幌町
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 空知総合振興局
空知郡
団体コード 01423-1
面積 81.49 km²
総人口 8,183
住民基本台帳人口、2014年3月31日)
人口密度 100人/km²
隣接自治体 岩見沢市北広島市江別市
夕張郡長沼町
町の木 オンコ
町の花 ツツジ
南幌町役場
町長 三好富士夫
所在地 069-0292
北海道空知郡南幌町栄町3丁目2番1号
北緯43度3分49.5秒東経141度39分1.2秒
南幌町役場庁舎
外部リンク 北海道南幌町

日本地域区画地図補助 01420.svg

南幌町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

南幌町(なんぽろちょう)は、北海道空知総合振興局管内南部にある町。長く過疎地域に指定されていたが、1990年代札幌市ベッドタウン化が進み、人口が5,000人台から9,000人台まで急増した。

地名の由来は、元々はアイヌ語の「ポロモイ(湾曲して緩やかに流れる所)」から。当時は漢字で「幌向(ほろむい)」と表記されていたが、現在の岩見沢市に同名の地名があって紛らわしいため、町制施行の際に現在の「南幌」となった。

地理[編集]

空知総合振興局南部に位置する。幌向原野が広がっていた土地を開拓者が碁盤の目状に農地整理した田園地帯である。川に囲まれた平地で、西を千歳川、南東を旧夕張川、北を夕張川が流れる。

  • 山:
  • 河川: 千歳川、旧夕張川、夕張川
  • 湖沼:

隣接している自治体[編集]

人口[編集]

Demography01423.svg
南幌町と全国の年齢別人口分布(2005年) 南幌町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 南幌町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
南幌町(に該当する地域)の人口の推移
1970年 6,489人
1975年 5,651人
1980年 5,444人
1985年 5,755人
1990年 5,665人
1995年 9,020人
2000年 9,792人
2005年 9,564人
2010年 8,781人
総務省統計局 国勢調査より

沿革[編集]

  • 1909年 二級町村制、空知郡幌向(ほろむい)
  • 1962年 町制施行及び改称、南幌(みなみほろ)
  • 1968年 町名の読み仮名を南幌(なんぽろ)に改称

合併問題[編集]

平成の大合併にあたっては、江別市北広島市との合併も模索したが、2003年平成15年)7月由仁町栗山町と3町で合併協議会を設置して合併を協議し、新市名を公募に基づいて「東さっぽろ市」に決定、2004年平成16年)11月には合併協定書に調印した。

しかし、長沼町が合併協議に加わらなかったため、南幌町は飛地となることもあり、同年10月に南幌町で行われた住民投票の結果では合併反対が多かった。この結果を受け南幌町議会は合併関連議案を否決し、南幌町は合併を断念、協議会は2005年平成17年)3月に解散し、「東さっぽろ市」は幻のものになってしまった。

その後2008年平成20年)5月から2008年平成20年)12月に同じ3町での合併検討協議会が設置され、法定協議会への移行を行うか検討するとしている[1][2]

行政[編集]

町長 三好 富士夫

財政[編集]

平成18年度[編集]

  • 財政力指数 0.25
  • 普通会計歳入 48億7155万円
    • 市町村税の収入 7億4828万円
  • 普通会計歳出 47億8897億円
    • 公債費 14億4961万円
  • 経常収支比率 89.4%
  • 人口一人当たり人件費物件費等決算額 17万9357円
  • 人口1,000人当たり職員数 10.93人 (北海道市町村平均 8.70人)
    • 一般職員数 102人
    • 職員一人当たり平均給料月額 31万6400円 (すべての職員手当等を含まない数字)
    • 人件費総額 8億8068万円
    • 職員一人当たり人件費 863万4157円
    • 人口一人当たり人件費 9万4342円
  • 実質公債費比率 23.3% 18%を超えているため起債に協議が必要である

地方債現在高 97億6609万円

  • 人口一人当たり地方債現在高 104万6180円 普通会計分の債務のみ計算

地方債等の残高

  • 1普通会計分 97億6600万円
  • 2特別会計分 23億1000万円
    • 内訳 下水会計分 16億8200万円 病院会計分 5億7000万円 農集会計分5800万円
  • 3関係する一部事務組合分 10億0485万円
    • 南空知葬祭組合分 5億9100万円 負担金割合20.8%→1億2292万円
    • 南空知公衆衛生組合分 8億8300万円 負担金割合24.6%→2億1721万円
    • 南空知消防組合 3700万円 負担金割合20%→740万円
    • 長幌上水道企業団 35億3400万円 負担金割合18.6%→6億5732万円
  • 4第三セクター等の債務保証等に係る債務 20億0300万円

地方債等の合計 150億8385万円 (連結会計)

  • 南幌町民一人当たり地方債等残高 161万5838円

姉妹都市・提携都市[編集]

経済[編集]

  • 基幹産業は農業(稲作)。キャベツが特産品。
  • 札幌市に近い地の利のよさから、ベッドタウンとしても発達し、南幌工業団地も置かれる。

農協[編集]

  • 南幌町農業協同組合(JAなんぽろ)

金融機関[編集]

郵便局[編集]

  • 南幌郵便局(集配局)

宅配便[編集]

  • ヤマト運輸:千歳主管支店上江別センター(江別市)
  • 佐川急便:岩見沢店(岩見沢市)
  • 日本通運:札幌支店札幌自動車事業所(札幌市白石区)

公共機関[編集]

警察[編集]

教育[編集]

  • 道立高等学校
  • 中学校
    • 南幌町立南幌中学校
  • 小学校
    • 南幌町立南幌小学校
    • 南幌町立みどり野小学校
    • 南幌町立夕張太小学校
  • 特殊学校
    • 北海道南幌養護学校

住宅団地[編集]

  • 道営住宅柳陽団地

交通[編集]

鉄道[編集]

かつて夕張鉄道が走っていたが廃止。跡地は広域農道空知南部広域農道)となっている。 現在では、札幌市内主要ターミナル、江別駅北広島駅などからバスを利用する形となる(後述のバスの項目を参照)。

道路[編集]

バス[編集]

タクシー[編集]

  • 夕張圏エリアの管轄

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

文化財[編集]

登録有形文化財[編集]

  • 旧幌向駅逓所

観光スポット[編集]

出身者[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]