仁川国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Incheon International Airport
인천국제공항
仁川國際空港

Incheon Gukje Gonghang
Inch'ŏn Kukche Konghang
Incheon International Airport.jpg
IATA: ICNICAO: RKSI
概要
空港種別 公共
所有者 国土交通部
運営者 仁川国際空港公社 (IIAC)
供給都市 ソウル首都圏
所在地 仁川広域市中区
拠点航空会社
標高 23 ft / 7 m
座標 北緯37度27分48秒 東経126度26分24秒 / 北緯37.46333度 東経126.44000度 / 37.46333; 126.44000座標: 北緯37度27分48秒 東経126度26分24秒 / 北緯37.46333度 東経126.44000度 / 37.46333; 126.44000
ウェブサイト www.airport.kr
地図
ICNの位置
ICN
韓国の中での位置
滑走路
方向 全長 表面
ft m
15R/33L 12,303 3,750 アスファルト
15L/33R 12,303 3,750 アスファルト
16/34 13,123 4,000 アスファルト
ヘリポート
方向 大きさ 表面
ft m
H1 63 19 コンクリート
統計 (2011)
発着便数 229,580
旅客数 35,062,366
乗継客数 5,662,722
貨物(トン) 2,539,222
Statistics from IIAC[1]
仁川国際空港
各種表記
ハングル 인천국제공항
漢字 仁川國際空港
発音 インチョンクッチェゴンハン
日本語読み: じんせんこくさいくうこう
英語表記: Incheon International Airport
テンプレートを表示

仁川国際空港(インチョンこくさいくうこう、朝鮮語:인천국제공항)は、大韓民国仁川広域市中区にある国際空港である。永宗島と龍遊島の間にあった干潟を埋め立て、2001年3月29日開港した。大韓航空及びアシアナ航空ハブ空港である。

当空港開港と同時に、金浦国際空港の国際線が全て当空港に移転し、同空港は事実上国内線専用空港となった(ただし、現在でも金浦国際空港発着の近距離国際線は存在する)。ソウルへの国際線空港として機能していることから、前述した通りソウル市外の仁川市内に所在しながら飛行機の行き先では単に「ソウル」と案内されることが多い。現在、3本の滑走路が供用中である。

詳しい内容は後述するが、日本行き国際線は成田国際空港東京国際空港関西国際空港中部国際空港だけではなく、日本各地の地方空港と当空港を結ぶ便が多数就航している。このため、日本の地方空港から当空港の国際線各都市への乗り継ぎ空港(事実上、日本のハブ空港)として、よく利用されている[2]。また、韓国国内線は釜山済州大邱の各路線がある。

空港コードIATAコード)は、ICN

概要[編集]

空から見た仁川国際空港
仁川国際空港の位置。濃いピンク色の箇所が永宗島(北東部)と龍遊島(南西部)

位置[編集]

大韓民国仁川広域市中区空港路424番通り47。仁川市街沖、永宗島と龍遊島の中間に位置する埋立造成地。

広さ[編集]

  • 空港用地 1,170ha
    内訳
    旅客ターミナル1棟 50ha
    貨物ターミナル 13ha
    国際業務団地 17ha
    空港新都市 218ha

歴史[編集]

施設[編集]

旅客ターミナル[編集]

出発ロビー東側全景
到着ロビー

旅客ターミナルはイギリスの建築家テリー・ファレルの設計で、地上4階・地下2階建て、面積50ha、東西1.6km、南北150m、高さ33m、総工費は 1兆3,816億ウォンとなっている。外観は空気と水の力学的な流れ、大型船舶の帆をイメージした柔軟なリズム感、そして安全性をイメージする芸術的造形美を取り込んで設計されている。また建物内部は経済・科学技術の発展をイメージし、最先端の設備を備えたインテリジェントビルである。

搭乗棟[編集]

