根室市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ねむろし
根室市
CapeNosappu.jpg
納沙布岬
Flag of Nemuro, Hokkaido.svg
根室市旗
Nemuro Hokkaido chapter.svg
根室市章
1925年大正14年)2月13日制定
日本の旗 日本
地方 北海道地方
都道府県 北海道 根室振興局
団体コード 01223-8
面積 512.73km²
総人口 28,224
住民基本台帳人口、2014年6月30日)
人口密度 55人/km²
隣接自治体 別海町浜中町
市の木 千島桜
市の花 ユキワリコザクラ
他のシンボル 市の鳥:白鳥
市のスポーツ:卓球
根室市役所
市長 長谷川俊輔
所在地 087-8711
北海道根室市常盤町2丁目27番地
根室市役所
外部リンク 根室市

日本地域区画地図補助 01660.svg

根室市位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町・村

特記事項 面積は歯舞群島 (99.94km²)
の面積を含み、
風蓮湖(57.74km²、境界未定)
の面積を含んでいない。
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
ロシア語が併記された道路標識

根室市(ねむろし)は、北海道本島の最東端にあたるで、北海道根室振興局の所在地である。

地理[編集]

北海道本島の最東端、東経145°21'から146°11'、北緯43°09'から43°38'の間で、東西に70km、南北に10km、東西に細長く太平洋に突き出た根室半島の全域と、半島の付け根辺り、北方領土歯舞群島を市域とし、日本の主要都市の中でもっとも北方領土に近い都市である。根室半島の太平洋沖合約3kmにユルリ島モユルリ島がある。

地勢[編集]

概ね低平な隆起海食台地で、山岳及び大きな河川はなく、市の中心部は透遠な高原の一部であるため、地形の高低があり、街路は緩やかな坂道が多く北東に紅煙岬が突出し、その西方海面に弁天島が横たわり、自然の港門となって根室港を形取っている。

陸地はほとんど平坦で牧畜に適し、半島の東端納沙布岬は暗礁が多くあり、加えて濃霧が深く航海上の難所として知られ納沙布岬灯台が設置されており、一方、太平洋側には大小の島が点在し、南東に突出した港の入江にはそれぞれ歯舞、花咲、落石(おちいし)の各港があり重要な漁港としての役割を果たし、冬季間の氷結もなく、沿岸、沖合漁業の根拠地として根室港と表裏をなしている。

更に、内陸部の厚床、和田地区は、大部分が平坦な平原で最高背部で150m、丘陵に小川が入り交じって大きな河川はなく、わずかにオンネベツ川、別当賀川を最大にホロニタイ川の小河川があるに過ぎない。

地質[編集]

地域の大部分が千島火山系摩周岳に由来する火山噴出物が堆積して形成された風積火山性土で、土性は一般に泥炭土を除き火山灰性土壌である。

気候[編集]

夏は割と涼しい。真夏日は年に2日か3日。夏日になることもあまりない。冬は根室半島という立地上の影響から道東の中では最も温暖であるなど年較差日較差共に小さく、海洋性気候の特色が強い。春から夏にかけて海霧が発生しやすく、秋から冬にかけては晴天が続く[1]。北海道の中では雪は少なく、過去最深積雪も115cm(2014年3月21日)と1m強である。過去最高気温は33.0℃(1960年8月6日)で2010年8月7日には次点となる32.9℃を観測した一方、過去最低気温は-22.9℃(1931年2月18日)で1978年2月17日に-22.1℃を観測して以来、-20度以下は一度も観測されず、-16度以下に下がることはほとんどなくなっている。根室は古くからの観測が行われている都市化の影響が少ない地点として、北日本の平均気温の算出地点に使われているが、冬季の温暖化は著しく、1961年1990年平均値と比べると、1月、2月の平年値が大きく上昇している。

