安全のしおり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フォッカー 100搭載用「安全のしおり」(ゲルマニア航空)

安全のしおり(あんぜんの-、英語:Aircraft safety card)とは、旅客機に搭載されている、緊急時対応や禁止事項、離着陸時の注意などを記載したパンフレットである。

概要[編集]

通常は旅客機の座席のポケットに用意されており(格安航空会社の中には座席の前に安全のしおりの内容が書かれたシールが貼付されているものもある。)、緊急時対応及び禁止事項などを記載している。機種ごとに制作されている。機種によって避難経路やドアの開け方、酸素マスクの使用方法などが異なることから、出発前にはすべての乗客が、客室乗務員による緊急時対応の案内や安全ビデオとともに目を通すことが求められている。

殆どの航空会社においては、自国語と英語の併記がされている(英語では「Safety Instructions」や「Aircraft safety card」と呼ばれる)ほか、スペイン語フランス語日本語ドイツ語などの主要言語による記載がされている場合もある。また、日本航空ブリティッシュエアウェイズアメリカン航空などの大手航空会社を中心に、点字版も用意している航空会社も多い。なお、緊急時に安易に理解できることと、外国語が理解できない乗客も理解できるように、絵や写真が多用されている。

なお、日本をはじめとする先進国においては、全ての旅客機(貨物機の荷主などが搭乗する座席部分[1]政府専用機[2]も含む)に常時最大乗客数分を用意するように義務付けられている。このために、国内外のほぼすべての航空会社においては、機内から持ち出すことが禁止されているが、機材引退や内容の改訂等に伴い不用品として放出されたものが旅客機マニアの間で取引されており、専門のコレクターも存在している。

機内安全ビデオ[編集]

また、紙の安全のしおりと併用して、離陸直前に機内安全ビデオの上映または客室乗務員による機内安全に関する口頭説明・実演が行われる(後者はビデオ上映設備を搭載しない小型機や格安航空会社等で行われている。)。内容は安全のしおりとほぼ同じで、ビデオ方式の場合は普通、自国語と英語で説明が行われ、放送言語がわからなくても映像を見ただけで内容が理解できるようになっている。

機内安全ビデオの場合、航空機の機種ごとに非常口の位置や数などが異なるため、機種ごとに制作されることが多い(例外として、日本航空はビデオ方式を採用する全機種で同一の映像を放送する(ただし国内線と国際線では異なる)。たとえば、非常口は「安全のしおり」で確認できると説明している。)。

主な記載内容[編集]

  • 離着陸時の注意
  • 機内における禁止事項
  • その他注意事項

脚注[編集]

  1. ^ エアカーゴ調査隊 第9回 貨物機からの脱出 (PDF)”. 阿施光南・日本貨物航空. 2013年5月6日閲覧。
  2. ^ 政府専用機に乗りました: SKY MONOLOGUE (ジャーナリスト・坪田敦史によるブログ記事)”. 2013年5月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]