旅客ターミナルの北側に搭乗棟(Concourse)が建設され、2008年5月27日より供用開始された。大韓航空、アシアナ航空以外の韓国籍の航空会社、および外国籍の航空会社が利用している。地下を通る「スターライン」という新交通システムで、旅客ターミナルとの間を約1分で連絡する。 なお、旅客ターミナルと搭乗棟間の往来はできず、一度スターラインへ乗車すると(搭乗棟へ向かうと)、旅客ターミナルへは戻ることはできない。スターラインへの入り口では、搭乗棟利用客以外の誤進入を防止するため、搭乗券チェックが行われている。

交通センター[編集]

交通センター内部

地上2階、地下5階建てで、床面積は25ha。航空機の翼や鳥を象徴するような屋根構造をイメージし、人々の安全を祈る韓国伝統の鶴の思いを込めて設計されている。また地に足を着けた飛行体をイメージしたこの建物は、空と地上を結ぶ意味が込められ、飛行機の運航の安全を祈願する意味を込めて設計されている。

就航航空会社と就航都市[編集]

国内線[編集]

航空会社 目的地
韓国の旗 大韓航空 釜山(国際線乗継専用便)、大邱、済州
韓国の旗 アシアナ航空 釜山(国際線乗継専用便)、済州

国際線[編集]

