ニセコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
夏のニセコアンヌプリ(2005年)
ニセコアンヌプリから眺めたイワオヌプリ(2012年)

ニセコは、北海道後志総合振興局岩内郡岩内町、岩内郡共和町虻田郡倶知安町、虻田郡ニセコ町磯谷郡蘭越町からなる山岳丘陵地域の総称[1]

概要[編集]

倶知安町とニセコ町が観光の中心となっており、ニセコアンヌプリ周辺はニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定されている[2]北海道遺産には「スキーニセコ連峰」が選定されている[3]

尻別川は清流日本一に認定されたことがあり、サケサクラマスがのぼる川でもある[4]

域内の5町すべてが「特別豪雪地帯」に指定されている[5]

ニセコの由来[編集]

ニセコとはアイヌ語で「切り立った崖」という意味[6]。また、ヌプリはアイヌ語で「」という意味があり、スキー場があるニセコアンヌプリは、アイヌ語で「切り立った崖(とその下に川)がある山」という意味になる[7]

北海道ではアイヌ語を語源とする地名が数多く存在しているが、その多くは漢字で表記されている。明治期以降、ニセコ町においても倭人が入植してアイヌ語の地名を文字化したが定着せず、カタカナが定着したといわれている[7]

観光・レジャー[編集]

通年観光リゾート地として、夏には登山トレッキングサイクリングカヌーラフティングゴルフ乗馬釣り気球・ピュア・ドックランなどのアウトドアスポーツを楽しむことができ、パウダースノーとなる冬にはスキースノーボードなどのウィンタースポーツを楽しむことができる[8]。また、ガラスや革細工などのクラフトやアイスクリームチーズなどの食品加工体験も充実している[8]

ニセコ観光で古くから親しまれてきたのが「スキーと温泉」であり、『東洋のサンモリッツ』とも言われている。これは、秩父宮が視察で北海道を訪問された際に、ニセコ圏域でスキーと温泉を楽しんだことを伝えた新聞記事の見出しに端を発している[9]ニセコ温泉郷は各施設が独自に泉源を有しており、塩化物泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、アルカリ性温泉、硫黄泉、単純温泉、酸性泉など種類が豊富なことが特徴になっている[9]

1990年代半ばに訪れたオーストラリア人がニセコのスキー環境や自然環境に魅せられて移住し、新たに夏場のアクティビティーを考案し紹介するなどの口コミによって2000年代はじめからオーストラリア人観光客が増え始めた[1]。2001年に「アメリカ同時多発テロ事件」が発生し、欧米への航空旅行が不安視される中で飛行時間や時差が比較的少なく、移住してきた人々による受入体制があったニセコ地域が代替地として注目されたことも観光客増加の要因に挙げられる[1]。比羅夫(ひらふ)地区を中心にオーストラリア資本によるマンションやコンドミニアムなどの不動産開発が進み、倶知安町字山田が2006年から3年連続で住宅地の地価上昇率全国1位になった[10][11][12]。また、アジア地域からも注目されており、中華人民共和国香港)やマレーシア資本による開発も進んでいる[13]

交通機関[編集]

倶知安駅(2004年)
ニセコ駅(2004年)
道の駅ニセコビュープラザ(2007年)

鉄道[編集]

北海道新幹線北海道新幹線:倶知安駅(予定)
函館本線蘭越駅昆布駅 - ニセコ駅 - 比羅夫駅 - 倶知安駅

バス[編集]

道路[編集]

一般国道自動車専用道路(A')
一般国道
都道府県道

道の駅[編集]

ニセコの地名にちなむもの[編集]

ニセコが舞台(ロケ地)となった作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c ニセコ地域における外国人の観光と投資状況に関する報告書(要約) (PDF)”. 日本貿易振興機構 北海道貿易情報センター (2006年1月). 2015年3月6日閲覧。
  2. ^ ニセコ積丹小樽海岸国定公園”. 北海道. 2015年2月27日閲覧。
  3. ^ スキーとニセコ連峰”. 北海道遺産協議会. 2015年3月2日閲覧。
  4. ^ 尻別川”. 北海道開発局. 2015年2月27日閲覧。
  5. ^ 北海道 全域豪雪地帯”. 全国積雪寒冷地帯振興協議会. 2015年3月6日閲覧。
  6. ^ ニセコ町の概要”. ニセコ町. 2015年2月28日閲覧。
  7. ^ a b ニセコについて”. ニセコリゾート観光協会. 2015年3月6日閲覧。
  8. ^ a b 「遊びたい」をとことん”. ニセコリゾート観光協会. 2015年3月2日閲覧。
  9. ^ a b ニセコ観光圏整備計画 2014 - 2018 (PDF)”. 蘭越町・ニセコ町・倶知安町. p. 35. 2015年3月10日閲覧。
  10. ^ 年間上昇率上位ポイント(全国)”. 国土交通省 (2006年). 2015年3月10日閲覧。
  11. ^ 基準地価格及び変動率順位表”. 国土交通省 (2007年). 2015年3月10日閲覧。
  12. ^ 基準地価格及び変動率順位表 -参考資料”. 国土交通省 (2008年). 2015年3月10日閲覧。
  13. ^ ニセコは中国資本による開発ラッシュ”. リアルエコノミー (2010年8月10日). 2015年3月6日閲覧。
  14. ^ a b c d 国民保養温泉地一覧 (PDF)”. 環境省. 2015年3月2日閲覧。
  15. ^ まちなか循環バスじゃがりん号”. 倶知安町. 2015年2月27日閲覧。
  16. ^ にこっとBUS(デマンドバス)運行”. ニセコ町. 2015年3月2日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]