根室市(1981年 - 2010年)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) −1.1
(30)
−1.6
(29.1)
1.6
(34.9)
7.2
(45)
11.5
(52.7)
14.4
(57.9)
17.9
(64.2)
20.8
(69.4)
18.8
(65.8)
14.4
(57.9)
8.3
(46.9)
2.1
(35.8)
9.53
(49.13)
日平均気温 °C (°F) −3.7
(25.3)
−4.3
(24.3)
−1.3
(29.7)
3.4
(38.1)
7.3
(45.1)
10.6
(51.1)
14.2
(57.6)
17.3
(63.1)
15.7
(60.3)
11.3
(52.3)
5.3
(41.5)
−0.5
(31.1)
6.3
(43.3)
平均最低気温 °C (°F) −6.9
(19.6)
−7.6
(18.3)
−4.3
(24.3)
0.4
(32.7)
4.1
(39.4)
7.7
(45.9)
11.5
(52.7)
14.7
(58.5)
13.1
(55.6)
8.2
(46.8)
1.9
(35.4)
−3.6
(25.5)
3.27
(37.89)
降水量 mm (inch) 35.5
(1.398)
22.6
(0.89)
52.5
(2.067)
66.5
(2.618)
102.1
(4.02)
90.9
(3.579)
121.7
(4.791)
120.8
(4.756)
167.0
(6.575)
106.3
(4.185)
84.5
(3.327)
50.4
(1.984)
1,020.8
(40.19)
降雪量 cm (inch) 62
(24.4)
55
(21.7)
50
(19.7)
14
(5.5)
1
(0.4)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
0
(0)
5
(2)
36
(14.2)
223
(87.9)
 % 湿度 71 73 75 78 82 89 91 89 84 75 69 68 78.7
平均月間日照時間 152.8 164.8 190.8 177.4 176.2 135.6 112.6 127.7 145.5 167.7 146.5 146.0 1,843.6
出典: 気象庁
根室(根室測候所・1961 - 1990年平均)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) −1.7
(28.9)
−2.2
(28)
1.1
(34)
6.9
(44.4)
11.7
(53.1)
14.3
(57.7)
17.9
(64.2)
20.6
(69.1)
18.5
(65.3)
14.1
(57.4)
7.9
(46.2)
2.1
(35.8)
9.3
(48.7)
日平均気温 °C (°F) −4.5
(23.9)
−5.3
(22.5)
−1.9
(28.6)
3.1
(37.6)
7.4
(45.3)
10.5
(50.9)
14.2
(57.6)
17.1
(62.8)
15.3
(59.5)
10.8
(51.4)
4.9
(40.8)
−0.6
(30.9)
5.9
(42.6)
平均最低気温 °C (°F) −8.1
(17.4)
−8.9
(16)
−5.1
(22.8)
0.1
(32.2)
4.0
(39.2)
7.4
(45.3)
11.4
(52.5)
14.4
(57.9)
12.5
(54.5)
7.5
(45.5)
1.4
(34.5)
−3.9
(25)
2.7
(36.9)
出典: 理科年表

歴史[編集]

根室市中心部と根室港(根室地区)周辺の空中写真。この画像は上方が北西方角である。1978年撮影の9枚を合成作成。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。
  • 寛政2年(1790年)に松前藩運上所がノッカマップから根室に移ったのが、集落の起源となった。根室は「子モロ」(子はネの変体仮名)「根諸」などと書き、河口に流木が寄り集まる小川からとられたという。また、アイヌ語のニムオロ(木の繁るところ)からとられたという説もある。根室の前に運上所があったノッカマップは、前年のクナシリ・メナシの戦いの首謀者が処刑された場所であった。そのせいでアイヌに嫌われたノッカマップを避けたのが、移転の理由であったという。寛政11年(1799年)に東蝦夷地が天領になると、根室の運上所は根室会所と改められた。
  • 文政4年には松前藩領に復した。
  • 安政2年再び天領となった際、仙台藩が出張陣屋を築き警固を行った。
  • 明治2年(1869年)8月、北海道11ヶ国86郡が制定され、今の根室市に相当する地域は根室国に含まれ花咲郡根室郡が置かれた。
  • 明治2年10月に開拓使の根室出張所が置かれ、明治3年6月東京府に編入され同年10月19日付けで根室国3郡の東京府管轄を廃止する。明治4年(1871年)5月に根室出張開拓支庁と改称、明治5年(1872年)9月から根室支庁と改称した。これら官庁は東北海道の行政を統括する役目を持っていた。1882年(明治15年)から1886年(明治19年)までは、根室県の県庁所在地であった。1886年(明治19年)1月に北海道庁が設置されると、根室県は廃止され、12月まで一時的に根室支庁が置かれた。1897年(明治30年)に、今までのものよりずっと狭い根室支庁が置かれると、その所在地となって今日に至る。
  • 明治初めの根室は北海道東部最大の町であった。周辺の海域で働く漁業労働者の一時的な滞在地で、人口の季節変動が大きかった。1877年(明治10年)に漁場持制が廃止され、少数商人の支配がなくなると、根室に永住する人も増え、商店が並ぶようになった。
1945年(昭和20年)、北海道空襲直後の根室市

