機内誌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本航空グループの機内誌「SKYWARD」(下)と「CORALWAY」

機内誌 (きないし)は、旅客機の乗客のために航空会社が機内に搭載し、無料で配布する雑誌フリーペーパーの一種)のこと。

概要[編集]

1936年にパン・アメリカン航空ユナイテッド航空が各社に提供、1947年にユナイテッド航空が独自の「Mainliner Traveler」を始める[1]。現在では格安航空会社を含む多くの航空会社が搭載している[2]。その多くが月刊で、自社便が就航する都市やその周辺の観光地や文化の紹介などがその内容の多くを占め、新規に導入された機内サービスの案内や空港の案内、自社の路線図が掲載されていることも多い[3][4]

また、免税品などの機内販売の紹介が併記されていることも多かったが[5]、近年になって航空会社が機内販売を大きな収益源と考えるようになってから販売される品目が増えたため、機内販売の専用冊子が作られるケースも多くなった[6]。同じく、機内エンターテインメントの充実とともに、機内音楽チャンネルや個人用テレビのプログラムを別冊子にするケースも多い。

なお日本では、日本航空が、現在の『SKYWARD』の前身となる 『Jet Travel』を1961年に国内線に搭載したのが始まりである(1976年には国際線版の『Garden Jet』も創刊され、その後両誌は1979年に『winds』に統一された)[7]

日本の鉄道事業者でも、特急列車に車内誌(東日本旅客鉄道(JR東日本)の『トランヴェール』や九州旅客鉄道(JR九州)の『Please』、北海道旅客鉄道(JR北海道)の『The JR Hokkaido』など)を置くケースがある[8]

使用言語[編集]

大抵の場合自国語と英語が併記され、その他の主な就航地の言語を併記する場合もある[9]。また、エールフランスデルタ航空[10]ユナイテッド航空ニュージーランド航空など、日本路線を重要視している航空会社の場合、日本語専用の機内誌を別に作る航空会社も多い。なお、このような場合は季刊であるケースが多い。

主な機内誌[編集]

(日本語版・日本語が併記されているもの)

日系航空会社

日系以外の航空会社

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中村浩美『読んで愉しい旅客機の旅』光文社
  2. ^ 「Can't Get Enough of Travel 3Sixty!」By Ahsan Imaduddin on Sep 26, 2008
  3. ^ 『スカイワード』2010年7月号、5月号
  4. ^ American Way
  5. ^ 『ウィンズ』1979年8月号、1983年10月号
  6. ^ 「JALSHOP」2010年1-2月号
  7. ^ 「経済広報」2008年10月号
  8. ^ 『トランヴェール』JR東日本
  9. ^ 『地球の歩き方』大韓航空
  10. ^ 『スカイマガジン』
  11. ^ JALブランドコミュニケーション
  12. ^ 『地球の歩き方』大韓航空

外部リンク[編集]