航空会社 目的地
韓国の旗 大韓航空
日本 : 東京/羽田、東京/成田、大阪/関西、名古屋/中部、札幌/新千歳、函館(運休中)、青森、秋田(2014年7月26日〜10月25日の間 運休予定[3])、新潟、小松、静岡(運休中[4])、岡山、福岡、大分(2014年7月4日〜10月24日の間 運休予定[5])、鹿児島
中国 : 北京/首都、上海/浦東、広州、大連、青島、天津、西安、長沙、杭州、昆明、牡丹江、済南、瀋陽、深圳、武漢、威海、廈門、延吉、鄭州、黄山
アジア : 香港、台北/桃園、ウランバートル、マニラ、セブ、ハノイ、ホーチミンシティ、バンコク/スワンナプーム、プーケット、チェンマイ、シンガポール、クアラルンプール、コタキナバル、ジャカルタ、デンパサール、プノンペン、シェリムアップ、ヤンゴン、ムンバイ、カトマンズ、コロンボ、マレ
中東アフリカ : ドバイ、イスタンブール、テルアビブ、カイロ、ナイロビ、リヤド、ジェッダ
西欧 : パリ/ドゴール、ロンドン/ヒースロー、フランクフルト、アムステルダム、ミラノ、ローマ、ウィーン、マドリッド、チューリッヒ
旧ソ連東欧 : モスクワ/シェレメーチエヴォ、サンクトペテルブルク(季節運航便)、イルクーツク、ウラジオストク、プラハ、タシュケント
南米 : ニューヨーク/ケネディ、ワシントンD.C.、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シカゴ、トロント、バンクーバー、アトランタ、ダラス/フォートワース、ヒューストン(2014年5月2日より運航開始予定)、ラスベガス、シアトル、ホノルル、サンパウロ
オセアニア : シドニー、ブリスベン、オークランド、コロール、グアム、ナンディ
韓国の旗 アシアナ航空
日本 : 東京/羽田、東京/成田、大阪/関西、名古屋/中部、旭川(季節運航便)、仙台、福島(運休中)、茨城(運休中)、富山、静岡、米子、広島、高松、松山、福岡、熊本、宮崎、沖縄/那覇
中国 : 北京/首都、上海/浦東、長沙、長春、重慶、大連、広州、桂林、杭州、ハルビン、黄山、南昌、南京、青島、瀋陽、深圳、天津、武漢、西安、延吉、煙台
アジア : 香港、台北/桃園、マニラ、セブ、クラーク、ハノイ、ホーチミンシティ、バンコク/スワンナプーム、プーケット、シンガポール、コタキナバル、ジャカルタ、デンパサール、シェムリアップ、ヤンゴン、デリー
西欧 : ロンドン/ヒースロー、パリ/ドゴール、フランクフルト
旧ソ連・東欧 : ハバロフスク、ユジノサハリンスク、アルマトイ、タシュケント、ウラジオストク
中東・アフリカ : イスタンブール
北米 : ニューヨーク/ケネディ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シカゴ、シアトル、ホノルル
オセアニア : シドニー、コロール、サイパン
韓国の旗 チェジュ航空 東京/成田、大阪/関西、名古屋/中部、福岡、香港、マニラ、ホーチミンシティ、バンコク/スワンナプーム、グアム
韓国の旗 ジンエアー 札幌/新千歳、長崎 [6][7]、沖縄/那覇、香港、マカオ、バンコク/スワンナプーム、セブ、クラーク、グアム、ヴィエンチャン
韓国の旗 イースター航空 東京/成田、大阪/関西、張家界、バンコク/スワンナプーム、プーケット、コタキナバル
韓国の旗 ティーウェイ航空 札幌/新千歳、福岡、佐賀、バンコク/スワンナプーム
日本の旗 日本航空 東京/成田
日本の旗 Peach Aviation 大阪/関西
日本の旗 バニラ・エア 東京/成田
中華人民共和国の旗 中国国際航空 北京/首都、上海/浦東、天津、青島、成都、杭州、延吉
中華人民共和国の旗 中国東方航空 上海/浦東、南京、青島、長沙、昆明、武漢、塩城、煙台、三亜
中華人民共和国の旗 中国南方航空 北京/首都、上海/浦東、広州、大連、長沙、ハルビン、瀋陽、延吉、牡丹江、長春、武漢(2014年6月2日から就航開始予定)
中華人民共和国の旗 上海航空 上海/浦東
中華人民共和国の旗 山東航空 青島、済南、煙台
中華人民共和国の旗 深圳航空 深圳
中華人民共和国の旗 厦門航空 厦門
香港の旗 キャセイパシフィック航空 香港、台北/桃園
香港の旗 香港エクスプレス航空 香港 (2014年3月30日から就航開始予定)
マカオの旗 マカオ航空 マカオ
中華民国の旗 チャイナエアライン 台北/桃園
中華民国の旗 エバー航空 台北/桃園、高雄 [8]
中華民国の旗 マンダリン航空 高雄
モンゴル国の旗 MIATモンゴル航空 ウランバートル
ベトナムの旗 ベトナム航空 ハノイ、ホーチミンシティ、ダナン [9]
タイ王国の旗 タイ国際航空 香港、台北/桃園、バンコク/スワンナプーム、プーケット、ロサンゼルス
タイ王国の旗 ビジネス・エア バンコク/スワンナプーム、プーケット
タイ王国の旗 タイ・エアアジア X バンコク/ドンムアン(2014年6月17日から就航開始予定[10]
フィリピンの旗 フィリピン航空 マニラ、セブ
フィリピンの旗 セブパシフィック航空 マニラ、セブ
フィリピンの旗 エアアジア・ゼスト セブ、クラーク、カリボ
シンガポールの旗 シンガポール航空 シンガポール、サンフランシスコ
シンガポールの旗 スクート シンガポール(台北/桃園経由便)
マレーシアの旗 マレーシア航空 クアラルンプール
マレーシアの旗 エアアジア X クアラルンプール
インドネシアの旗 ガルーダ・インドネシア航空 ジャカルタ、デンパサール
インドの旗 エア・インディア 香港、デリー
モルディブの旗 en:Mega Maldives マレ、ガン島
ラオスの旗 ラオス国営航空 ヴィエンチャン
カンボジアの旗 スカイウィングス・アジア・エアラインズ プノンペン
アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド航空 東京/成田、サンフランシスコ
アメリカ合衆国の旗 デルタ航空 デトロイト、シアトル(2014年6月2日から就航開始予定[11]
アメリカ合衆国の旗 アメリカン航空 ダラス/フォートワース
アメリカ合衆国の旗 ハワイアン航空 ホノルル
カナダの旗 エア・カナダ バンクーバー
トルコの旗 ターキッシュ・エアラインズ イスタンブール
アラブ首長国連邦の旗 エミレーツ航空 ドバイ
アラブ首長国連邦の旗 エティハド航空 アブダビ
カタールの旗 カタール航空 ドーハ
カザフスタンの旗 エア・アスタナ アルマトイ
ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン航空 タシュケント
エチオピアの旗 エチオピア航空 アディスアベバ
フランスの旗 エールフランス パリ/ドゴール
イギリスの旗 ブリティッシュ・エアウェイズ ロンドン/ヒースロー
ロシアの旗 アエロフロート・ロシア航空 モスクワ/シェレメーチエヴォ
ロシアの旗 ウラジオストク航空 ハバロフスク、ウラジオストク
ロシアの旗 オーロラ ユジノサハリンスク
ロシアの旗 S7航空 イルクーツク (2014年6月25日から就航開始予定)
フィンランドの旗 フィンランド航空 ヘルシンキ
オランダの旗 KLMオランダ航空 アムステルダム
ドイツの旗 ルフトハンザドイツ航空 フランクフルト、ミュンヘン
チェコの旗 チェコ航空 プラハ

