T-80

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
T-80
T-80B in front of the T-34 museum, Moscow Oblast.jpg
T-80B
性能諸元
全長 9.66m
車体長 7m
全幅 3.6m
全高 2.2m
重量 42.5t
懸架方式 トーションバー方式
速度 65km/h整地
45km/h不整地
行動距離 335km
600km(外部タンク搭載時)
主砲 125mm滑腔砲 2A46M-1
副武装 NSVT 12.7mm重機関銃
PKT 7.62mm機関銃
エンジン GTD-1250
ガスタービン
1,250馬力
乗員 3名
テンプレートを表示

T-80ロシア語Т-80テー・ヴォースィェミヂスャトウクライナ語Т-80テー・ヴォスィムデスャート)は、ソビエト連邦で開発された主力戦車である。

開発[編集]

精鋭部隊を中心に配備されたT-64が期待に反して欠陥が多かったため、これを改良発展した戦車としてT-80が開発された。そのため、普及型戦車であるT-72とは別に開発された車輌である。

T-80の開発は、T-64にタービンエンジンを搭載したSKB-2の開発に始まった。レニングラード(現在のサンクトペテルブルク)のキーロフ工場で開発されたSKB-2は、改修を経てT-80として量産に移った。1976年ソビエト連邦軍に採用された。

設計[編集]

兵装[編集]

特徴として、主砲2A46M-1 125mm滑腔砲から射程約4,000メートルの9M119MレフレークスMレーザービームライディング誘導対戦車ミサイルを発射可能にした点、ガスタービンエンジンの採用があげられ、T-64同様に技術的に高度かつ高価な戦車となっている。

使用される砲弾APFSDS(装弾筒付翼安定徹甲弾)及びHE-FRAG破片効果榴弾)である。

機関[編集]

ガスタービンエンジンT-64でも搭載が試みられていたが、計画は中止されており、T-80に引き継がれている。

運用[編集]

T-80の開発においても、整備性や稼働率、寿命、燃費などの点で問題が生じたために改良が重ねられ、T-80A(オブイェークト-219A)を経て、実用的なガスタービンエンジンであるGTD-1250(1,250馬力)を搭載したT-80Uが登場している。T-80UはT-90の上位車種としてソ連時代末期に開発され、その後独立したロシア連邦で開発が継続されている。しかし、ロシア連邦の経済および政治的混乱の影響で、いまだ全面的配備には至っていない。

T-80Uは経済協力借款の償還として大韓民国に約30輌が送られた他(当初朝鮮人民軍を模した仮想敵部隊として使用されていたが、現在は一部実戦部隊の第3機甲旅団に移管)、キプロスアラブ首長国連邦にも輸出された。

なお、後継となるべきチョールヌィイ・オリョール戦車も攻撃力・防御力を増したT-80Uの発展型ではあるが、1999年に試作車が完成したものの、開発に当たっていた企業が倒産したため計画は頓挫している。

ウクライナでの改善作業[編集]

T-80の改良は東ウクライナハルキウO・O・モローゾウ記念ハルキウ機械製造設計局でも行われた。ただし、搭載する鋳造砲塔など一部はロシアソビエト連邦内で製造されたものであった。

ウクライナで開発された派生型は、ガスタービンエンジンの失敗に備える保険としてのディーゼルエンジン型(水平対向ピストンエンジン)となった。これはT-80UDと呼ばれており、燃費の良さから末期のソ連の経済的苦境に対応する形で採用配備されている。T-80UDでは、コンタークト1などの爆発反応装甲が標準装備された。また、これらは1991年八月クーデターチェチェン紛争に姿を見せ、実戦を経験しており、輸出も行なわれている。

T-80UDは、現在ウクライナ陸軍主力戦車となっている。T-80UDは320輌がパキスタンに輸出され、カシミール紛争で使用された。これらのうち一部の車輌は改良型のT-84と同様の砲塔を搭載していたため、一部資料ではT-84と紹介されることもある。ただし、正式にはこれらはすべてT-80UDとされている。その他、指揮戦車のT-80UDKも開発され、ウクライナなどで使用されている。現在ロシア陸軍インド陸軍の主力戦車となっているT-90は、T-72にT-80の特徴を付与した混合発展型であるといえる。

T-80の開発を行っていたウクライナでは、独立後も自国で運用するT-80UDの改良作業を続行した。その一過程として、前述の通りパキスタンへ輸出された車輌の一部にはウクライナ製の新しい溶接砲塔が採用された。自国向けの新型戦車としては、新しいエンジンや溶接砲塔を搭載し爆発反応装甲を施したT-84が主力戦車として開発・配備された。これに加えて、2001年からはT-80UDのさらなる改良型であるオプロートも部隊配備されている。また、輸出型としてヤタハーンも開発されている。これはNATO標準の120mm主砲を搭載しており、トルコギリシャマレーシアでのトライアルに参加している。

バリエーション[編集]

