ミャンマー国際航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミャンマー国際航空
IATA
8M
ICAO
MMA
コールサイン
MYANMAR
設立 1993年8月
ハブ空港 ヤンゴン国際空港
マイレージサービス Sky Mile
保有機材数 9機
就航地 9都市
本拠地 ミャンマーヤンゴン
代表者 キン・マウン・ラット (会長)
外部リンク http://www.mai-j.jp/

ミャンマー国際航空 (Myanmar Airways International) は、ミャンマー航空会社である。

概要[編集]

地元財閥(カンボーザグループ)が80%、ミャンマー航空が20%ずつ出資している[1]

ヤンゴン本拠地とし、主に東南アジアの各地に就航している。

2014年2月に、ヤンゴン・マンダレー - 茨城線のチャーター便を運航[2]

また、同年10月8日にヤンゴン - 大阪/関西線を週3便(月・水・土)の予定でスケジュール・チャーター就航を開始したが、10月11日の便で運休。10月27日、11月1日にスポット運航はしたが、以降は無期限の運休となっている。[3][4][5]

就航路線[編集]

2014年現在、下記の路線に就航中[6]

将来的には、東京/羽田東京/成田・茨城・福岡ソウル/仁川香港デリードバイ等の都市にも就航する予定[6]

またチャーター便としては、茨城・大阪/関西・福岡・沖縄/那覇等での就航実績がある。

保有機材[編集]

エアバスA320-200型機

2012年2月 現在[8]

共同運航(コードシェア)提携先[編集]

予定[1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]


  1. ^ a b ミャンマー国際航空、全日空と共同運航協議 日本経済新聞 2012年9月7日付
  2. ^ ミャンマー国際航空、茨城発着のチャーター便の運航計画を発表 FlyTeam 2013年10月31日付
  3. ^ a b <関西国際空港> ミャンマー・ヤンゴンへ週3便 今秋就航 毎日新聞 2014年4月10日付
  4. ^ a b ミャンマー-関空便 再開へ NHK大阪放送局 2014年4月10日付
  5. ^ ミャンマー国際航空、年内にも大阪/関西〜ヤンゴン線に就航へ! Traicy 2014年4月18日付
  6. ^ a b Myanmar Airways International Route Map
  7. ^ ミャンマー国際航空、ヤンゴンとマンダレー発着インド・ガヤ線を就航へ FlyTeam 2013年9月10日付
  8. ^ MAI - Myanmar Airways International : CH Aviation