トリンコマリー空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはインド系文字が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
トリンコマリー空港
Trincomalee Airport
IATA:TRR-ICAO:VCCT
TRR/VCCTの位置(スリランカ内)
TRR/VCCT
TRR/VCCT
トリンコマリー空港の位置
概要
国・地域 スリランカの旗 スリランカ
設置場所 東部州トリンコマリー県
チャイナ・ベイ
空港種別 軍民共用
運営者 スリランカ空軍
標高 2 m・7 ft
位置 北緯08度32分22.40秒
東経81度10分54.70秒
座標: 北緯08度32分22.40秒 東経81度10分54.70秒
滑走路
方向 ILS 全長×全幅 (m) 表面
06/24 NO 2397×26 舗装
リスト
空港の一覧

トリンコマリー空港英語: Trincomalee Airport)は、スリランカ東部州トリンコマリー県に位置する国内線空港である。州都トリンコマリーから南西約7kmのチャイナ・ベイ湾岸に立地しており、チャイナ・ベイ空港タミル語: சீனக்குடா விமான நிலையம்シンハラ語: චීන වරාය ගුවන්තොටුපළ英語: China Bay Airport)としても知られる。軍民共用空港であり、スリランカ空軍チャイナ・ベイ空軍基地 (SLAF China Bay) が置かれている。[1][2]

歴史[編集]

この空港はイギリス統治時代1920年代にチャイナ・ベイに建設された空軍基地をその起源とする。1942年3月にハリケーンスピットファイアカタリナといった機種により構成されたイギリス空軍の部隊が配備されるなど[3]第二次世界大戦中から直後にかけて、多くのイギリス空軍の飛行隊(第17, 159, 205, 240, 258, 261, 273, 321, 357, 648飛行隊)や部隊がこの基地に駐屯した。[4] 基地は1942年4月9日に日本軍による爆撃を受けたものの[5][6]連合軍が優勢になってからはマラヤ奪還のためのB29爆撃機の拠点として用いられた。[3]

セイロン(後のスリランカ)の独立後も、イギリス軍は引き続きカトゥナーヤカの空軍基地ならびにトリンコマリーの海軍基地、Diyatalawa英語版の駐屯地を保持しており、この海軍基地にはチャイナ・ベイの空軍基地も含まれていた。この空軍基地が民間の航空機に解放されるのは1952年のことである。[7] これらのイギリス軍基地は、1957年11月にセイロン政府に返還された。[8][3] 基地はイギリス空軍のチャイナ・ベイ空軍基地 (RAF China Bay) からセイロン空軍の基地 (RCyAF China Bay) となり、さらに1972年の国名改称によりスリランカ空軍の基地 (SLAF China Bay) となった[3]。さらに1976年3月には空軍士官学校が設置されている[3]

就航路線[編集]

旅客便

航空会社 就航地
シナモン・エア英語版 バンダラナイケ国際空港シギリヤ空港
FitsAir英語版 チャーター便 : ラトゥマラナ空港
ヘリツアーズ英語版 ラトゥマラナ空港
ミレニアム・エアラインズ英語版 バンダラナイケ国際空港ラトゥマラナ空港

貨物便

航空会社 就航地
ランカン・カーゴ英語版 ラトゥマラナ空港

飛行隊[編集]

  • No.01 Flying Training Wing
  • No.06 Air Defence Radar Squadron

空軍士官学校[編集]

チャイナ・ベイ空軍基地にはスリランカ空軍士官学校 (Sri Lanka Air Force Academy) が置かれている[9]1976年に創設されたこの士官学校では、スリランカ空軍の初級士官訓練が実施されている。2013年現在は、以下の3つの訓練機関が設けられている。

  • Combat Training School
  • Junior Command & Staff College
  • Non-Commissioned Officers Management School

参考文献[編集]

  1. ^ VCCT TRINCOMALEE / China-bay”. Aeronautical Information Services of Sri Lanka, Airport & Aviation Services. 2013年12月7日閲覧。
  2. ^ TRR - Airport”. Great Circle Mapper. 2013年12月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e History of Air Force Base China Bay”. スリランカ空軍. 2008年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月7日閲覧。
  4. ^ RAF Stations - C”. Air of Authority - A History of RAF Organisation. 2013年12月7日閲覧。
  5. ^ Devarajah, Lloyd Rajaratnam (2010年4月11日). “Ceylon’s Pearl Harbour attack”. The Sunday Times. http://www.sundaytimes.lk/100411/Plus/plus_26.html 
  6. ^ Wijenayaka, Walter (2011年4月5日). “Bombing of Colombo during world war II”. The Island. http://www.island.lk/index.php?page_cat=article-details&page=article-details&code_title=22450 
  7. ^ Sri Lankan Aviation History”. Ministry of Civil Aviation, Sri Lanka. 2013年12月8日閲覧。
  8. ^ “Take over of Trincomalee a landmark event”. The Sunday Times. (2008年10月12日). http://www.sundaytimes.lk/081012/FunDay/fundaytimes_2.html 
  9. ^ “Air Force takes wing”. (2008年3月9日). http://www.sundaytimes.lk/080309/FunDay/heritage.html 

外部リンク[編集]