国後島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
世界 > アジア > 東アジア > 国後島
国後島
Kunashir.jpg
座標 北緯44度7分00秒 東経145度51分00秒 / 北緯44.11667度 東経145.85000度 / 44.11667; 145.85000座標: 北緯44度7分00秒 東経145度51分00秒 / 北緯44.11667度 東経145.85000度 / 44.11667; 145.85000
面積 1490 km²
最高標高 1822 m
最高峰 爺爺岳
最大都市 国後郡泊村古釜布(ユジノクリリスク)
所在海域 オホーツク海
所属諸島 千島列島南千島
所属国・地域 領土問題あり
ロシアの旗 ロシア 領有権主張、実効支配
日本の旗 日本 領有権主張
テンプレートを表示

国後島(くなしりとう)は、北海道知床半島の東にあり、千島列島(ロシア語地名:クリル諸島 Курильские острова)の最南に位置する島。ロシア名はクナシル島о.Кунашир)、英語表記はKunashir

島の名前の由来は、アイヌ語の「クンネ・シリ(黒い・島→黒い島)」または「キナ・シリ/キナ・シル(草の・島→草の島)」からであるが、どちらが本当の由来かははっきりとしていない。

この島に先住していたアイヌ人はアイヌ語で「クナシル」と呼んでおり、日本語名もロシア語名も国際標記もこれに起源を持つ。

概要[編集]

面積1490 km²、長さは123kmに及ぶ細長い島で、沖縄本島より大きく、日本では、本土4島を除いて2番目の大きさを持つ島[1]である。

北海道の羅臼町とは島の西で根室海峡(ロシア名:クナシルスキー海峡 Кунаширский пролив)、標津町とは南西で野付水道(ロシア名:イズメナ海峡 пр. Измены)、択捉島とは北東で国後水道(ロシア名:エカチェリーナ海峡 пр. Екатерины)を隔てている。

また、南東には日本名の該当が無い海峡(ロシア名:南クリリスキー海峡 Южно-Курильский пролив)を隔てて、色丹島歯舞群島(ロシア語:マラヤー・クリルスカヤ列島 Малая Курильская гряда)が平行している。

島の北東部には、理由は不明だが地図上で東西が逆になっている西ビロク湖(2.86km²)と東ビロク湖(3.52km²)、中部にはニキショロ湖(3.43km²)、古釜布沼、南部には東沸湖(7.74km²)、一菱内湖(2.89km²)、ケラムイ湖(1.60km²)がある。

火山が多数聳える島でもあり、一菱内湖は80℃近い温泉から成り、硫黄の臭いが漂う。また、一部の川からも温泉が流れており、天然の露天風呂となっている場所が存在する。

主な山を北東から並べると次の通り。

  • ルルイ岳海抜1485m、ロシア名:ルルイ岳 г.Руруй
  • 岩山(いわやま、同1189m、ロシア名:スミルノフ)
ルルイ岳の南、爺爺岳の北西に位置する。
  • 爺爺岳/爺々岳(ちゃちゃだけ、同1822m、ロシア名:チャチャ火山 Влк Тятя
ルルイ岳の南東に位置する火山で、アイヌ語では「チャチャ・ヌプリ(お父さん・山→お父さんの山)」と呼ばれていた歴史があり、本島に住むロシア人は親しみを込めて「チャチャ」と呼ぶ。晴れた日には北海道から見える。
1812年1973年1974年1975年1978年1981年に噴火しており、北海道からは火山灰、噴煙、爆発音が度々観測されている。
  • エビカラウス山(同842m)
  • 摺針山(すりばりやま、同448m)
エビカラウス山の東に位置する。
  • 円山(まるやま、同476m)
  • 羅臼山(らうすやま、同887m、ロシア名:メンデレーエフ火山 влк. Менделеева
1880年に噴火。
  • 小羅臼山(こらうすやま、同800m)
  • 泊山(とまりやま、同541m、ロシア名:ガラブニノ火山 влк. Головнина
1848年に噴火。麓は火山ガスが出ており、一菱内湖はその影響を受けていると思われる。