年表(明治以後)[編集]

  • 1869年9月、開拓使の松本判官が属僚とともに移住民130人を率いて来住し、開拓使役所を根室に置く。和田地区が根室開拓使役所の管轄となる。
  • 1875年(明治8年) - 根室町区画が完成し、町名を定める。
  • 1880年(明治13年) - 戸長役場が置かれる。
  • 1900年(明治33年) - 一級町村制施行、根室町となる。
  • 1957年(昭和32年)8月1日 - 同じ根室郡内の和田村と合併、市制を施行し、根室市が誕生する。
  • 1959年(昭和34年)4月1日 - 花咲郡歯舞村を併合する。
  • 1968年(昭和43年) - 開基100年記念事業を実施する。

旧和田村[編集]

  • 1886年(明治19年) - 和田地区に屯田兵440戸が入地し、和田村を建設する。和田村・落石村昆布村の各村を管轄とする、和田村ほか二カ所戸長役場を設置する。
  • 1900年(明治33年) - 和田村ほか二カ所戸長役場の管轄に、穂香村厚別村幌茂尻村の各村を入れ、和田村ほか5カ村戸長役場と改める。
  • 1906年(明治39年)4月1日 - 花咲郡昆布盛村、落石村、根室郡和田村、幌茂尻村、穂香村が合併、二級町村制が施行され、和田村となる。
  • 1957年(昭和32年)8月1日 - 同じ根室郡内の根室町と合併し、根室市が誕生する。

旧歯舞村[編集]

  • 1900年(明治33年) - 戸長役場を友知村に設置し、友知以下6カ村を区域とする。
  • 1901年(明治34年) - 戸長役場を歯舞村に移して、歯舞村ほか5カ村戸長役場とする。
  • 1915年(大正4年) - 二級町村制施行
  • 1945年(昭和20年) - ソ連軍の侵攻によって歯舞群島が占領される。村役場は根室半島側にあったために接収を免れるが、実際の行政権の範囲が同半島側のみになる。
  • 1959年(昭和34年)4月1日 - 根室市に併合される。

行政[編集]

1983年(昭和58年)4月1日に施行された「北方領土問題等の解決の促進のための特別措置に関する法律」により、北方領土に関する戸籍事務等を根室市が管掌している。これは、同法第11条の「指名した者」が根室市長とされている為である(昭和58年3月1日法務・自治省告示)。その期間は、北方領土が返還された日の属する年度の3月31日までとなっている。

名物・観光[編集]

文化財[編集]

登録有形文化財[編集]

  • 根室市明治公園第一サイロ
  • 根室市明治公園第二サイロ
  • 根室市明治公園第三サイロ

史跡[編集]

天然記念物[編集]

その他[編集]

  • 和田屯田兵村の被服庫 - 北海道指定有形文化財、和田屯田記念館
  • 初田牛20遺跡出土の土偶及び墓坑出土遺物 - 北海道指定有形文化財、根室市歴史と自然の資料館
  • ユルリ・モユルリ島海鳥繁殖地 - 北海道指定天然記念物

根室市指定文化財[編集]

  • 俄羅斯舩之圖及びワシレイラフロウ之圖、穂香竪穴群出土の動物意匠付土器など有形文化財4件
  • アイヌ生活用具 - 根室市歴史と自然の資料館蔵
  • 珸瑤瑁獅子神楽 - 珸瑶瑁獅子神楽保存会
  • 寛政の蜂起和人殉難墓碑 - 納沙布岬
  • 和田屯田兵碑
  • ミズナラの風衝林

観光[編集]

食品[編集]

産業[編集]

主力の水産業は昭和40年代をピークに、各種の規制により半減。新しい海洋時代に対応するため、沿岸漁業資源の増養殖をはじめ、水産資源の高次加工などの各種振興策を推進。

