ダイバート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダイバート(英語:divert)とは、航空機の運航において、当初の目的地以外の空港などに着陸すること。ダイバージョン (diversion) ・代替着陸目的地外着陸とも呼ばれる。旅行業界では内部文書において慣例的に"div out"と表記することもあるが、これは本来とは違う目的地へ向かうという意味から原語を"dive out"と勘違いしたための用法であり、厳密には誤り。

概要[編集]

東北地方太平洋沖地震の影響で成田国際空港が閉鎖されたため、横田基地にダイバートしたアメリカ航空会社旅客機2011年3月11日

ダイバートが発生する理由として主なものを下記に列挙する。

  • 目的地の空港において、主に視程不良・横風制限など最低気象条件を下回ったことにより着陸ができない場合。
  • 目的地空港の滑走路が何らかの理由で閉鎖されている場合。
  • 何らかの理由により搭載燃料が不足し、目的地にたどり着けない場合。
  • 機内で急病人などの発生、機体異常の発生などで緊急に最寄空港に着陸する必要がある場合。
  • 目的地空港の運用時間が終了している場合。

離陸直後に機体や機内に異常が発生した場合では、出発空港に引き返す場合もある。

代わりの着陸先としては、民間機の場合は他の空港へ、軍用機の場合は最寄の軍事基地が多いが、場合によっては軍用機が一般の空港(米軍・自衛隊などの何かしらの施設がある空港への着陸が一般的)へ、民間機が軍事基地(日本ではアメリカ軍横田基地嘉手納基地など。この場合は一切降機できず、再出発を待つ)に着陸する場合もある。

国内では東京国際空港発着便が成田国際空港に着陸する例や神戸空港発着便が関西国際空港大阪国際空港に着陸する例など、国際線では主に大韓民国行きの飛行機が事情で着陸できない場合などに福岡空港へダイバートする例などがある。

対応[編集]

事前にダイバートの可能性があることを承諾の上で出発(条件付出発、主に目的地の気象の状況が悪い場合)した場合を除いて、航空会社の費用負担で旅客を目的地まで送り届ける。

  • 国際線では通常、目的地の滑走路再開を待って改めて目的地まで飛行する。当日中に再出発が困難な場合は宿泊場所の手配を行う。
  • 国内線では運航打切りとして、バス・タクシー・列車などにより目的地に代替輸送を行う。
  • 離陸後に機体の異常が発生して出発空港に引き返した場合は、別の機体で目的地に向かうケースが多い。

目的地空港の雲底が低くダイバートの可能性があるとき、航空会社は運航乗務員をより上位のILSカテゴリー資格を持つ者に代えることがある。

その他[編集]

機内での飲酒の上での暴力携帯電話使用、喫煙行為などの違法行為によるダイバート発生事例もあり、この場合、着陸地での当局による拘束や法的処分が行われるほか、当該行為者に費用請求する法的検討も航空会社では進んでいる。

関連項目[編集]