2006年の島全体の人口6,801人(ロシア統計より)。中心集落である古釜布(ふるかまっぷ、ロシア語地名:ユジノクリリスクЮжно-Курильск=「南千島の町」の意)の2006年の人口は、6,081人。

現在、本島はロシア連邦の実効支配下にあり、ロシアの制度上サハリン州南クリル管区に属している。2012年時点に於いて日本の施政権は及んでいない。本島は日本が返還を要求している「北方領土」の四島のうちの一つで、択捉島に次ぎ二番目に大きく全体の29.6%の面積を占める。

日本の制度上、北海道根室振興局に所属し、国後郡泊村留夜別村がおかれている。

行政区分[編集]

A.歯舞群島(歯舞諸島)、B.色丹島、C.国後島、D.択捉島
1.色丹村、2.泊村、3.留夜別村、4.留別村、5.紗那村、6.蘂取村

日本[編集]

ロシア[編集]

歴史[編集]

先住民族[編集]

1600年以前、アイヌ人が、居住していたのは確実である。なお、アイヌ人の居住以前に「オホーツク系」とされている民族が先住していたとされている[2]チャシが建設されていた。

日本人の認知および上陸[編集]

1644年に江戸幕府が作成した『正保御国絵図』には、「くなしり」が島の名称として記録される。『津軽一統志』(巻第十之下)によると、1647年頃に「らつこ島」の「くなしり」を訪れた松前の日本人がいた。また『勢州船北海漂着記』によると、1661年伊勢国松坂の七郎兵衛の船が遭難しウルップ島に漂着、そこから択捉島や「くる尻」(原文ママ)などを経由して江戸に帰ったとされる[3]

オランダ人上陸[編集]

1643年、オランダのフリースは、ウルップ島に上陸し、十字架を立て「コンパニースラント」(東インド会社の土地)と命名して、領土宣言をした。エトロフ島には「スターテンライト」(オランダ国の島)と名付け、クナシリ島に上陸したとされている[4]

ロシア人上陸[編集]

1750年代、ロシア人が国後島に度々現れるようになり、ロシア人の地図には国後島までがロシアの領土であることを示していたが、実効支配に及んでいない。

日本人の本格的進出・島の領有[編集]

江戸時代には、北海道本島から千島南部に点在していたアイヌ人の領域への侵攻をすすめた松前藩が国後島にも勢力を伸ばし、商人飛騨屋に対して「場所」と呼ばれた交易・漁業拠点の運営を行わせていた。飛騨屋はアイヌ人を酷使して経営を行い、不満を募らせたアイヌ人はついに、1789年5月、国後島泊の運上屋(交易拠点)を襲撃。これは対岸の根室・標津方面にまで広がり、大規模な「国後目梨の蜂起(いわゆるクナシリ・メナシの戦い)」に発展した。松前藩は、260名の鎮圧部隊を送り込み、首謀者のアイヌ人37名を全員処刑して、蜂起は鎮圧された。この結果、日本人による国後島領有は確立された。

1811年頃、ロシアの海軍軍人ゴローニンが、ロシア帝国軍に命じられた千島列島測量のため国後島に上陸すると、日本の幕府役人は彼を逮捕し、箱館に連行して幽閉した。1855年の日露和親条約で、国後島の日本領有は国際的に確認された。

第二次世界大戦前は、北海道本島からの船が発着した(ロシア名:ガラブニノ Головнино)に国後島全体を管轄する官庁や神社がおかれ、中心集落であった。島の沿岸には、全域にわたり80以上もの漁業集落が点在しており、産業としては、コンブサケカニなどの漁獲高が多く、缶詰製造で栄えた。また、畜産、金属や硫黄の採掘も行われていた。

ソ連による占領・実効支配[編集]

古釜布の旧集落にソ連が立てた、国後島占領記念碑。

1945年日本ポツダム宣言受諾通知後、ソ連軍日ソ中立条約を破棄し千島列島に侵攻を開始、太平洋戦争の降伏文書調印(1945年9月2日)の前日9月1日にソ連軍が同島に上陸、占領した。