貨物便[編集]

就航都市[編集]

東アジア[編集]

東南アジア[編集]

南アジア[編集]

西アジア[編集]

中央アジア[編集]

ヨーロッパ[編集]

北米・中南米[編集]

オセアニア・太平洋[編集]

アフリカ[編集]

アクセス[編集]

現在、空港までの交通路は高速道路仁川国際空港高速道路)を利用する路線バス・タクシー・自家用車が中心である。2007年3月23日に開港から6年の歳月を経て鉄道が開通し、さらに2009年10月には第二京仁高速道路仁川大橋が開通した。

バス[編集]

高級リムジンバス[編集]

バス乗り場
蚕室ゆき大韓航空リムジンバス

ソウル都心の主要地域や有名ホテル、主な地方都市を結んでいる。3列シートで座席も広く、最近は地上波デジタル放送受信設備も備えたバスで運行される。これと同等の車両を使った都市間高速バスを優等バス(우등버스)と呼んでいるため、このバスについてもそう呼ぶ場合がある。

方面 路線名 運行
間隔
(分)
所要
時間
(分)
運賃
(ウォン)
停留所
ソウル
(北部)
ソウル駅 10~
20
60 15,000 龍山駅→ソウル駅
南山方面線 30 80 15,000 ベストウェスタンプレミア・ソウルガーデンホテルロッテシティホテル麻浦→ラマダホテル&スイート→ソウル駅ミレニアムソウルヒルトンホテルグランドハイアットソウルホテルソフィテルアンバサダーソウルホテル→新羅ホテル→薬水駅→グランドハイアットソウルホテル
ソウル
(南部)
都心空港
ターミナル線
10~
15
60 14,000 三成駅→都心空港ターミナル(KCAT)
江南方面線(A) 30 80 14,000 ソウルパレスホテル→ザ・リッツ・カールトンソウルホテルノボテルアンバサダー江南ホテル→ルネッサンスソウルホテル
江南方面線(B) 30 80 15,000 インペリアルパレスホテル→ラマダソウルホテル→コエックスインターコンチネンタルホテル→グランドインターコンチネンタルホテル
江南ターミナル線 10~
20
60 14,000 江南バスターミナル
蚕室方面線 20~
30
80 14,000 ロッテワールド→東ソウル総合バスターミナル→クァンナル駅Wソウルウォーカーヒルホテル、シェラトンウォーカーヒルホテル
金浦空港 金浦空港線 5~
10
30 6,500 金浦空港
光州 光州線 80~
180
270 昼間
30,900
深夜バス
34,000
光州総合ターミナル
全羅北道 全州 30~
60
240 全州
25,000
汝矣島
8,000
金浦空港→汝矣島63ビル→益山I.C.→全州駅→全州コアホテル
釜山 釜山線 - 330 38,000 釜山総合バスターミナル
蔚山 蔚山線 - 320 39,500 蔚山市外バスターミナル
慶尚北道 浦項慶州 - 330 浦項
40,300
慶州
36,300
慶州市外バスターミナル→浦項高速バスターミナル

