国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国際空港(こくさいくうこう、: International airport)は、国際航空路線に対する設備が整っている空港で、通常の空港設備以外にCIQ税関出入国管理検疫)に関する設備が必要となる。

ただし、国際航空路線が就航している(CIQ設備がある)空港すべてが「○○国際空港」という名称であるわけではない。例えば、ロンドン・ヒースロー空港の正式名称は、London Heathrow Airportであり、空港名に国際(International)の文字は含まれていない。大阪国際空港関西国際空港の開港により名称はそのままに国際航空路線が全廃された。

日本ではもともと「○○国際空港」と称する空港は空港整備法(空港法の旧称)において定義する「第一種空港」に指定されていた。しかし、1980年代頃から第一種空港以外の空港での国際航空路線の就航が相次いだ。そのため、国際航空路線が就航している空港のすべてに国際空港の名称が使用されているわけではない状況となっている。

日本における国際空港[編集]

日本では、かつての空港整備法において「第一種空港」に指定された空港(東京国際空港(羽田)・成田国際空港(成田)・大阪国際空港(伊丹)・関西国際空港(関空)・中部国際空港(セントレア))を国際空港としてきた。いずれも正式名称の中に「国際空港」の名が入っている。このうち羽田と伊丹はかつては国際線路線が多く就航されていたが、国内線および国際線の需要の逼迫により、羽田発着便は成田開港時に大半の路線が成田に移った(ただし近年では羽田空港の再拡張により、羽田発着の国際線が増加している)。また、伊丹発着便は関空開港により完全に関空発着に切り替わった。ただ、東京・大阪へのアクセスの利便性から、要人が乗る飛行機の発着はもっぱら羽田や伊丹が使用されている。

以上の理由から、現在名実ともに国際空港といえるのは、成田空港・羽田空港・中部空港・関西空港の4つであり、この4つの空港だけで毎年5千万人以上もの国際線の乗客が乗降している。

現在の空港法(2008年6月18日空港整備法から改称)では、第4条で「国際航空輸送網又は国内航空輸送網の拠点となる空港」として、成田国際空港・東京国際空港・中部国際空港・関西国際空港・大阪国際空港の5つが指定されている(大阪国際空港は空港法改称時点では外されていたが、関西国際空港との一元管理化により追記された)。

空港名 所在地 種別
成田国際空港(成田空港) 千葉県成田市山武郡芝山町香取郡多古町 会社管理空港
東京国際空港(羽田空港) 東京都大田区 国管理空港
中部国際空港(中部空港・セントレア) 愛知県常滑市 会社管理空港
関西国際空港(関西空港・関空) 大阪府泉佐野市泉南郡田尻町泉南市 会社管理空港
大阪国際空港(伊丹空港) 兵庫県伊丹市大阪府豊中市池田市 会社管理空港

国際定期便が就航する日本の地方空港[編集]

2014年現在、日本では名称に国際空港が付かない空港の国際定期便はほとんど東アジア地域への便である。その中でもソウル仁川国際空港)との便が突出して多い。これは日本への就航都市数が最多である韓国アシアナ航空の影響が大きい。また、地方空港の中では、福岡空港が就航数では抜きん出ている。

空港名 都市数 国際線就航先
旭川空港 1+1 ソウル(夏期運航)、台北
新千歳空港 10 ソウル、釜山北京上海、台北、香港バンコクユジノサハリンスクグアムホノルル
函館空港 1 台北
青森空港 1 ソウル
秋田空港 1 ソウル
仙台空港 6 ソウル、北京、上海、台北、グアム、ホノルル
茨城空港 1 上海
新潟空港 4 ソウル、上海、ハルビン、グアム
富山空港 4 ソウル、上海、大連、台北
小松空港 3 ソウル、上海、台北
静岡空港 4 ソウル、上海、武漢、台北
米子空港 1 ソウル
岡山空港 4 ソウル、上海、台北、グアム
広島空港 7 ソウル、北京、上海、大連、成都、台北、グアム
高松空港 3 ソウル、上海、台北
松山空港 2 ソウル、上海
福岡空港 20 ソウル、釜山、済州、北京、上海、大連、広州瀋陽青島、武漢、台北、香港、マニラ、バンコク、ホーチミンハノイシンガポールアムステルダム、グアム、ホノルル
佐賀空港 2 ソウル、上海
長崎空港 2 ソウル、上海
大分空港 1 ソウル
熊本空港 1 ソウル
宮崎空港 2 ソウル、台北
鹿児島空港 4 ソウル、上海、台北、香港
那覇空港 7 ソウル、釜山、北京、上海、台北、台中、香港

関連項目[編集]