ポツダム宣言第7条に従って日本の諸地点は連合国に占領されたが、国後島を含む千島列島は、一般命令第1号によって、ソ連占領地となった。1946年1月29日、GHQからSCAPIN-677が命令され、日本は国後島を含む千島列島の施政権を停止されると、直後の2月2日、ソ連はこれら地域を自国領土に行政編入した。SCAPIN-677は領有権の移転を命じたものではない。

同年3月には、島内の通貨が日本円からソ連のルーブルに変更された。当初は、ハバロフスク地区の一部とされていたが、1947年1月にはサハリン州が独立した。1946年12月、GHQとソ連との間で日本人全員の引き上げが合意されると、1948年までにほぼ全員の日本人が帰国した。 戦後のソ連は、日本に近すぎる泊を嫌い、ユジノクリリスクЮжно-Курильск)という新たな中心集落を、日本時代の漁村であった古釜布を望むほぼ無人であった高台に建設した。

ソ連占領後の国後島は、日米安保条約のもとにおかれた日本に対峙する共産圏の最前線となり、軍事基地や国境警備隊基地が多く配置された。一方、日本政府はサンフランシスコ講和会議からのソ連離脱以降も返還を主張してきたが、冷戦や朝鮮戦争の勃発などソビエトとの公的な外交チャネルが断絶した状態が続き、ようやく1956年の日ソ平和条約交渉においてこの島を含む北方領土の返還を要求したがソビエトの受け入れるところではなく、1956年日ソ共同宣言による国交回復以降も、日本政府の返還要求をソ連が拒否し続けた。1967年からは墓参りを目的とした少人数の日本人訪問が実現したが、ソ連側がビザを要求するようになり、長期中断を余儀なくされた。

辺境地として労働条件もソ連本土に比べ優遇されていたため、ソ連末期の1989年にも7766人が居住していた。

日本政府見解としては同島のロシアによる占領は60年以上を経た現在でも継続されている両国関係の正常化を阻害している重大問題であり、大西洋憲章の理念、カイロ・ポツダム宣言の条項、GHQ訓令SCAPIN第677号の解釈、および連合国と日本国の間に締約されたサンフランシスコ条約の解釈などに反し、また平和裏に確認された日露和親条約以来の日本固有の領土であった当地域へのロシアによる領土権の主張は不当であるとしている[5]

ソ連崩壊後の現状[編集]

ソ連崩壊後に実効支配を引き継いだロシア連邦も、国後島は自国領という立場を継承している。ただ、国後島と日本との関係はロシアになってから深まった。ソ連のミハイル・ゴルバチョフ大統領の来日成果を引き継ぐ形で、1992年からは北方四島交流事業(ビザ無し交流)が開始された。ソ連崩壊により労働条件の優遇措置が失われ、経済不振に陥った国後島では1994年北海道東方沖地震の被害も発生したため、人口は減少傾向にあった。そこで1998年6月に日本の現職閣僚として鈴木宗男が初めて国後島を訪問し、さらに港湾整備、ディーゼル発電所建設、艀の供与、ロシア人避難所としての日本人とロシア人の友好の家(通称:ムネオハウス)の設置など、様々な日本政府の援助は歓迎され、国後島民の日本への感謝の気持ちは強まっていた。だが、この支援を巡り鈴木宗男事件が発覚、上記の支援をしていた鈴木宗男や外務官僚が逮捕、失脚した後は、大規模な経済援助は絶たれた。現在でもビザ無し交流は続いているが、日本政府は、多額の資金を要する新規の社会基盤整備はもちろん、既存の設備の維持管理費用支給もすべて打ち切った。

それと入れ替わるように、ロシア連邦政府が近年のめざましい経済成長に乗ってこの島にも人口増に向けたテコ入れをはじめた。2006年8月に策定された、2015年を目標年次とするロシア連邦政府の「クリル諸島社会経済発展計画」では、立ち遅れている交通インフラ整備や地熱発電所設置、観光開発などに重点的な投資がなされる予定で、古釜布港を改装し、大型船が横付けできる設備へと増強する計画がある。特に4倍に増える地熱発電による電力余力は日本を始め中国、韓国に呼びかけている、投資・開発の圧力になる。

