2000年の日本シリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗2000年の日本シリーズ
チーム 勝数(引分数)
読売ジャイアンツ() 4
 福岡ダイエーホークス() 2
ゲームデータ
試合日程 2000年10月21日-10月28日
最高殊勲選手 松井秀喜
敢闘選手 城島健司
チームデータ
読売ジャイアンツ ()
監督 長嶋茂雄
シーズン成績 78勝57敗
(シーズン1位)
 福岡ダイエーホークス()
監督 王貞治
シーズン成績 73勝60敗2分
(シーズン1位)
日本シリーズ
 < 1999 2001 > 

2000年の日本シリーズ(2000ねんのにっぽんシリーズ、2000ねんのにほんシリーズ)は、2000年10月21日から10月28日まで行われたセ・リーグ優勝チームの読売ジャイアンツと、パ・リーグ優勝チームの福岡ダイエーホークスによる第51回プロ野球日本選手権シリーズである。

概要[編集]

長嶋茂雄監督率いる読売ジャイアンツと王貞治監督率いる福岡ダイエーホークスの対決となった2000年の日本シリーズは、巨人が4勝2敗で勝利し、6年ぶり19度目の日本一となった。長嶋は監督14年目にして2度目の日本一となった[1]

20世紀の日本シリーズにおいて、巨人OB対決(1983年1987年など)は何度かあったが、巨人を日本一に導いているのは長嶋(他には1994年)だけとなった。本シリーズは、巨人のV9時代を支えた王・長嶋の「ON対決」として注目された。

本塁打数は巨人8、ダイエー7とほぼ互角だったが、巨人がチーム打率.285とほぼ実力を発揮したのに対し、ダイエーは.202と本来の力を発揮できなかった。城島健司が3試合連続を含む4本塁打(ともにシリーズタイ記録)と気を吐いたものの、左脇腹痛を発症させた小久保裕紀(.143、0本塁打、1打点)や、松中信彦(第1戦で本塁打を放ったものの安打はその1本のみ)らの主軸がブレーキとなり、3本塁打8打点の松井秀喜、2本塁打5打点の高橋由伸と主軸が活躍した巨人と対照的な結果になった。ダイエーは従来のシリーズ記録(49三振)を大幅に上回るシリーズ62三振を喫し、犠打数も巨人の7に対してわずか1(その1犠打は主軸の小久保である)と粗さが目立った。先発投手の防御率が8.25と早めの継投を余儀なくされ、第1戦、第2戦で活躍した救援投手陣も次第に巨人打線に通用しなくなった。

第5戦までは全てビジターチームが勝つという星取りになり、これは2011年まで最長であった。

変則的な日程[編集]

2000年の日本シリーズは変則日程で行うこととなったが、これは福岡ドームを日本脳神経外科学会に貸し出したためである。

1997年に日本脳神経外科学会が、2000年の10月24日から26日まで福岡ドームを貸し出すように依頼し、ドーム側はこれをダイエー球団の許可なく承諾してしまった。球団が発見したのはそれから1年経過した1998年の秋であり、球団はシリーズ開催の可能性を考えて期日変更を求めたが、学会側は日程を発表した後で既に手遅れであり、国内外から約2万人が集結する大規模な学会であることや、仮に期日変更をしたものの、その時点ではダイエーが2000年の日本シリーズに出場を決めていたわけではなかったため、ダイエーが出場できなかった場合にはリスクだけが残る可能性もあり、これを拒否した。

そこで、当時の球団オーナー代行だった中内正は、「シリーズ開催地のセ・パ入れ替え」「他のパ・リーグチームの本拠地球場での開催」「シリーズ日程そのものの変更」「長崎ビッグNスタジアムなどの九州内他球場での開催」を検討したが、学会側が26日の学会を16時までから12時までに短縮するなどの協力もあったため、ダイエーが出場した場合には10月21日から23日までの3連戦(21日・22日は東京ドームで、移動日なしで23日は福岡ドームで開催)、2日空けて、26日から29日までの4連戦(26日・27日は福岡ドームで、移動日なしで28日・29日は東京ドームで開催)の変則日程で行うことが8月21日に発表された。

