ウバ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Example.of.complex.text.rendering.svg この項目にはインド系文字が含まれています。環境によっては、フォントをインストールしていても、母音記号の位置が乱れたり結合文字が分かれたりします詳細
ウバ州
ඌව
ஊவா
Uva
—    —
ハプタレー-Beragala山道からの展望

ウバ州
座標: 北緯6度35分24秒 東経81度01分48秒 / 北緯6.59000度 東経81.03000度 / 6.59000; 81.03000
スリランカの旗 スリランカ
発足 1886年
憲法改正 1987年11月14日
州都 バドゥッラ
最大の都市 バドゥッラ
行政
 - 州知事 Nanda Mathew
 - 州首相 Shasheendra Kumara Rajapaksa
面積[1]
 - 計 8,500km2 (3,281.9mi2)
域内順位 4位(国土全体の12.92%)
人口 (2012年[2])
 - 計 1,259,419人
 - 順位 8位(総人口の6.2%)
 - 人口密度 148.2人/km² (383.8人/mi²)
域内総生産 (2010年)[3]
 - 合計 2,200億Rs
 - 順位 8位(全体の4.6%)
等時帯 スリランカ標準時 (UTC+5:30)
公用語 シンハラ語, タミル語
シンボル Gurulu raaja (Rhynchostylis retusa英語版)
ウェブサイト www.up.gov.lk

ウバ州シンハラ語: ඌවタミル語: ஊவா英語: Uva) は、スリランカのセイロン中央山脈東側に位置するシンハラ語の発音にあわせ、ウーワと表記することもある。標高1200m以上の地域は、高地高級茶であるウバ紅茶の産地として知られる。州都はバドゥッラ

地理[編集]

ウバ州はスリランカ中央高地の東側の地域に位置する。北から東にかけて東部州、北西で中部州、南西でサバラガムワ州、南で南部州と接する。

行政区画[編集]

ウバ州の行政区画

ウバ州は2つのから構成される[1]

主要な都市及び町[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Area of Sri Lanka by province and district (PDF)” (英語,シンハラ語,タミル語). スリランカ統計局 (2010年). 2013年2月6日閲覧。
  2. ^ POPULATION OF SRI LANKA BY DISTRICT (PDF)” (英語,シンハラ語,タミル語). Census of Population and Housing 2011. スリランカ統計局 (2012年4月20日). 2012年12月26日閲覧。
  3. ^ :.News Line : North, East record highest GDP growth rate

外部リンク[編集]