一般リムジンバス[編集]

6番出口近辺に有るバスチケットオフィス

ソウル都心の主要地域や、地方都市を結んでいる。4列シートの一般的な高速バスで運行される。スーツケースなどの大きな荷物の扱いは、高級リムジンバスと同様に預ける場合もあるが、車内にスーツケース置き場が備えられている路線もある。

市外バス[編集]

ソウル都心の主要地域や、近郊の地方都市を結んでいる路線バスである。4列シートの一般的な高速バス、または通常の路線バスタイプのバスで運行される。路線バスに分類されるため、到着地に近づくと一般道の停留所を経由していく場合が多い。サービス内容は一般リムジンバスとさほど変わらない。

市内バス[編集]

仁川広域市内を走る路線バスである。一般道の停留所を経由していく。仁川大橋を経由するルートもある。

空港内循環バス[編集]

空港内の庁舎や、駐車場を結んでいる運賃無料の路線バスである。

鉄道[編集]

仁川国際空港駅

仁川国際空港駅からKORAIL空港鉄道が2007年3月23日に金浦空港駅まで開通した。その後2010年12月29日にソウル駅まで延長された。運行頻度は、昼間だと直通列車(途中ノンストップ)が1時間に1~3本、一般列車(各駅停車)が1時間に5~6本である。所要時間は、ソウル駅まで直通列車が43分、一般列車が53分で、空港からソウル市街までの所要時間では、各アクセス機関中空港鉄道の直通列車が最速となっている。運賃は、ソウル駅まで、直通列車が14,500ウォン(2013年7月~2014年12月は8,000ウォン)、一般列車で4,050ウォン(交通カード使用時は100ウォン引き)で,同じく一般列車が最安となっている。また、2014年6月30日に、KTXが空港鉄道を経由して、当駅まで乗り入れを開始し、乗り換えなしに釜山など地方へアクセスできるようになった。この鉄道はソウル地下鉄9号線に乗り入れる予定がある。

タクシー[編集]

一般タクシー[編集]

タクシー乗場、奥にバス乗場がある

日本の小型タクシーに相当する。日本と比較して運賃が割安である。

  • 主要地域までの料金
方面 地域 所要時間(分) 料金(ウォン)
ソウル 市庁・鐘路 60 44,000
ロッテワールド・蚕室 75 55,000
永登浦 55 43,000
金浦空港 40 34,000

上記料金に加えて高速道路通行料金、7,400ウォンが掛かる。また道路混雑時、所要時間および料金に差が生じることがある。

模範タクシー/大型タクシー[編集]

日本の中型以上のタクシーに相当する。車両も一般タクシーに比べてランクが高い。一般タクシーと比較して運転手の教育が行き届いており、日本語や英語の基本的会話ができるため外国人にも安心して乗れる。しかし一般タクシーのサービスが以前より向上してきたため、存在感が若干薄くなってきている。

  • 主要地域までの料金
方面 地域 所要時間(分) 料金(ウォン)
ソウル 市庁・鐘路 60 80,000
ロッテワールド・蚕室 75 95,000
永登浦 55 70,000
金浦空港 40 52,000

上記料金に加えて高速道路通行料金、7,400ウォンが掛かる。また道路混雑時、所要時間および料金に差が生じることがある。

インターナショナルタクシー[編集]