サンクトペテルブルクで展示されるT-80B
サンクトペテルブルクで展示されるT-80BV
サラトフで展示されるT-80U
SKB-2
СКБ-2
レニングラートのキーロフ工場で開発された、T-64の発展型。
T-80
Т-80
開発名称219型と呼ばれた。最初の量産型。T-64に1,100馬力のGTD-1000タービンエンジンを搭載した。
T-80A
Т-80А
219A型。ハルキウでT-80UD仕様に改修したもの。
T-80B
Т-80Б
219R型。9KI112-1 コブラ対戦車ミサイルを運用できた。装甲も、新しいセラミック装甲となった。
T-80BK
Т-80БК
630型。T-80Bの指揮戦車型。ナビゲーションシステムと無線装置を装備した。
T-80BV
Т-80БВ
219RV型。T-80Bの派生型で、コンタークト1爆発反応装甲を装備した。
T-80U
Т-80У
219AS型。T-80U1985年型。9M114 レフレークス対戦車ミサイルを運用でき、砲塔を刷新した。装甲は、新型のコンタークト5爆発反応装甲となった。エンジンは1,250馬力のGTD-1250が搭載され、新しいナビゲーションシステムが搭載された。
T-80U(M)
Т-80У(М)
219AS型。T-80Uの派生型で、火器管制装置が刷新された。
T-80UK
Т-80УК
ロシア連邦で開発されたT-80Uの指揮戦車型。TShU-1-7 シュトーラ1アクティブ防護システム、TNA-4-3ナビゲーションシステム、KV無線装置など新しいシステムを装備した。
T-80UE
Т-80УЭ
1999年にロシア連邦で開発されたT-80UKの輸出型。TShU-1-7 シュトーラアクティブ防護システムが装備品から外された。ロシア連邦の輸出向け戦車の主力商品となった。
T-80UD ベリョーザ
Т-80УД «Берёза»
478B型。愛称の「ベリョーザ」(«Берёза» ビリョーザ)は「ロシア語で「白樺」を意味する。ウクライナ語では「ベレーザ」(«Береза» ベレーザ)白樺は女性の象徴でもある。整備維持コストと調達コストの低減を図るユーザー向けのモデルで、もともとはソ連向けに1985年に開発したT-80Uの派生型で、T-64中戦車用の水平対向型ディーゼルエンジン6TD(1,000馬力)を搭載[1]。ウクライナ独立後は同国の主力戦車となる一方、輸出も試みられ320輌がパキスタンに輸出された。これらは、ウクライナ軍向けに製造された車両の新車転売、もしくはウクライナ軍で運用されていた車両の中古転売であると考えられているが、装備する爆発反応装甲は従来の「コンタークト1」ではなく「コンタークト5」が装備された。一部はT-84の砲塔を搭載したため、パキスタンに輸出された車両をT-84とする資料もあるが、製造元の設計局ではパキスタンに輸出した車両をすべてT-80UDとしている。
T-80UDK
Т-80УДК
T-80UDの指揮戦車型。
T-80UM-1 バールス
Т-80УМ-1 «Барс»
ロシア連邦で開発されたT-80Uの発展型。アリーナアクティブ防護システムを装備する原型車輌。オムスクでの兵器ショーでは常連だが、まだ販売には至っていない模様[1]。愛称はロシア語で「雪豹」のこと。
T-80UM-2 チョールヌィイ・オリョール
Т-80УМ-2 «Чёрный орёл»
ロシア連邦で開発されたT-80UMの発展型。アリーナアクティブ防護システムを装備する。車体を延長して転輪を片側7個に増加。自動装填装置付でブローオフパネル付の弾薬庫を持つ後部の大きな新型砲塔に140mm(135mmという説もある)滑腔砲。カクトゥス爆発反応装甲と新型照準システムなどを搭載した多くの新装備を含む車両である。デモンストレーション時の試作車両ではGTD-1250ガスタービン・エンジンを搭載していた。2010年に主に予算上の問題で開発の中止が決定した。
T-84
Т-84
ウクライナが開発したT-80UDの発展型。

派生型[編集]

BREM-80U
БРЭМ-80У
T-80Uの車体を流用して開発された装甲回収車。18トンクレーンと35トンウインチを搭載している。
BREM-84
БРЕМ-84
ウクライナで開発された装甲回収車。T-84の派生型とされているが、実質的にはT-80UDから開発されている。
2S19 ムスターS
2С19 МСТА-С
ロシア連邦で開発された自走榴弾砲。T-80の走行システムにT-72V-84Aディーゼルエンジンを組み合わせている。
T-90
Т-90
T-72の車体設計を元にT-80の技術を組み合わせた車両。

運用国[編集]

地図上の青色の国はT-80を装備する


登場作品[編集]

アニメ映画
架空の派生型「T-80UN」が登場。NERVベタニアベースにて封印を解かれた第3の使徒を迎撃した。
ゲーム
日本を占拠したロシア軍の車両として登場。プレイヤーも購入して使用できる。
中国人民解放軍が使用。

モデルキット[編集]

1/35スケール
  • ズベズダ
    • T-80BV
    • T-80UD
  • スキフ
    • T-80UD(しかし、中身はオブイェークト219A)
  • XACT
    • T-80U
1/72スケール
  • レベル
    • T-80(パッケージには単に「T-80」とあるが、組立説明書の表記とキット内容はT-80Bである)
    • T-80BV

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 軍事研究2007年8月号「ロシアと中国の最新AFV開発事情」p36-p37

外部リンク[編集]