なお、この件に関しては一見、球団の許可無く承諾してしまった福岡ドームに責任があるようだが、実際よりも早期に球団が発見すれば期日変更も可能だったこともあり、NPBは福岡ドームではなくダイエー球団に対し、開催日程確保を怠ったとして制裁金3000万円を支払うように命じた。

試合結果[編集]

第1戦[編集]

10月21日 東京ドーム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ダイエー 0 1 0 0 0 0 2 0 2 5 8 1
巨人 2 1 0 0 0 0 0 0 0 3 9 0
  1. ダ : 若田部(4回)‐ 渡辺正(1回)‐ 田之上(1回)‐ ○吉田(2回)‐ Sペドラザ(1回)
  2. 巨 : 工藤(7回)‐ 木村(1回)‐ ●槙原(1回)
  3. : 吉田(1勝)  : 槙原(1敗)  S: ペドラザ (1S)  
  4. :  ダ – 城島1号ソロ(2回工藤)、松中1号2ラン(7回工藤)、ニエベス1号ソロ(9回槙原)  巨 – 松井1号2ラン(1回若田部)
  5. * 開始18:05 有料入場者 43848人 試合時間 3時間15分

オーダー

ダイエー
打順 守備 選手
1 [中] 柴原
2 [二] 鳥越
ニエベス
ペドラザ
3 [左] 大道
走左 村松
4 [三] 小久保
5 [一] 松中
6 [捕] 城島
7 [右] 秋山
8 [遊] 井口
9 [投] 若田部
渡辺正
田之上
吉田
湯上谷
巨人
打順 守備 選手
1 [二] 仁志
2 [左] 清水
3 [右] 高橋由
4 [中] 松井
5 [一] 清原
6 [三] 江藤
7 [遊] 二岡
8 [捕] 村田善
村田真
9 [投] 工藤
木村
川相
槙原


巨人・工藤、ダイエー・若田部の先発で開幕。工藤はシリーズタイ記録となる3チーム目でのシリーズ出場で、いずれのチーム(西武、ダイエー、巨人)でも第1戦先発を経験したことになる。また、2年連続の第1戦先発は西武の西口文也以来2年ぶり10人目だが、異なるチームでの2年連続第1戦先発は史上初。

巨人は初回、先頭の仁志が二塁打で出塁後、4番の松井がバックスクリーン右へ先制2ラン本塁打。ダイエーは2回表、城島のソロ本塁打で追い上げるが、その裏巨人は2死1、2塁から仁志のタイムリー二塁打で再び2点差とした。ダイエーは若田部から渡辺正、田之上とつなぎ、追加点を許さず反撃を待った。7回表、先頭の大道がヒットで出塁すると、松中がライトスタンドへ同点2ラン本塁打。そして9回表、代打で登場したニエベスが巨人の3人目槙原から勝ち越しのソロ本塁打。最後はペドラザが走者を許したものの危なげなく巨人打線を抑え、ダイエーが先勝した。巨人は6回裏の2死満塁のチャンスで清水が一塁ゴロに倒れたのが痛かった。

第2戦[編集]

10月22日 東京ドーム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ダイエー 0 0 0 0 6 0 2 0 0 8 11 0
巨人 0 2 1 0 0 0 0 0 0 3 5 1
  1. ダ : 永井(3回)‐ 田之上(1回)‐ ○渡辺正(2回)‐ 長冨(1回)‐ 吉田(1回)‐ ペドラザ(1回)
  2. 巨 : ●メイ(4回1/3)‐ 木村(0回)‐ 平松(0回1/3)‐ 三沢(2回1/3)‐ 桑田(2回)
  3. : 渡辺正(1勝)  : メイ(1敗)  
  4. :  ダ – 城島2号2ラン(7回三沢)
  5. * 開始18:05 有料入場者 43850人 試合時間 3時間34分
    • 審判 球審=中村(パ) 塁審=友寄(セ)、橘(パ)、井野(セ) 外審=佐藤(パ)、(セ)
    • 始球式は田村亮子(シドニーオリンピック女子柔道48㎏級金メダル。本来なら井上康生(同男子柔道100kg級金メダル)とバッテリーを組む予定だったが、井上が私用で欠席[2]したため)

