アブダビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アブダビ首長国
أبو ظبي
アラブ首長国連邦の旗
Abu Dhabi from Space-ISS006-E-32079-March 2003.JPG
アブダビの衛星写真
アブダビ首長国の国旗
国旗
位置
アブダビ首長国の位置の位置図
アブダビ首長国の位置
歴史
旧名
創設者
行政
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
 首長国 アブダビ首長国
 首都 アブダビ市
 最大都市 アブダビ市
首長名 ハリーファ・ビン=ザーイド・アール=ナヒヤーン
地理
面積  
  市域 67.34 km²  (26.00 mi²
    陸上
    水面    km²
      水面面積比率
標高
人口動態
人口 (2008年現在)
  市域 1967,659 人
    人口密度   29219.7 人/km²
  備考
民族
 
 
 
 
言語
 
 
 
 
その他
等時帯
  夏時間
ISO 3166-2
公式ウェブサイト:
アラブ首長国連邦の各首長国

アブダビ英語: Abu Dhabi, アラビア語: أبو ظبي‎; abū ẓabī; アブー・ザビー)は、アラビア半島アラビア湾岸に位置する、アラブ首長国連邦を構成する首長国。アラブ首長国連邦の連邦首都を兼ねる同名の都市(アブダビ市)もこの首長国内にある。

概要[編集]

アブダビ首長国はアラブ首長国連邦を構成する首長国。アラビア湾に突き出たT字型の半島部を中心とした地形で、アラブ首長国連邦の中でも最大の面積人口、収入を持つ。特に面積6.7万km²は連邦全体の8.3万km²の大半(約80%)に及び、広大な国土に埋蔵された豊富な石油資源によって連邦の政治、経済を支える事実上のリーダー国である。アラブ首長国連邦のGDPの15%を産し、アブダビ証券取引所アラブ首長国連邦中央銀行アブダビ投資庁、大手通信会社のエティサラート、国営石油会社のADNOC、アブダビ海上操業会社(ADMA-OPCO)などもここにある。アラブ首長国連邦の大統領1971年の連邦結成以来、アブダビ首長のザーイドハリーファの父子が一貫して務めており、今後もアブダビ首長国が大統領を輩出すると予測される。

首都アブダビ市[編集]

アラビアオリックス

古くはmilhと呼ばれていた。アラビア語で「塩」を意味し、海水から来ていると推定される。アブダビの名は300年以上の歴史があり、その由来は諸説あるが、この地にはカモシカの仲間であるオリックスが多くdhabiという。アブダビは当初、Dhu Dhabiと呼ばれていたが、それは「カモシカを飼う者」という意味で、Abuはお父さんという意味である。

歴史[編集]

アブダビには3世紀より遊牧民や漁民が居たと思われている。現在のアブダビは、18世紀にバニー=ヤース部族に属するナヒヤーン家(ヌハイヤーン家)が建設した首長国で、19世紀には同じバニー=ヤース部族から分かれたマクトゥーム家ドバイへ渡ってドバイ首長国を建てた。その後、他の首長国と同様にイギリス保護国となった。20世紀初頭まで、内陸部のオアシスラクダの飼育やナツメヤシ(デーツ)の栽培を行い、夏季には海岸部で漁業や真珠の採取くらいしか産業はなかった。この時代までは住居の多くはヤシの葉や泥で作られていた。

1958年に石油が発見される。しかし、その収入はまだ微々たるもので、アブダビで舗装道路ができたのも1961年であった。また石油収入の永続性の懸念から慎重な運用が続いてきたが、ザーイド・ビン=スルターン・アール=ナヒヤーンの治世になると、石油収入の活発な投資が起こった。1971年にイギリスが撤退、独立を果たすと、同時に独立した周辺の首長国とともにアラブ首長国連邦を結成した。

地形[編集]

アラビア半島のアラビア湾に面した北東部に位置する。250mほどの水路で離れた島々が中心部で、郊外の内陸部とは橋で結ばれている。また幾つかは今も建設中である。

気候[編集]

砂漠気候で、1年を通じて晴天である。6月から9月は平均最高気温が35℃を上回る。この期間は砂嵐にも度々見舞われる。海に面するため湿度が高い。

人口構成[編集]

2001年の調査では、人口の25%がアラブ首長国連邦の国籍を有している。その他の住民は外国人で、主な出身国は、インドパキスタンエリトリアソマリアバングラデシュスリランカフィリピンイギリスなどとなっている。そのため、英語ヒンディー語タガログ語ティグリニャ語アムハラ語ベンガル語ウルドゥー語などが広く話されている。

経済[編集]

2007年のアブダビのGDPは1089億ドル(約10兆円)である。茨城県の県内総生産(約10.9兆円)とほぼ同規模である。

環境対策[編集]

一歩としてマスダール・シティがつくられた。

スポーツ[編集]

モータースポーツ[編集]

2009年より、F1世界選手権アブダビGP」(ヤス・マリーナ・サーキット)が開催される(2009年10月30日~11月1日)。また、2007年にF1開催に向けたイベント・F1フェスティバルが開催された。

アブダビコンバット[編集]

寝技世界一選手権の意味合いを持つ格闘技大会。当初はアブダビ国内でのみ行われていたが、現在は格闘技の盛んな世界の国を大会毎に廻りながら開催されている。

交通[編集]

再開発[編集]

サディヤット島完成模型
  • サディヤット島: アブダビの500m沖合いの島で大規模再開発が行われている。完成時にはリゾートだけでなくニューヨーク大学グッゲンハイム美術館もできる。
  • アブダビ首都地区(Abu Dhabi Capital district): アブダビ中心部から南に7kmの内陸部に建設中の新都市で、アラブ首長国連邦の連邦政府機関やアブダビ首長国の行政機関が移転する計画都市。中心部からは地下鉄が、その他の地区とは高速鉄道で結ばれる予定。37万人の住宅も含めて2030年に完成予定。

ドバイほどではないが、高層ビルの建設も目白押しで、スカイ・タワー(389m)、セントラル・マーケット・レジデンシャル・タワー(374m)などが建設中である。

観光[編集]

アブダビは特徴ある建造物で有名である。

アブダビ市[編集]

アブダビ市
أبو ظبي
AbuDhabi02.JPG
アブダビの風景
位置
アブダビの地図の位置図
アブダビの地図
座標 : 北緯24度28分 東経54度22分 / 北緯24.467度 東経54.367度 / 24.467; 54.367
行政
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
 首長国 アブダビ首長国
 市 アブダビ市
人口
人口 (2013年現在)
  市域 921,000人
その他
等時帯 UTC+4 (UTC+4
夏時間 なし

アブダビ市アラビア語: أبو ظبي‎)は、アブダビ首長国の首都であり、アラブ首長国連邦の首都。ドバイに次ぎ、同国第2の人口を有する。

アブダビを首都として定めている現行の連邦憲法は、制定時は暫定憲法という位置付けだったため、アブダビも形式的には暫定首都という地位にあった。1996年にその暫定憲法が正式に連邦の恒久的な憲法として制定されたため、それに伴いアブダビも名実共に連邦の正式な首都としての地位を得た。

姉妹都市[編集]

アブダビ市のパノラマ[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

公式
観光
その他