キング・アブドゥルアズィーズ国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キング・アブドゥルアズィーズ国際空港
مطار الملك عبد العزيز الدولي
KAAirport-NT.JPG
Hajj Terminal
IATA: JEDICAO: OEJN
概要
空港種別 官民共用
運営者 General Authority of Civil Aviation
供給都市 ジッダ
拠点航空会社 サウジアラビア航空
標高 48 ft / 15 m
座標 北緯21度40分46秒 東経39度09分24秒 / 北緯21.67944度 東経39.15667度 / 21.67944; 39.15667座標: 北緯21度40分46秒 東経39度09分24秒 / 北緯21.67944度 東経39.15667度 / 21.67944; 39.15667
地図
JEDの位置
JED
空港の位置
滑走路
方向 全長 表面
ft m
16L/34R 13,124 4,000 舗装
16C/34C 10,825 3,299 舗装
16R/34L 12,467 3,800 舗装

キング・アブドゥルアズィーズ国際空港(アラビア語:مطار الملك عبد العزيز الدولي、英語:King Abdulaziz International Airport)とは、サウジアラビアジッダにある国際空港。サウジアラビアの初代国王アブドゥルアズィーズ・イブン=サウードにちなんで命名された。

概要[編集]

空港の建設は1974年に始まり、1980年に竣工した。1981年5月31日に開港している。既存ターミナルや滑走路の改修、および4つの新ターミナル・新滑走路・整備施設建設などを盛り込んだ新空港建設計画が持ち上がり、2006年秋に着工される。

ターミナル[編集]

ハッジ・ターミナル[編集]

ジッダは聖地マッカ(メッカ)の最寄の大都市であるため、この空港には世界の他の空港にはない特徴がある。ハッジ(メッカ巡礼)の時期にのみ供用され、メッカ行きのイスラム教徒の巡礼客のみを扱う「ハッジ・ターミナル」(第3ターミナル)の存在である。ハッジ・ターミナルを使う航空会社は専らイスラム教国の航空会社であり、エール・フランスワールド・エアウェイズ(アメリカ発)が数少ない例外である。

ハッジ・ターミナルはゴードン・バンシャフト設計で465,000平方メートルの広さがあり、全館面積570,000平方メートルに及ぶ。香港国際空港ターミナルが完成する前は世界第一位であった。ハッジ・ターミナルの敷地は100エーカー(405,000平方メートル)もの広さがあり、その上にテント状の構造を持つ屋根群がかかっている。この屋根は通常のテント地ではなく、白色のガラス繊維の布でできている。ハッジ・ターミナル内にはモスクもあり、またターミナルは同時に8万人の旅客が使用する能力がある。

南北ターミナル[編集]

北ターミナルは世界各国の航空会社が使用し、南ターミナルはサウジアラビア航空の専用である。サウジアラビア航空はジッダを拠点としているため、同社の国内・国際便の相当数がここキング・アブドゥルアズィーズ国際空港の南ターミナルから各地に向けて発着している。

利用状況[編集]

キング・アブドゥルアズィーズ国際空港利用状況
旅客数 離発着回数
1999 10,149,000 73,747
2000 10,465,000 72,702
2001 10,237,000 70,232
2002 10,849,000 70,932
2003 11,248,000 72,384

就航路線[編集]