ファーストクラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャセイパシフィック航空のファーストクラス

ファーストクラス(First Class)は旅客機の最上級客席のことである。

概要[編集]

由来[編集]

タスマニアン・エンパイア航空のショート ソレント飛行艇の機内(1940年代

多くの航空用語の例と同じく、元は客船で使われていた用語で、同じく最上級客室のことを指していた。各国の鉄道においても、ファーストクラスカー(First Class Car/一等車)、セカンドクラスカー(Second Class Car/二等車)、サードクラスカー(Third Class Car/三等車)と分けられていた。日本の旧国鉄(現JRグループ)では、1960年まで3等級制、その後1969年まで2等級制を採っていた。現在、主要な国の鉄道では、2等級制が多い。なお、客船では沈没など万一の非常事態発生の際、ファーストクラスの乗客が優先して救助される権利を有していた。[要出典]航空においては、1920年代以降に旅客機による旅行が本格化し、旅客機の収容人数が増えて機内客室がクラス分けされた際に、この名がつけられた。基本的により広い床占有面積を持つシートの提供と、より充実したサービスの提供が行われる。

1950年代前後からのダグラスDC-4Bやブリストル・ブリタニアなどの近代的大型機材の本格導入により、搭乗客数が30人以上となった。これに伴って、ファーストクラスに代表される航空機における複数の座席クラスの提供が本格化した。

また、1940年代までのように単一クラスの提供であった時代は、短距離ならば現在におけるビジネスクラスと同じレベルのサービスと食事が、遠距離ならば、当時航空運賃が非常に高いことも相まって現在のファーストクラスとほぼ同じレベルのサービスが提供されていた。

変遷[編集]

以前は、機内に専用のラウンジを設けたりする一方、座席そのものはエコノミークラスを単に大型化しフットレストを追加した程度のものであった。時代が下るにつれ、座席のリクライニング角度をより深く、占有スペースの大型化やシートピッチの拡大も進められた。1996年には全日本空輸エールフランス航空が床面に対して完全に平行になるフルフラットシートを登場させ、間もなくブリティッシュ・エアウェイズにより隣席の無いソロ配置のシートが導入された。近年では更に天井までの仕切りと扉を備えた個室型の座席の導入も進んでいる。

近年では、競争激化と技術の更新を背景に、競合の多い路線では頻繁に新型座席に更新されており、ほぼ5年-10年程度で新型座席に変更されている。

また近年では、ビジネスクラスの競争によるハード・ソフト両面のサービスの向上と、顧客企業の出張コスト削減によるファーストクラスの利用客の減少などにより、ビジネスクラスのサービスの向上と同時にファーストクラスを廃止したり、設定路線を縮小する航空会社も増えている。また、ヴァージン・アトランティック航空のように、「ファーストクラス並みのサービス内容を持つビジネスクラスを提供する」という主張から、はじめからファーストクラスを設定しない航空会社もある。

また、ビジネスクラスやエコノミークラス普通運賃を頻繁に利用する収益性が高い乗客に対しては、マイレージサービスの特典などとして、ファーストクラスの座席を提供する航空会社もある。

域内国際線や国内線の場合[編集]

ヴァージン・アメリカ航空の国内線機材のファーストクラス

区域内の短距離国際線や国内線の上級客室を「ファーストクラス」という名称で提供している航空会社も多いが、飛行時間が短い事から、シートの大きさやサービス内容が中長距離国際線のビジネスクラスと同程度という場合も多い。

例として、ヴァージン・アトランティック航空系列のヴァージン・アメリカも、アメリカ国内線に(親会社の長距離国際線では設置していない)ファーストクラスを設定しており、無料の機内食や130センチを超える前後幅の本革シート、無償の預かり手荷物などのサービスを提供しているが、この座席間隔の数値は親会社のビジネスクラス「アッパークラス」の中距離線のそれに近い。

一方の欧州では域内短距離国際線や国内線でも上級客室が「ファーストクラス」でなく「ビジネスクラス」としている場合が多い。また、この場合「ビジネスクラス」の座席はエコノミークラスのそれと比べて座席間隔が広い程度の違いしかなく、更に3列座席の真ん中の座席を封鎖することで2列座席として使用するなど、座席の機能を利用して簡易的な差異に留める場合が殆どである。

日本において、日本航空が日本国内の4路線に導入している「国内線ファーストクラス」は、日本航空の国内線クラスの3クラスで最上級である。専用カウンターや専用保安検査場、ラウンジや預かり手荷物の重量制限の割増、有名レストランや料亭と提携した機内食が提供されるほか、日本の航空会社の国内線として最大の130センチを超える前後幅を持つ本革シートを装備している。2011年よりJRで採用が始まっている「グランクラス」においても、類似したコンセプトの大型シートが導入されている。いずれも、国内線の従来の上級シート(スーパーシートやグリーン車など)より優れるものの、やはり国際線で言えば米国国内線などと同じく中短距離用ビジネスクラスの座席に近いものである。なお、かつてのスーパーシートでは、座席の予約コードが「F」となっている場合があり、旧日本エアシステムが合併まで導入していた3クラス制でも、スーパーシートが最上級客室として扱われていた。

