スカイマーシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スカイマーシャルとは、旅客機搭乗し、ハイジャック等の犯罪に対処する武装警察官のこと。国や組織によって様々な名称で呼ばれている。

歴史[編集]

ハイジャック防止を目的とした武装警備員搭乗の制度は、1970年代から世界のいくつかの航空会社で行われてきた。イスラエル発の主要な国際便・国内便には、早くから武装したスカイマーシャルが搭乗していた。

アメリカでは、1968年連邦航空局傘下に、航空関係者のボランティア活動によるスカイマーシャルプログラムが誕生したが、21世紀に入るまでは概して活動は低調で、ハイジャック事件が多発するたびに関連する官庁が制度を復活させるものの、数年後には中止・縮小されることが繰り返されてきた。

しかし、2001年に発生した9.11同時多発テロ以降は、航空機テロの危険性に対応するため、国土安全保障省2003年設立)の連邦航空保安局が、米国内のスカイマーシャル任務を本格的に担当することになった。

また同年、米国内に着陸(もしくは領空内を通過)する旅客機を運航する各国航空会社に対して、出発地から武装警備員を搭乗させるようアメリカ政府が要請したことから、多くの国でスカイマーシャルの制度が創設されることになった。

日本のスカイマーシャル[編集]

経緯[編集]

日本でのスカイマーシャルは、2002年日韓サッカーワールドカップ開催時に、航空機テロ予防・フーリガン騒乱時の対策として、大会期間中の日韓便および試合開催地への国内便に、武装私服警官が警乗したのが始まりである。このときは臨時的な対応であり、ワールドカップの無事の閉幕とともにスカイマーシャルは終了している。

2003年のアメリカの武装警備員添乗要請を受け、警察庁は恒久的なスカイマーシャル専門組織創設の意向を固め、2004年には千葉県警大阪府警の担当者が研修のため、既にスカイマーシャル制度を実施していたドイツに派遣されている。

同年12月には国土交通省・警察庁からスカイマーシャル制度の実施が公表されている[1]

編成[編集]

アメリカ行きの日本の航空機(JALANA)に搭乗するため、千葉県警(成田国際空港管轄)と大阪府警(関西国際空港管轄)の機動隊に、スカイマーシャル組織が創設されている。東京国際空港における国際線増加に伴い、2014年に警視庁にもスカイマーシャルが創設された[2]。 なお、愛知県警中部国際空港を管轄しているが、スカイマーシャル組織の創設は現在までのところ確認されていない。

スカイマーシャル組織のメンバー(航空機警乗警察官)は、機動隊員から選抜され編成されているが、正確な人数は不明である。乗客を装って搭乗するが、全てのアメリカ行き旅客機に搭乗できるほど人数が多くないとみられるため、いくつかの便を選んで警乗しているものと思われる。

詳細は不明であるが、選抜・訓練にあたっては下記のようなことがいわれている。

  • 選抜には語学能力や身体能力が重視される
  • 主たる任務がハイジャック対策であるため、特殊部隊(SAT)を除隊したOB隊員も含まれている
  • 入隊後は、航空機内における近接射撃、ならびに格闘術の訓練を徹底して行う

装備[編集]

形式は不明であるが拳銃を装備している。 なお2004年11月に警察庁長官が行った記者会見によると、スカイマーシャル組織のメンバーは「多数の乗客が搭乗した飛行中の旅客機内で射撃することを考慮し、特殊な銃弾を装備している」とされている。

航空機の機体を破損させない弾丸としては、フランジブル弾などが存在する。

脚注[編集]

外部リンク[編集]