現在のユジノクリリスクの町並み

現在の国後島の住民は、ほとんど中心集落の古釜布(ユジノクリリスク)とその周辺に集中して居住しており、それ以外の大半は無人地帯となっている。最北の集落は、近布内(ロシア語地名、オトラダОтрада)であり、留夜別村の区域に、現在住民は誰もいない。島の60%はロシア国立クリリスキー自然保護区に指定されており、民間人の立ち入りが規制されている。このため、原初的自然がよく保全されており、2005年に知床半島世界遺産に登録された際には、 国際自然保護連合 (IUCN)から、国後島と知床半島をあわせ、「保全の促進を(日露)両国で同意することが可能であれば、広範な『世界遺産平和公園(World Heritage Peace Park)』として発展させる」という提言が行われた。

2010年11月1日、メドヴェージェフ大統領がソビエト時代を含むロシアの国家元首として初めて訪島した[6]。また、同大統領は2012年7月3日にも訪島している[7]

2011年末、既存の地熱発電所更新事業においてアメリカ系の企業「タイガー・マシナリー社」の傘下企業が建設を受注し、2013年2月時点では既に着工している事が報道された。2015年に稼働し、国後島の電力需要の全量を賄うことができるとされる。[8]

通信[編集]

大部分の住民は、ロシアのテレビ(カラー方式はSECAM)を視聴している。

同島には日本のテレビ放送が受信可能な地域が存在し、NTSC方式に対応したテレビ受像機で視聴可能であるため、一部の住民が日本のテレビ番組を情報源にしている。北海道放送(HBC)では、一時、北方領土の住民向けに天気予報の画面にロシア語のテロップを入れていた。尚2011年7月を期にアナログテレビが終了して地上波デジタルに切り替わったが、以前アナログで受信できたエリアであっても、周波数や出力の関係から日本のテレビの受信は困難な状況になると推定される。

ラジオ放送については、ユジノクリルスク中継局でAMが972KHz・0.2Kw、FMが69.68MHz、放送時間は日本時間4:00から23:00までという情報があるが確認は出来ていない。放送系統はRadio Mayakとのこと。

固定電話も郵便も、基本的にロシア向けの国際通話、国際郵便となる。 島内はロシアの携帯電話会社(MegaFon MTS)が参入し使用可能であるが方式はGSMであり、3Gでは接続できない。 エリアはユジノクリルスクとGolovninoの周囲とされている。 日本の携帯電話は、島内ではローミング可能機の接続が可能と推定されるが確認はされていない。 過去に北海道本土が直接見える西北海岸や高台に行けば、日本の携帯電話を用い、北海道側の基地局を経由する日本の国内通話として日本本土との通話が可能であったが、小ゾーンの3G方式が主流の、現在の携帯電話での接続の可否については不明である。

日本本土との交通・通信[編集]

北海道本土から国後島へ[編集]

戦前は、根室から国後島最南の泊村まで定期の船便があったが、戦後は、北海道本土から国後島への定期公共交通は、船便・航空便ともに存在しない。北海道本土から島に直接渡る場合は、「ビザなし交流」に参加し、チャーター船で根室港から出発、古釜布に入港する。「ビザなし交流」の場合であっても、チャーター船がロシアが主張する領海に入ると、国際航路を通行する船舶の慣例によってロシア国旗をマストに掲げ、また、古釜布に到着後は、ロシアの税関当局による入域審査を受ける。なお、このチャーター船の利用は、旧島民、その子孫、ならびに返還団体から推薦された者や報道関係者等に限定され、一般の日本人は自由に利用することができないため、南サハリン経由で渡ることとなる。

サハリン(樺太)経由で国後島へ[編集]

現在の国後島のメンデレーエフ空港(Аэропорт Менделеево)にアクセスする定期公共交通は、ロシアが実効支配する南サハリン(樺太)を拠点に運航されている。ユジノサハリンスク豊原ホムトヴォ空港からはサハリン航空のプロペラ機が週4便(月、木、土、日、いずれも午後発)、メンデレーエフ空港へ就航している。しかし、有視界飛行であるため、霧がかかりやすい夏季は欠航になりやすい。滑走路や空港設備が整備不良のため安全基準を満たしておらず、安全のため運航を見合わせているとの情報もある[9]

