東部州 (スリランカ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
東部州
கிழக்கு மாகாணம்
නැගෙනහිර පළාත
Eastern Province
—    —
バッティカロア・ラグーンの夕陽
バッティカロア・ラグーンの夕陽

東部州
座標: 北緯7度55分 東経81度30分 / 北緯7.917度 東経81.500度 / 7.917; 81.500
スリランカの旗 スリランカ
発足 1833年10月1日
憲法改正 1987年11月14日
州都 トリンコマリー
最大の都市 カルムナイ
行政
 - 州知事 Mohan Wijewickrama
 - 州首相 Sivanesathurai Chandrakanthan
面積[1]
 - 計 9,996km2 (3,859.5mi2)
 - 陸地 9,361km2 (3,614.3mi2)
 - 水面 635km2 (245.2mi2)  6.35%
域内順位 2位(国土全体の15.24%)
人口 (2012年)[2]
 - 計 1,551,381人
 - 順位 6位(総人口の7.66%)
 - 人口密度 155.2人/km² (402人/mi²)
民族(2012年)[2]
 - スリランカ・タミル 609,584 (39.29%)
 - スリランカ・ムーア 569,182 (36.69%)
 - シンハラ 359,136 (23.15%)
 - インド・タミル 7,711 (0.50%)
 - その他 5,768 (0.37%)
宗教(2012年)[3]
 - イスラム教 575,936 (37.12%)
 - ヒンドゥー教 539,570 (34.78%)
 - 仏教 354,772 (22.87%)
 - カトリック 80,801 (5.21%)
 - その他 302 (0.02%)
等時帯 スリランカ標準時 (UTC+5:30)
郵便番号 30000-32999
市外局番 026, 063, 065, 067
ISO 3166コード LK-5
ナンバープレート EP
公用語 タミル語, シンハラ語
ウェブサイト www.ep.gov.lk

東部州タミル語: கிழக்கு மாகாணம்シンハラ語: නැගෙනහිර පළාත英語: Eastern Province)は、スリランカの東海岸に位置する。州都はトリンコマリー。 住民はタミル人ムーア人シンハラ人に分かれる。

東部州は、1987年の「インド・スリランカ協定英語版」に基づき、1988年9月に暫定的に、北部州と統合され北東部州英語版となったが、2007年に再度切り離され、東部州に戻った。

地理[編集]

バッティカロア・ラグーンの釣り船

東部州は面積9,996 km2の南北に伸びた州域を持つ[1]

北で北部州、東でベンガル湾、南で南部州に、西でウバ州中部州北中部州に接している。

東部州の海岸線の大部分はラグーンとなっている。大きなものとしてはバッティカロア・ラグーン英語版コキライ・ラグーン英語版Upaar Lagoon英語版Ullackalie Lagoon英語版が存在する。

行政区画[編集]

東部州は3つのから構成されており、州内には45の(DS地区)、1085のGN地区が含まれる。

GN
地区
総面積[1]
(km2)
陸上
面積[1]
(km2)
人口(2012年国勢調査)[2] 人口
密度
(/km2)
スリランカ・タミル スリランカ・ムーア シンハラ インド・タミル その他 合計
アンパーラ県 20 507 4,415 4,222 112,750 282,484 251,018 165 1,640 648,057 147
バッティカロア県 14 348 2,854 2,610 381,285 133,844 6,127 1,015 2,871 525,142 184
トリンコマリー県 11 230 2,727 2,529 115,549 152,854 101,991 6,531 1,257 378,182 139
合計 45 1,085 9,996 9,361 609,584 569,182 359,136 7,711 5,768 1,551,381 155

主要な都市及び町[編集]

順位 都市/町 人口
(2012年推計)[4]
1 カルムナイ アンパーラ県 106,783
2 トリンコマリー トリンコマリー県 99,135
3 バッティカロア バッティカロア県 92,332
4 カッタンクディ英語版 バッティカロア県 40,883
5 Eravur英語版 バッティカロア県 25,582
6 アンパーラ アンパーラ県 20,309

人口動態[編集]

2012年時点の東部州の人口は1,551,381人[2]。東部州はスリランカで最も多様な民族・宗教が混住している地域である。

東部州の人口動態は北部州と同じく、2009年まで続いた内戦により大きな影響を受けている。この内戦における死者は10万人に上ると推定されており[5]、また内戦期間を通じて、数十万から百万とも言われるタミル人が西側諸国などへ移住英語版した[6]。それ以外でも、多くのタミル人が比較的安全なコロンボへと移住している。タミル人以外の民族・宗教グループも同様にスリランカ各地へと逃れており、内戦の終結後はこうした避難民の多くが帰還している。