オーダー

ダイエー
打順 守備 選手
1 [中] 柴原
2 [二] 鳥越
3 [左] 大道
村松
4 [三] 小久保
ペドラザ
5 [一] 松中
6 [捕] 城島
7 [右] 秋山
8 [遊] 井口
9 [投] 永井
田之上
渡辺正
長冨
ニエベス
吉田
湯上谷
巨人
打順 守備 選手
1 [二] 仁志
2 [左] 清水
打左 元木
3 [右] 高橋由
4 [中] 松井
5 [一] 清原
6 [三] 江藤
7 [遊] 二岡
8 [捕] 村田真
9 [投] メイ
木村
平松
三沢
川相
後藤
桑田
マルティネス


巨人はメイ、ダイエーは永井の先発。2回裏、永井のコントロールが乱れ、3連続四死球で無死満塁。二岡のセカンドゴロ併殺打の間に三塁走者の松井が生還、さらに2死3塁の場面で村田真がセンター前タイムリーヒットで巨人が2点を先制した。さらに3回裏にも松井、清原の連続二塁打で巨人が追加点。巨人ペースで進むかと思われたが、5回表にメイの1塁への暴投を皮切りにダイエーが反撃。打者一巡、7安打の猛攻で一挙6点を奪い、主導権を奪い返した。7回には城島の2試合連続となる2ランで8-3と突き放し、ダイエーが連勝した。

第3戦[編集]

10月23日 福岡ドーム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
巨人 0 3 4 0 0 0 2 0 0 9 14 0
ダイエー 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3 8 0
  1. 巨 : ○上原(8回)‐ 岡島(1回)
  2. ダ : ●ラジオ(2回2/3)‐ 渡辺秀(0回1/3)‐ 星野(3回1/3)‐ 篠原(1回2/3)‐ 斉藤和(1回)
  3. : 上原(1勝)  : ラジオ(1敗)  
  4. :  巨 – 高橋由1号2ラン(2回ラジオ)、松井2号2ラン(7回星野)  ダ – 城島3号ソロ(2回上原)
  5. * 開始18:30 有料入場者 36625人 試合時間 3時間10分

オーダー

巨人
打順 守備 選手
1 [二] 仁志
2 [左] 後藤
打三 江藤
3 [一] 清原
4 [中] 松井
5 [指] マルティネス
6 [右] 高橋由
7 [三]左 元木
堀田
8 [遊] 二岡
9 [捕] 村田真
ダイエー
打順 守備 選手
1 [中]右 柴原
2 [左]中 村松
3 [指] 大道
打指 吉永
4 [三] 小久保
本間
5 [一] 松中
6 [捕] 城島
7 [右] 秋山
柳田
8 [遊] 井口
9 [二] 鳥越
打左 ニエベス


福岡ドームの日程の都合で47年ぶりに移動日なしとなった第3戦はダイエーがラジオ、巨人が上原の先発。巨人は江藤、清水を先発から外すなどの打線組み換えを行って試合に臨んだ。 2回表、1死から四球のマルティネスを1塁において高橋由のライトへの先制2ランで3試合連続の先制。さらに3連打で3点目。その裏、ダイエーも1死から城島がシリーズタイ記録となる3試合連続本塁打で反撃。さらに2安打と盗塁で1死2、3塁としたところで井口の2点適時二塁打で同点。しかし巨人は直後の4回表、2安打と四球で2死満塁とし、二岡の2点二塁打で勝ち越し。ダイエーはここでラジオを諦め渡辺秀に交代したが、その渡辺秀から村田真が2点適時打を放ち、7-3とリードを広げ、試合を決定づけた。7回には安打の清原を1塁において松井が右翼へダメ押しの2ラン。上原は尻上がりに調子を上げ、9回は岡島秀樹につなぎ、巨人が1勝目を挙げた。