2009年5月より運行を開始した外国人向けのタクシー。運転手の選抜、教育等、サービス全般をソウル市が管理し、全員が外国語会話が可能な運転手となっている。一般タクシーと模範タクシーの2タイプが存在し、仁川国際空港~ソウル市内間は、ソウルを3地区に分けた定額料金となっている。

  • 主要地域までの料金
方面 地域 所要時間(分) 一般料金(ウォン) 模範料金(ウォン)
ソウル 市庁・鐘路(Bエリア) 60 65,000 95,000
ロッテワールド・蚕室(Cエリア) 75 75,000 110,000
永登浦(Aエリア) 55 55,000 80,000
金浦空港(Aエリア) 40 55,000 80,000

上記料金に高速道路通行料金(7,400ウォン)は含まれている。また道路混雑時、所要時間に差が生じることがある。

[編集]

一般的なアクセス方法ではないが、仁川市内の月尾島(ウォルミド)船着場と永宗島を結ぶ航路がある。運賃2000ウォン。所要時間約20分。永宗島の港に隣接するバスターミナル(韓国語で「バスターミナル」と書かれてはいるが、古い小屋と駐車場があるだけなので注意)から空港へは222番の市内バスが連絡している。運賃は現金で900ウォン、カードで800ウォン。所要時間約30分。

評価[編集]

カナダのモントリオールに本部を置く国際空港評議会(ACI)が選出する2004年-2013年の「空港ランキング」総合評価部門で連続して「世界最優秀空港賞」を受賞中(2014年5月現在)。イギリスの航空調査会社スカイトラックス社によるランキングでも2009年度・2012年度に1位になるなど、国際的に高い評価を得ている。また国際貨物量で2006年成田空港を抜いて世界2位になった。[12]

今後の計画[編集]

将来計画図
KORAIL空港鉄道入口

搭乗棟増設計画[編集]

管制塔周辺には最大4棟の搭乗棟を建設しうる広大な用地が確保されている。2008年5月、1棟が供用を開始した。建設用地の一部は駐機場として暫定利用されており、誘導路の分岐部は一部完成している。

かつての成田国際空港第2ターミナルと同様、旅客ターミナルとは「スターライン」という無人交通システムで連絡しており、最も遠い搭乗棟までを最短8分で結ぶ計画である。搭乗棟の間に誘導路があるため地下式となっている。

2013年9月26日、第2ターミナルの着工式が行われた。場所は、現在の搭乗棟北側で、2018年の平昌五輪前の2017年末の完成を目指している。

滑走路拡張計画[編集]

現在、滑走路は東側の2本と西側の1本が供用中であるが、これと同規模の滑走路を西側にもう一つ設ける予定である。このためターミナルビルディング西側には広大な滑走路用地が確保され、最終的には4本の滑走路を有する計画となっている。

さらに、現在暫定的にゴルフ場となっている空港西側の用地は、第5滑走路を建設できるよう確保されているスペースとなっている。

空港周辺新交通計画[編集]

空港周辺のホテル、オフィスビル、住宅区域である国際業務地区と交通センターの間に、磁気浮上式鉄道による仁川空港磁気浮上鉄道の計画がある。交通センター2階中央部に駅舎、一部の路盤およびホームがすでに完成しているが、現在は閉鎖されている。計画段階ではPMSと呼称されている。開通は2014年9月を予定している。

画像[編集]

滑走路 
旅客ターミナル 外観 
駐機中の日本航空機 
チェックイン・カウンター 
出発ロビーにある商業施設 
3階から見た中央部吹き抜け部分 
4階から見た中央部吹き抜け部分 
南北に続く搭乗ロビー 
東西に続く搭乗ロビー 
搭乗ロビーの免税店 
搭乗ゲート前 
国際線出発案内板 
到着ロビーにある商業施設 
交通センターへの連絡通路 
建設中の搭乗棟 
新交通軌道予定地 
仁川国際空港高速道路 老梧地JCT付近 

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]