納沙布岬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
納沙布岬の碑(2009年8月撮影)

納沙布岬(のさっぷみさき)は、北海道根室市にあるである。離島を除けば日本の本土最東端にあたる。根室半島の先端、東経145°49′、北緯43°22′に位置する。

読み方が似ているが、野寒布岬(のしゃっぷみさき)は稚内市にある岬であり、納沙布岬とは違うものである。また、とんねるずの楽曲、「人情岬」のモチーフである。

概要[編集]

地名の由来は、アイヌ語の「ノッ・サム」(岬の傍ら)から。本来は岬の傍らにあった集落の名前である。根室市に所属し、珸瑤瑁(ごようまい)水道を挟んだ海の向こうには現在ロシア連邦占領実効支配が続いている歯舞群島を望む。歯舞群島貝殻島まではわずか3.7kmしか離れておらず、ロシアの巡視艇が海上に頻繁に姿を現す。

望郷の岬公園、四島のかけはし、納沙布岬灯台北方館、望郷の家、望郷の塔などが置かれ、夏季は多くの観光客が訪れる。

8月の月平均気温が16.5℃と、全国で一番低い。月平均最高気温は20.2℃と日本一の低さではないが、北海道でも夏が寒冷な地域のひとつとなっている。

元旦には北海道一早く初日の出を拝める場所として、「納沙布岬初日詣」がおこなわれる(一般人が自由に訪問できる場所としては日本最東端だが、緯度が高いため日本一早い場所とはならない)。

北方館並びに望郷の家2階では、双眼鏡(無料)が設置され、ここから歯舞群島の水晶島(7km)を見ることが出来る。平坦な島の上に、ロシアの監視塔や、レーダー施設を見ることが出来る。

この辺りの海域は、日本海域とロシア海域が共に200海里を取る事が出来ない海域の為、岬から歯舞群島との間に日・露中間線(事実上の国境線)としてのブイがある。日本の漁船がこれを超えて、密漁したために、ロシア側に拿捕される事件や、「北海道海面漁業調整規則」違反で逮捕される事件[1]が度々起こっている。

納沙布岬灯台の沖合いには、2003年4月18日に座礁したロシア船が岩場に乗り上げたまま放置されており、その様子を納沙布岬灯台ライブカメラで逐一観察できるようになっている。

四島(しま)のかけはし[編集]

四島のかけはしと祈りの火(2009年8月撮影)

世界平和と、いわゆる「北方領土」返還を祈念するために作られたシンボル像。高さ13m、底辺の長さ35m。建設が決定してから3年の歳月を経て1980年9月27日に竣工した。特殊耐候性鋼板製。四島とは国後島択捉島色丹島歯舞群島のこと。

像の下には「祈りの火」と呼ばれる点火灯台がある。この火は1972年5月15日沖縄県波照間島から採火したもの。アメリカ占領下から日本復帰へとげた願いをこめて、全国の青年団によるキャラバン隊の手により運ばれた。その時のカンテラが種火ともに北方館に展示されている。

「全国民の北方領土返還に寄せる固い決意を返還実現の日まで燃やし続けよう」ということで当初は24時間点灯されていたが、現在は燃料(ガス)経費の節約のため、北方館の開館時間(9:00 - 17:00)のみ火が灯されている。[要出典]また、四島のかけはし横に、訪問者の浄財を募るポストが併設されている。

アクセス[編集]

納沙布岬の空中写真。この画像は上方が北北西方向である。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。1978年撮影の3枚を合成作成。

ギャラリー[編集]

納沙布岬景観(2006年12月撮影)。
四島のかけはしの右にある白く四角い建物が北方館、白く丸い建物が望郷の家。
望郷の塔は画像外左側、納沙布岬灯台は画像外右側にある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 株式会社 水産北海道協会『平成22年版 北海道海面・内水面漁業調整規則』

外部リンク[編集]

座標: 北緯43度23分6.2秒 東経145度48分58.6秒 / 北緯43.385056度 東経145.816278度 / 43.385056; 145.816278