サバラガムワ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サバラガムワ州
සබරගමුව
சபரகமுவ
Sabaragamuwa
—    —
ジャングルの中を流れるケラニ川
州内を流れるケラニ川英語版

サバラガムワ州
座標: 北緯6度40分 東経80度24分 / 北緯6.667度 東経80.400度 / 6.667; 80.400
スリランカの旗 スリランカ
発足 1889年
憲法改正 1987年11月14日
州都 ラトゥナプラ
最大の都市 ラトゥナプラ
行政
 - 州知事 W. J. M. Lokubandara
 - 州首相 Maheepala Herath
面積[1]
 - 計 4,968km2 (1,918.2mi2)
域内順位 8位(国土全体の7.46%)
人口 (2012年[2])
 - 計 1,919,478人
 - 順位 5位(総人口の9.5%)
 - 人口密度 386.4人/km² (1,000.7人/mi²)
域内総生産 (2010年)[3]
 - 合計 3030億Rs
 - 順位 5位(全体の6.3%)
等時帯 スリランカ標準時 (UTC+5:30)
公用語 シンハラ語, タミル語
ウェブサイト www.sg.gov.lk

サバラガムワ州シンハラ語: සබරගමුවタミル語: சபரகமுவா மாகாணம்英語: Sabaragamuwa)は、スリランカの中央山脈南西側に位置する。スリランカの多数民族集団であるシンハラ人の居住地域のウダ・ラタ(高地)とパハタ・ラタ(低地)の中間部にあたり、文化も双方が混淆している。旧王国の周縁部にあたると同時に沿岸部からも比較的距離があり、西欧の植民地化の影響はイギリス統治1815年-1948年)以前はさほど大きくなかった。

地理[編集]

サバラガムワ州はスリランカの中央山脈南西側の内陸部に位置しており、西でコロンボ首都圏を擁する西部州、北で北西部州、北東で中部州、南東でウバ州、南で南部州と接する。

地勢は変化に富み、海抜100mから2000mに至る高度差がある。州都はラトゥナプラで、海岸沿いのコロンボから約100kmの位置にある。中央高地の山々が連なっているために、南西側にあたるサバラガムワは、南西モンスーンのヤラ期のうち5月~7月、北東モンスーンのマハ期のうち9~10月の年2度、大量の雨が降る。降雨に恵まれ、生業の基幹の米は二期作が基本で、換金作物として野菜を作る。植民地時代に導入されたゴムプランテーションは現在も継続しており現金収入になっている。ただし、茶園(エステート)で働くのは、19世紀半ばにイギリスが南インドから連れてきた人々で、インド・タミルと呼ばれて、シンハラ人や北東部に住むスリランカ・タミルとは別の民族集団を形成している。紅茶は現在も大きな産業である。中心となるラトゥナプラは、「宝石の町」の意味で、田畑から宝石の原石(ルビーサファイアトパーズガーネットなど)が産出するので、一攫千金を狙う人々が沢山入り込んで露天掘りを行っている。

王国時代は地主貴族のラダラが広大な土地を持つ地主として君臨していた。王国の消滅後の変革や、独立後の土地改革によって、土地は細分化されたが、現在でも旧地主は隠然たる勢力を持つ。世界初の女性首相となったシリマヴォ・バンダラナイケの実家は、貴族の血筋のサバラガムワの大地主、ラトワッタ家であり、政治運動では国民統一党 (UNP) の地盤である。

行政地区[編集]

サバラガムワ州は2つの県から構成される[1]

主要な都市及び町[編集]

文化[編集]

ラトゥナプラ北方にそびえるスリー・パーダ山(標高2238m)は、頂上に聖なる足跡(パーダ)があるとされる聖地で、仏教徒仏陀イスラーム教徒は人類始祖のアダムヒンドゥー教徒シヴァ神、キリスト教徒聖トーマスの残したものだと主張し、宗教を越えて人々の信仰を集めている山岳信仰の山である。特に、3月の満月の日は山麓から山頂まで数珠つなぎになるほどの巡礼が参拝に訪れる。英語ではアダムスピークと呼ばれ、マルコ・ポーロの『東方見聞録』やイブン・バットゥータの『三大陸周遊記』にも記録されている。山の別名はスマナ・クータ (Smanakuta) といい、山の神のサマン (Saman) がいるとしてあがめられている。もともとは、先住民ヴェッダ人の聖地であった可能性も高い。州名のサバラは狩猟民、ガムワは地域の意味で、森で狩猟を営む人々が居住していたことに由来し、狩猟採集民のヴェッダ人が多く住んでいたというが、現在ではほぼ姿を消している。

脚注[編集]

  1. ^ a b Area of Sri Lanka by province and district (PDF)” (英語,シンハラ語,タミル語). スリランカ統計局 (2010年). 2013年2月8日閲覧。
  2. ^ POPULATION OF SRI LANKA BY DISTRICT (PDF)” (英語,シンハラ語,タミル語). Census of Population and Housing 2011. スリランカ統計局 (2012年4月20日). 2012年12月26日閲覧。
  3. ^ :.News Line : North, East record highest GDP growth rate

参考文献[編集]

外部リンク[編集]