また、コルサコフ大泊)港からは、サハリンクリル海運の貨客船「イゴール・ファルフトディノフ」号が週2便出発している。この船は、月曜日にコルサコフを出帆、火曜日に択捉島、水曜日に色丹島ならびに国後島に寄港、木曜日にコルサコフ帰着、金曜日にコルサコフ発、土曜日に国後島と色丹島、日曜日に択捉島に寄港、月曜日にコルサコフに戻るというスケジュールで、3月~12月まで運航される。

一般の日本人・外国人が国後島を訪問するには、ロシアのビザでまず稚内または新千歳、あるいは函館からサハリン(樺太)に渡り、ユジノサハリンスク(豊原)にて国後島への通行許可証を取得後、サハリンから空路または海路でアクセスすることになる。この方法は、国後島におけるロシアの主権に服する行為であるとして、内閣が1989年以来自粛を要請しているが、この自粛要請に法的強制力は無い。

その一方、ロシア側では国後島への旅行に人気がある[10]

国後島が見える街[編集]

知床峠より望む国後島(2009年10月)
野付半島より望む国後島(2013年2月)

対岸に位置する北海道本島の別海町標津町羅臼町からは国後島泊村を間近に見ることができる。ただし、国後島の北岸側には、別荘地(ダーチャ)を除けば集落は1つも無く、対岸に人家らしい影は見ることができない。夜間に時折、自動車ヘッドライトを見ることができる程度である。逆に、国後島の名勝である材木岩がある西北海岸からは、知床半島の山岳が巨大に望まれる。

国後館(羅臼町)[編集]

戦前に国後島で教員を務め、後に羅臼町長になった村田吾一の邸宅が、国後島返還に向けた記念館として開放されている。

野生動物[編集]

  • かつてはエゾオオカミが生存しているのではないかと言われていたが、現在では生存は確認されていない[11]
  • ヒグマが存在しており、2009年10月には同島と択捉島だけに生息するとされる白い個体群の撮影に成功した[11]。同島に生息する推定300頭の約1割が白いヒグマとみられ、引き続き調査が行われている[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国立天文台(編) 平成19年 理科年表 p.565 ISBN 4621077635
  2. ^ 消えた北方民族の謎追う 古代「オホーツク人」北大が調査 - 朝日新聞
  3. ^ 伊勢国松坂の船北海を漂流する
  4. ^ 「最初の千島探検」根室市公式HP
  5. ^ 過去、国会答弁においてソ連による占拠が不法とは必ずしもいえないとの答弁がなされたことがあるが、これはポツダム宣言受諾による国連軍の一翼としての戦後占領を指すものであり、米英による本土占領や米ソによる朝鮮占領、中華民国による台湾占領などと同様に当然に国際法上合法なものであるとの主旨である。「占領」と「併合宣言」については本来別の国家実行であり、答弁者によって時として表現の差異がありうるものと説明されている。いずれにせよ、北方領土は日本固有の領土であるとの見解が日本の一貫して主張するところであり、現在はロシアによる同島の占拠は不法占拠であると明確に表明されている。
  6. ^ ロ大統領が北方領土を初訪問 日本反発、交渉後退へ - 47NEWS (ソースは共同通信、2010年11月1日付、2013年2月19日閲覧)
  7. ^ 読売新聞(2012年7月4日付)
  8. ^ 国後島に米系企業が初参入 発電所建設を受注 - SankeiBiz (フジサンケイ ビジネスアイ、2013年2月14日付、同月19日閲覧)
  9. ^ 2006年10月17日 The Vladivostok News 「Flights to Kunashir Island banned」[1]
  10. ^ 2008年10月26日に放送された「真相報道 バンキシャ!」より。
  11. ^ a b c 毎日jp(毎日新聞) 2009年10月29日
    asahi.com(朝日新聞) 2009年10月30日
    国後に「白いヒグマ」…日本人調査団、撮影成功 YOMIURI ONLINE(読売新聞) 2009年10月30日
    北海道新聞 2009年10月30日
    白いヒグマを確認/調査団が帰港、会見 釧路新聞 2009年10月30日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]