民族[編集]

バッティカロアのモスク
民族別の人口(1881年-2012年)[2][7][8][9][10]
タミル[11] ムスリム[12] シンハラ その他 合計
人口
人口  % 人口  % 人口  % 人口  %
1881年国勢調査 75,318 58.96% 43,001 33.66% 5,947 4.66% 3,489 2.73% 127,755
1891年国勢調査 86,701 58.41% 51,206 34.50% 7,508 5.06% 3,029 2.04% 148,444
1901年国勢調査 96,917 55.83% 62,448 35.97% 8,778 5.06% 5,459 3.14% 173,602
1911年国勢調査 101,181 55.08% 70,395 38.32% 6,909 3.76% 5,213 2.84% 183,698
1921年国勢調査 103,245 53.54% 75,992 39.41% 8,744 4.53% 4,840 2.51% 192,821
1946年国勢調査 136,059 48.75% 109,024 39.06% 23,456 8.40% 10,573 3.79% 279,112
1953年国勢調査 167,898 47.37% 135,322 38.18% 46,470 13.11% 4,720 1.33% 354,410
1963年国勢調査 246,059 45.03% 184,434 33.75% 108,636 19.88% 7,345 1.34% 546,474
1971年国勢調査 315,566 43.98% 247,178 34.45% 148,572 20.70% 6,255 0.87% 717,571
1981年国勢調査 410,156 42.06% 315,436 32.34% 243,701 24.99% 5,988 0.61% 975,251
2001年国勢調査[13] n/a n/a n/a n/a n/a n/a n/a n/a n/a
2007年推計 590,132 40.39% 549,857 37.64% 316,101 21.64% 4,849 0.33% 1,460,939
2012年国勢調査 617,295 39.79% 569,738 36.72% 359,136 23.15% 5,212 0.34% 1,551,381

宗教[編集]

宗教別の人口(1981年-2012年)[3][14]
イスラム教 ヒンドゥー教 仏教 キリスト教[15] その他 合計
人口
人口  % 人口  % 人口  % 人口  % 人口  %
1981年国勢調査 317,354 32.54% 372,464 38.19% 237,416 24.34% 47,112 4.83% 905 0.09% 975,251
2012年国勢調査 575,936 37.12% 539,570 34.78% 354,772 22.87% 80,801 5.21% 302 0.02% 1,551,381

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Department of Census & Statistics Statistical Abstract 2007 (Area & Climate)
  2. ^ a b c d e A2 : Population by ethnic group according to districts, 2012”. Department of Census & Statistics, Sri Lanka. 2013年2月21日閲覧。
  3. ^ a b A3 : Population by religion according to districts, 2012”. Department of Census & Statistics, Sri Lanka. 2013年2月21日閲覧。
  4. ^ Sri Lanka: largest cities and towns and statistics of their population”. World Gazetteer. 2012年6月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年4月21日閲覧。
  5. ^ Up to 100,000 killed in Sri Lanka's civil war: UN”. ABCニュース英語版 (2009年5月20日). 2013年1月16日閲覧。
  6. ^ Harrison, Frances (2003年7月23日). “Twenty years on - riots that led to war”. BBCニュース. http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/3090111.stm 
  7. ^ Special Enumeration 2007, Ampara”. Department of Census & Statistics, Sri Lanka. 2013年2月22日閲覧。
  8. ^ Special Enumeration 2007, Batticaloa”. Department of Census & Statistics, Sri Lanka. 2013年2月21日閲覧。
  9. ^ Special Enumeration 2007, Trincomalee”. Department of Census & Statistics, Sri Lanka. 2013年2月22日閲覧。
  10. ^ Demographic Changes by the LTTE Peace Secretariat, April 2008”. Sangam. 2013年2月22日閲覧。
  11. ^ スリランカ・タミル、インド・タミルを含む。
  12. ^ スリランカ・ムーア、スリランカ・マレーを含む。
  13. ^ 2001年の国勢調査は東部州では未実施。
  14. ^ Population by religion and district, Census 1981, 2001”. Statistics Statistical Abstract 2010. Department of Census & Statistics, Sri Lanka. 2013年2月21日閲覧。
  15. ^ カトリック、その他キリスト教を含む。

外部リンク[編集]