2005年度の根室港の水揚げ量は、北海道で第一位である。

農業[編集]

主に酪農。厚床地区に多い。

農協・漁協[編集]

  • 道東あさひ農業協同組合(JA道東あさひ)根室支所
  • 根室漁業協同組合
  • 落石漁業協同組合
  • 根室湾中部漁業協同組合
  • 歯舞漁業協同組合

主要企業[編集]

金融機関[編集]

釧路信用組合は根室市を営業エリアに含めているものの、支店は2014年4月(平成26年)現在でも未進出。

郵便[編集]

  • 根室郵便局(本町)(集配局)
  • 厚床郵便局(厚床)(集配局)
  • 歯舞郵便局(歯舞)
  • 落石郵便局(落石東)
  • 根室西浜郵便局(西浜町)
  • 根室大正郵便局(大正町)
  • 珸瑤瑁(ごようまい)郵便局(珸瑤瑁) - 日本最東端の郵便局
  • 根室港郵便局(千島町)
  • 根室有磯郵便局(有磯町)
  • 根室平内郵便局(平内町)
  • 花咲郵便局(花咲港)
  • 根室曙簡易郵便局(曙町)
  • 光洋簡易郵便局(光洋町)
  • 和田簡易郵便局(西和田)
  • 温根沼(おんねとう)簡易郵便局(温根沼)

宅配便[編集]

根室東センター・根室西センター

公共機関[編集]

警察[編集]

国の機関[編集]

特産・地酒[編集]

ハナサキガニサンマ等水産物、水産加工品、エスカロップ北の勝日本酒)、オランダせんべい

姉妹都市[編集]

地域[編集]

人口[編集]

Demography01223.svg
根室市と全国の年齢別人口分布(2005年) 根室市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 根室市
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
根室市(に該当する地域)の人口の推移
1970年 45,381人
1975年 45,817人
1980年 42,880人
1985年 40,675人
1990年 36,912人
1995年 34,934人
2000年 33,150人
2005年 31,202人
2010年 29,192人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

  • 高等学校
  • 中学校
    • 厚床、落石、啓雲、光洋、柏陵、歯舞
  • 小学校
    • 厚床、落石、温根元、華岬、共和、珸瑤瑁、昆布盛、成央、花咲、花咲港、北斗
  • 小中学校
    • 海星(和田小・幌茂尻小・和田中三校統合)
    • 歯舞(2013年4月に共和小・華岬小・珸瑤瑁小・温根元小・歯舞中の五校が統合)[2]
  • 大学施設
    • 北海道大学理学部付設根室地震及地殻変動観測所

医療[編集]

住宅団地[編集]

  • 道営住宅花咲団地
  • 道営住宅パークタウン明治
  • 道営住宅であえ~る明治

交通[編集]

空港[編集]

市内に空港は存在しない。中標津町にある中標津空港が最寄りである。なお、就航する航空会社や空港ターミナルビル運営会社では「根室中標津空港」の名称を用いている。

港湾[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

マスコミ[編集]

イベント[編集]

納沙布岬初日詣(1月)、ニムオロ冬の祭典(2月)、港まつり(7月)、金刀比羅神社例大祭(8月)、かに祭り(9月)、さんま祭り(9月)

根室市を舞台とした作品[編集]

  • 映画
  • ドラマ
    • 北の国から - フジテレビ制作。'95秘密(1995年(平成7年)6月放送)と、'98時代(1998年(平成10年)7月放送)で、市内落石地区の診療所にヒロインが勤務するという設定で登場。
    • 大地の子 - NHK制作。1995年放送。第一部「父二人」に登場する敗戦時の旧満州のシーンは、市内の森林地帯で撮影が行われた。
    • 南極大陸 - TBS制作。2011年放送。『TBS開局60周年記念日曜劇場』と銘打たれたこのドラマは、南極大陸のシーンのほぼ全編を根室市内で収録した。
  • 小説
  • コミック
    • 1974年から少年サンデーに連載された「男組」(原作・雁屋哲、作画・池上遼一)に根室沖に軍艦島という実在しない島が舞台のエピソードが掲載されている。

出身者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 根室地域の気候
  2. ^ はぼまい(歯舞地区小学校統合・小中併置校開校準備委員会総務部会)

外部リンク[編集]

行政
観光