パーソナルTVは、短距離路線では設置していない会社が多い。ただし鉄道の寝台車においては、A寝台個室以上のグレードで部屋用TVを設置しているものがほとんどである。

なお、ANA・JAL共1日1往復が就航している、成田~伊丹線の国際線大型機材使用便においては、ANAはファーストクラス席のみプレミアムクラスとして提供する。一方JALはファースト・ビジネス共に国内線第二クラスのクラスJとして提供しており、「ファーストクラス」は設置されていない。

運賃・利用客層[編集]

主に国際線の旅客機に設定されており、基本的に、日本東南アジア往復で30万 - 100万円、ヨーロッパ、北部アフリカ方面あるいは北米往復で100万円 - 200万円前後、南米や南部アフリカ方面往復で120万円~350万円前後と、エコノミークラスの数倍から20倍程度、ビジネスクラスの2倍から5倍程度の運賃を徴収する[1]

日本での利用客層は皇后以外の皇族[2]閣僚国会議員、大手企業の役員、会社経営者、宗教指導者、芸能人と言った人々が大半であり、欧米諸国であれば「ジェット族」と呼ばれ、自家用機や社用機も保有するセレブリティが主である。

基本サービス[編集]

(航空会社、路線により異なる)

地上[編集]

ブリティッシュエアウェイズのファーストクラスラウンジ(ヒースロー国際空港
ルフトハンザドイツ航空のファーストクラスラウンジ内のバスルーム(フランクフルト国際空港
  • マイレージポイントの割増
  • 空港からホテルなどへの無料送迎
    • 多くの航空会社は、空港と都心部の間のハイヤーによる無償送迎を提供している。
  • 事前の座席指定
  • 専用チェックインカウンターの使用
  • 専用出入国審査場あるいは優先通関レーンの使用
  • チェックインカウンター手続時間締切の優遇
  • 受託手荷物の重量制限緩和
  • 到着時に優先で受託手荷物を受け取れる荷札
  • 出発地・到着地空港の専用ラウンジの使用
    • 原則的にラウンジ内部では飲食無料の場合がほとんど。ファーストクラス専用ターミナルビルを用意するケースも。ルフトハンザ航空ファーストクラス専用ターミナルビル、カタール航空プレミアム・ターミナル等
  • 専用ラウンジ内のビジネスセンターやバスルームの無償提供。
  • 機内への最優先搭乗および到着地での最優先降機
  • 到着時のゲートまでのカートによる出迎え

航空会社によって多種多様なサービスが用意されるが、空港内での待ち時間を充実、もしくは短縮するサービスを提供する航空会社が多い。

機内[編集]

ビジネスクラス利用の顧客に対する優遇サービス的な側面も持つため、ビジネスクラスのサービスの個々の質を更に上げたものを提供しているケースが多い。

  • 機体前部に設けられた専用コンパートメント
  • 150-210センチのピッチを持ち、床に対し水平(フルフラット)になる専用リクライニングシート
  • 羽毛布団や座席の凹凸を少なくする就寝用のシーツ、ナイトガウンの貸与
  • 有名化粧品ブランドの特別に選ばれたアメニティセット
  • 15-23インチのサイズを持つパーソナルTV、内部プログラムのうち、映画や音楽は好きな時間に進めたり巻き戻しも可能
  • 専門の訓練を受けた客室乗務員によるサービス(客室乗務員1人当たりの乗客担当人数の数が少ない)
  • ア・ラ・カルトで選べる機内食。高級ワインやシャンパンなどのアルコール飲料の提供。一部の航空会社では数十種類のラインナップがある専用のメニューから好きな物を事前にリクエスト出来るケースも有る。
    • 機内食は料理協会や高級ホテルの料理人を監修として招いている事が多い。
    • 日米などの国内線では、普通席並びに中間クラスでは提供されない、機内食ならびにシャンパンなどのアルコール飲料が無料で提供される。
  • 専用の機内トイレ。エミレーツ航空のA380型機には専用の機内トイレ内に専用のシャワーブースが有る。
  • シートピッチ、モニターの一例

日本航空やカタール航空、エールフランスなどのファーストクラスは、シートと通路の間に胸の高さ程度の仕切りがあり「ソロ仕様」と呼ばれる。また、エミレーツ航空のエアバスA340-500型機、B777型機、A380型機や、シンガポール航空のA380型機などの一部の航空会社のファーストクラスは、シートと通路の間に扉と身長程度の仕切りがあり、個室に近い空間である。

ファーストクラスを設定している主な航空会社[編集]

(路線によっては設定していない)

アジア
中近東
アフリカ
ヨーロッパ
アメリカ
南アメリカ
オセアニア

出典[編集]

  1. ^ なお、域内国際線や国内線のファーストクラスの運賃は、数千円程度から数万円程度の追加料金で使用できるものも多い。
  2. ^ なお、天皇・皇后や、内閣総理大臣日本国政府専用機を主に利用する。
  3. ^ 地球の歩き方
  4. ^ 地球の歩き方
  5. ^ 地球の歩き方
  6. ^ シンガポール航空
  7. ^ 地球の歩き方
  8. ^ 日本航空プレスリリース

関連項目[編集]