イギリス領マラヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
1909年〜1946年の英領マラヤ

イギリス領マラヤ: British Malaya)は、18世紀から20世紀にわたりマレー半島シンガポール島に存在したイギリス支配下の連邦。

日本軍政期[編集]

マラヤは1942年から1945年まで日本の占領下にあり、シンガポールは昭南島と改称された。日本の軍政下では当初、統治者である日本軍と被統治者である現地住民の間に意思疎通に困難が生じた。日本はこのころシャムの協力に報いてケダ州を譲渡した。日本のポツダム宣言受諾後、マラヤとシンガポールはイギリス軍政下におかれた。