第4戦[編集]

10月26日 福岡ドーム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
巨人 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2 7 0
ダイエー 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 4 1
  1. 巨 : ○斎藤雅(6回2/3)‐ S岡島(2回1/3)
  2. ダ : ●田之上(5回)‐ 渡辺正(2回)‐ 吉田(2回)
  3. : 斎藤雅(1勝)  : 田之上(1敗)  S: 岡島(1S)  
  4. :  巨 – 江藤1号ソロ(2回田之上)
  5. * 開始18:30 有料入場者 36701人 試合時間 3時間6分
    • 審判 球審=永見(パ) 塁審=小林毅(セ)、佐藤(パ)、友寄(セ)、 外審=中村(パ)、井野(セ)

オーダー

巨人
打順 守備 選手
1 [二] 仁志
2 [左] 後藤
元木
走左 堀田
3 [一] 清原
4 [中] 松井
5 [指] マルティネス
6 [右] 高橋由
7 [三] 江藤
8 [遊] 二岡
9 [捕] 村田真
ダイエー
打順 守備 選手
1 [中] 柴原
2 [左] 村松
3 [指] ニエベス
4 [一] 松中
5 [捕] 城島
6 [右] 秋山
7 [遊] 井口
8 [三] 本間
吉永
大道
三二 柳田
9 [二] 鳥越
小久保
湯上谷


2日の空間を空けての第4戦はダイエーは田之上、巨人はベテラン斎藤雅の先発。1回表、巨人はヒットと犠打による1死2塁のチャンスに清原が先制タイムリーヒット。その裏ダイエーは3番DHに入っていたニエベスのシリーズ2号本塁打で同点としたが、巨人も2回表江藤の本塁打で再び勝ち越し。ダイエーは4回裏1死1、2塁のチャンスを迎えたが、斎藤雅が城島、秋山を連続三振に仕留め、踏ん張った。また、7回裏には秋山がヒットで出塁したが盗塁失敗。この直後に井口の三塁打が飛び出しただけに痛いミスだった。巨人はここで斎藤雅から岡島にスイッチ、ダイエーの反撃を絶った。斎藤雅は1989年第5戦以来の日本シリーズ勝利投手。11年ぶりの勝利投手はシリーズ史上最長ブランクだった。

第5戦[編集]

10月27日 福岡ドーム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
巨人 0 1 0 0 1 0 2 2 0 6 10 1
ダイエー 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0
  1. 巨 : ○高橋尚(9回)
  2. ダ : ●若田部(6回2/3)‐ 篠原(0回1/3)‐ 斉藤和(2回)
  3. : 高橋尚(1勝)  : 若田部(1敗)  
  4. :  巨 – 高橋由2号ソロ(2回若田部)、江藤2号ソロ(5回若田部)、村田真1号2ラン(7回若田部)
  5. * 開始18:30 有料入場者 36787人 試合時間 2時間40分
    • 審判 球審=井野(セ) 塁審=中村(パ)、小林毅(セ)、佐藤(パ) 外審=谷(セ)、橘(パ)

オーダー

巨人
打順 守備 選手
1 [二] 仁志
2 [左] 清水
後藤
元木
斉藤宜
3 [一] 清原
4 [中] 松井
5 [指] マルティネス
打指 川相
6 [右] 高橋由
7 [三] 江藤
8 [遊] 二岡
9 [捕] 村田真
ダイエー
打順 守備 選手
1 [中] 柴原
出口
2 [左] 大道
3 [指] ニエベス
4 [三] 小久保
湯上谷
5 [一] 松中
6 [捕] 城島
7 [右] 秋山
8 [遊] 井口
9 [二] 鳥越


ダイエーが若田部、巨人がルーキー高橋尚の先発。巨人が2回高橋由、5回江藤、7回村田真の本塁打で効果的に加点した。8回にも高橋由の2点タイムリーで巨人の一方的な試合となった。高橋尚は無四球、シリーズ歴代2位タイの12奪三振の力投で完封勝利。巨人が王手をかけて東京に戻ることになった。初登板完封は1998年第2戦の斎藤隆以来2年ぶり10人目だったが、ルーキーでの快挙はシリーズ史上初。ダイエーは当時のシリーズ最少安打タイ記録の2安打と全く打てなかった。なお、この勝利で前年の日本シリーズ第2戦よりビジターチームが9連勝という記録が生まれた。

