バンダラナイケ国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはインド系文字が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
バンダラナイケ国際空港
බණ්ඩාරනායක ජාත්‍යන්තර ගුවන්තොටුපොල
பண்டாரநாயக்க பன்னாட்டு வான்முகம்
Bandaranaike International Airport
22 boeing 772 app cmb.jpg
IATA:CMB-ICAO:VCBI
CMB/VCBIの位置(スリランカ内)
CMB/VCBI
CMB/VCBI
バンダラナイケ国際空港の位置
概要
国・地域 スリランカの旗 スリランカ
設置場所 西部州ガンパハ県
カトゥナーヤカ
空港種別 公共
運営者 Airport and Aviation Services (Sri Lanka) Ltd
標高 9 m・30 ft
位置 北緯7度10分51秒
東経79度53分03秒
座標: 北緯7度10分51秒 東経79度53分03秒
ウェブサイト
滑走路
方向 ILS 全長×全幅 (m) 表面
04/22 YES 3,350×45 舗装
リスト
空港の一覧

バンダラナイケ国際空港(バンダラナイケこくさいくうこう、シンハラ語: බණ්ඩාරනායක ජාත්‍යන්තර ගුවන්තොටුපොලタミル語: பண்டாரநாயக்க பன்னாட்டு வான்முகம்英語: Bandaranaike International Airport)は、スリランカ西部州ガンパハ県カトゥナーヤカにある国際空港である。スリランカ最大の都市コロンボから北に35km程の距離にあり、スリランカの中心的な国際空港として機能している。シンハラ語の発音ではバンダーラナーヤカ国際空港となる。空港名称は、元首相のソロモン・バンダラナイケに由来する。

コロンボ国際空港 (Colombo International Airport) やカトゥナーヤカ国際空港とも呼ばれる。1967年開港。2013年現在、増加する旅客取扱数に対応するための拡張工事[1]が進められている。

空港は1944年に建設されたイギリス空軍ニゴンボ空軍基地をその発端としており、現在も近接してスリランカ空軍カトゥナーヤカ空軍基地が存在している。2013年現在、同基地には第2・第5・第10・第12飛行隊が駐屯する。[2]

就航航空会社[編集]

就航路線[編集]

シャールジャチェンナイマレウィーンバンコク香港シンガポールドバイアブダビミラノ/マルペンサクウェートデュッセルドルフミュンヘンクアラルンプールアムステルダムマスカットカラチドーハイスタンブール(マレ経由便)、アンマンジェッダリヤドバーレーンバンガロール北京/首都フランクフルトハイデラバードロンドン/ヒースローロンドン/ガトウィックパリ/ドゴールモスクワ/ドモジェドヴォ(2013年10月29日から就航開始予定 [6])、東京/成田ソウル/仁川昆明

アクセス[編集]

コロンボ市街と空港を結ぶルートとしては、一般道路、鉄道に加え、2013年開業の高速道路英語版が存在する。この高速道路は、コロンボ北部ペリヤゴダと空港のあるカトゥナーヤカの間を約20分で結んでいる(一般道での所要時間は約90分)。[7]

  • バス
    • コロンボ行きの高速バスが15分間隔で運行されている。所要時間は約30分。
  • タクシー
  • 鉄道
    • 「Air-port」行きの列車も設定されている。だが、本数は1日2往復程度しかなく、空港関係者向けの輸送が中心。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]