過剰予約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

過剰予約(かじょうよやく)とは、用意できる最大数を超えて予約を受け付けることである。

ダブルブッキング(double booking)、オーバーブッキング(Overbooking)とも呼ばれる。

意図的な過剰予約[編集]

交通機関[編集]

航空鉄道船舶業界では、航空機列車、船舶に実際に乗せることができる数を超える乗客の予約を受け付けることがある。これにより、たとえ乗客が乗り遅れたり、実際にやってこなかったりした場合でも、多くの便を満席に近い状態で運行することができる。ビジネス客は、会議が予定より延びたというような理由で、しばしば直前にキャンセルすることがある。予約した客が全員やってきた場合、少なくとも航空機では過剰販売となる。航空会社は、席を譲ってくれる人を募るか特定の乗客の搭乗を断って、振替便の手配[1]または席のアップグレードを提供する。ボーナスマイレージの付与や金銭補償を行うこともある。搭乗を断る客にこのような特典を提供したとしても、飛行機の座席数ちょうどの予約に制限して多くの便を空席がある状態で運航するよりは、収入を増やすことができる。

ジェットブルー航空イージージェットライアンエアーなどいくつかの航空会社では、ポリシーとして過剰予約を受け付けず、顧客の失望を避ける方針を取っている。これらの航空会社では、乗り遅れた場合に払い戻しや便の変更ができない航空券を販売しており、そのため乗客はほぼ確実に現れるという点もある。航空会社によっては、既に満席になっている飛行機に割り込んで搭乗させる特権をマイレージサービスで特定の顧客に与えている場合があり、その場合他の乗客が搭乗できなくなる。エコノミークラスでのみ過剰予約を受け付けて、より上級のクラスでは受け付けないこともある。これにより、使われなかった上級クラスの席に一部の乗客をアップグレードすることが可能になる。

欧州連合では、ヨーロッパ委員会規制261/2004(European Commission Regulation 261/2004)により、過剰予約で搭乗できなかった乗客への補償の必要について定めている。

インド格安航空会社エア・デカン(Air Deccan)は恒常的に過剰予約をしており、たとえ時刻に間に合っていても、前から来た順に乗せて満席になった以降の乗客は乗り遅れたとみなして、搭乗を拒否していると言われている[2]

その他の施設など[編集]

ホテルでも、航空会社と同じようなやり方で過剰予約を受け付けている。

通信分野では、電話会社が所有している通信設備よりも多くの電話回線を顧客に提供することがある。多くの顧客が同時に電話を使おうとすれば輻輳が起きるが、実際には同時に多数の顧客が電話を使うことはまず考えられないため、問題が起きることは少ない。通信ネットワークにおいて帯域を予約しておくことはとても高く付くため、このようにすることで顧客にとっても安いコストを享受することができる。

過失としての過剰予約[編集]

意図的なものではなく、予約受付上のヒューマンエラーや予約システムのコンピュータのエラーによる過剰予約もある。

交通機関においては、同一の日・便・区間の同一座席のチケットを2人以上に販売してしまうことがある。このような事態に備えて、調整席または予備席と呼ばれる販売しない席が設定されている場合がある。

過剰予約の例[編集]

マスメディアで取り上げられた過剰予約の例としては以下のものがある。

脚注[編集]

  1. ^ 後続便の無料航空券を用意する事がほとんどであるが、それが不可能な場合は航空会社側の有責事項であるゆえに、他社便への斡旋や宿泊も含めた代替旅程の手配も行うことがある。
  2. ^ Air Deccan taking people for ride

関連項目[編集]