第6戦[編集]

10月28日 東京ドーム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ダイエー 0 0 1 1 0 1 0 0 0 3 7 0
巨人 0 0 4 0 5 0 0 0 X 9 12 1
  1. ダ : ●永井(2回2/3)‐ 渡辺正(1回1/3)‐ 吉田(1回)‐ 星野(1回)‐ 篠原(1回)‐ 斉藤和(1回)
  2. 巨 : ○メイ(5回1/3)‐ 木村(0回2/3)‐ 平松(2回)‐ 岡島(1回)
  3. : メイ(1勝1敗)  : 永井(1敗)  
  4. :  ダ – 城島4号ソロ(4回メイ)  巨 – 松井3号2ラン(3回渡辺正)
  5. * 開始18:00 有料入場者 44033人 試合時間 3時間16分
    • 審判 球審=橘(パ) 塁審=谷(セ)、中村(パ)、小林毅(セ) 外審=永見(パ)、友寄(セ)

オーダー

ダイエー
打順 守備 選手
1 [右]中 秋山
2 [二] 鳥越
3 [左] 大道
4 [一] 松中
5 [捕] 城島
大越
6 [遊] 井口
坊西
7 [中] 柴原
篠原
斉藤和
柳田
8 [三] 湯上谷
吉田
星野
打右 ニエベス
9 [投] 永井
渡辺正
打三
巨人
打順 守備 選手
1 [二] 仁志
2 [左] 後藤
マルティネス
清水
3 [一] 清原
4 [中] 松井
5 [三] 江藤
平松
岡島
6 [右] 高橋由
7 [遊] 二岡
8 [捕] 村田真
9 [投] メイ
木村
打三 元木


再び東京ドームに舞台を移しての第6戦。3回表にダイエーが鳥越のタイムリー二塁打で1点を先制。その裏、投手のメイが四球を選んだあと、1番の仁志が左翼線を破る二塁打でメイが一気にホームインし、同点。後藤の中飛で仁志が三塁に進んだ後、清原の三塁内野安打で仁志が生還し、逆転。ここでダイエーは早くも先発の永井から渡辺正に交代したが、その渡辺正から松井がバックスクリーン左へ3号2ラン。4回表、ダイエーは城島のシリーズタイ記録となる4号本塁打で追い上げたが、5回裏、巨人は5安打1四球を集め5点を奪い、試合を決定づけた。ダイエーは6回に巨人の守備の乱れにつけ込んで1点を返したものの、シリーズタイ記録となる13三振を喫するなど粗い攻撃で点差を詰めることはできなかった。巨人は6回以降小刻みな継投でダイエーの反撃をかわし、最後は岡島がニエベスを空振り三振に仕留め、ゲームセット。巨人が6年ぶりの日本一を決めた。

表彰選手[編集]

  • 最高殊勲選手賞:松井秀喜(巨人)-打率.381(21打数8安打)、3本塁打、8打点。第1戦で若田部から先制2ラン、日本一を決めた第6戦で天敵・渡辺正から2ラン。
  • 敢闘選手賞:城島健司(ダイエー)-第1戦から3試合連続を含む4本塁打。打率.348(23打数8安打)、7打点。
  • 優秀選手賞:仁志敏久(巨人)打率.350(20打数7安打)、3打点。第6戦での逆転を呼ぶきっかけとなった同点タイムリー二塁打の他に第3戦での一打逆転のピンチを救うファインプレーも光った。
  • 優秀選手賞:村田真一(巨人)-好リードで巨人投手陣を支えただけでなく、打撃面でも打率.286(21打数6安打)ながら、1本塁打5打点の活躍を見せた。
  • 優秀選手賞:高橋尚成(巨人)-第5戦でシリーズ史上初となる新人投手の初登板、初先発、初完封勝利を記録。

テレビ・ラジオ中継[編集]

テレビ中継[編集]

  • 第1戦:10月21日
  • 日本テレビ (NTV) ≪日本テレビ系列 制作・日本テレビ≫
実況:小川光明 解説江川卓掛布雅之 ゲスト解説:石井一久ヤクルト) リポーター:山下末則(巨人サイド)、久保俊郎FBS、ダイエーサイド) 監督およびヒーローインタビュー:多昌博志
  • 放送時間:17:30 - 21:34(40分延長)
  • 第2戦:10月22日
  • 日本テレビ≪日本テレビ系列 制作・日本テレビ≫
実況:多昌博志 解説:山本浩二中畑清 ゲスト解説:古田敦也(ヤクルト) リポーター:山下末則(巨人サイド)、久保俊郎(FBS、ダイエーサイド) 監督およびヒーローインタビュー:吉田填一郎
  • 放送時間:17:45 - 21:54(60分延長)
  • 第3戦:10月23日
実況:三宅正治 (CX)  解説:大矢明彦 (CX)  ベンチサイド解説:高木豊 (CX) 、池田親興
ゲスト:モーニング娘。中澤裕子飯田圭織安倍なつみ保田圭後藤真希[3]
  • 放送時間:18:15 - 21:54(60分延長)
  • 第4戦:10月26日
  • 福岡放送 (FBS) ≪日本テレビ系列 制作・日本テレビ≫
実況:山下末則 (NTV)  解説:長池徳士堀内恒夫 (NTV) 、吉村禎章 (NTV)
ゲスト解説:駒田徳広(前横浜、移籍球団を探すもいずれの球団からも声がかからず翌年1月に引退を表明)
リポーター:久保俊郎(ダイエーサイド)、村山喜彦(NTV、巨人サイド) 監督およびヒーローインタビュー:小川光明
  • 第5戦:10月27日
実況:植草朋樹 解説:稲尾和久田淵幸一 (TBS)  ゲスト解説:石井一久 ゲスト:田村亮子(現姓・谷)
  • 第6戦:10月28日
  • 日本テレビ≪日本テレビ系列 制作・日本テレビ≫
実況:吉田填一郎 解説:山本浩二、中畑清、江川卓 リポーター:多昌博志[4]船越雅史(巨人サイド)、久保俊郎(FBS、ダイエーサイド) 監督およびMVPインタビュー:山下末則
  • 放送時間:17:45 - 23:10(130分[5]延長)

※関東地区での視聴率は(ビデオリサーチ調べ)、第1戦(日本テレビ系)の第2部は36.2%。第2戦(日本テレビ系)の第2部は32.9%。 第3戦(フジテレビ系)は30.7%。 第4戦(日本テレビ系)は28.9%。 第5戦(TBS系)は25.7%。第6戦(日本テレビ系)の第2部は36.4%。第3部は29.6%だった。

ラジオ放送[編集]

脚注、注釈[編集]

  1. ^ これは歴代の巨人監督の中でも遅いほうである(ただし、巨人で監督を14シーズン以上勤めたのはV9監督の川上哲治と長嶋だけである)。
  2. ^ 学生時代にお世話になった寮母が病死し、その葬儀に出席したため。
  3. ^ ただし前述の『サルティンバンコ2000』のPRのための出演であるため、最後まで出演していない。また、矢口真里と当時新メンバーの石川梨華吉澤ひとみ加護亜依辻希美(全員未成年(所属当時)のため、労働基準法により20:00以降の活動が禁止されている)は出演していない。
  4. ^ 試合後の共同記者会見では代表質問を担当。
  5. ^ 中継自体は22:34まで(試合終了後の表彰式、共同記者会見を含む)。その後、NNNニューススポットをはさみ、22:40から祝勝会東京ドームホテルから生中継)を放送。

参考文献[編集]

巨人軍5000勝の記憶読売新聞社ベースボールマガジン社、2007年。ISBN 9784583100296。p.80 -

外部リンク[編集]