清州市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
忠清北道 清州市
位置
清州市の地図
各種表記
ハングル: 청주시
漢字: 淸州市
片仮名転写: チョンジュ=シ
ローマ字転写 (RR): Cheongju-si
統計
面積: 943.30 km²
総人口: 838,689人(2014年7月1日) 人
行政
国: 韓国の旗 大韓民国
上位自治体: 忠清北道
下位行政区画: 4区
行政区域分類コード: 33010
清州市の木: ケヤキ
清州市の花: ハクモクレン
清州市の鳥: カササギ
自治体公式サイト: 清州市
清州市庁

清州市(チョンジュし/せいしゅうし)は大韓民国忠清北道西部の市。道庁所在地。忠清北道で唯一の特定市である。

歴史[編集]

百済の上党県で、軍事要地であった。

統一新羅時代に西原京が置かれ、高麗時代に清州と改称した。

1905年の京釜線開通とともに交通の要衝となり、1908年忠清北道観察使が忠州から移ってきた(道庁所在地になったことを意味する)。

日本植民地時代の1931年にからに昇格し、1946年の清州府への昇格と清原郡の分離を経て1949年清州市に改称、1995年区制が導入された。

  • 1946年6月1日 - 清州郡清州邑が清州府に昇格。
  • 1949年8月15日 - 清州府が清州市に改称
  • 1963年1月1日 - 清原郡四州面を編入。
  • 1983年2月15日 - 清原郡江西面および琅城面・江内面・南一面の各一部を編入。
  • 1990年8月1日 - 清原郡南一面・南二面・北一面のそれぞれ一部を編入。
  • 1995年1月1日 - 上党区興徳区設置(2区)。
  • 2014年7月1日 - 清州市・清原郡が合併し、清州市が発足[1](4区3邑10面)。
    • 上党区の一部と内秀邑・梧倉邑・北二面の地域をもって、清原区を設置。清原区庁は現在の上党区庁へ移転。
    • 興徳区の一部と南二面・賢都面の地域をもって、西原区を設置。西原区庁は現在の興徳区庁へ移転。
    • 加徳面・南一面・琅城面・文義面・米院面が上党区に編入。
    • 五松邑・江内面・玉山面が興徳区に編入。

行政[編集]


気候[編集]

清州 (1981−2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 2.9
(37.2)
6.0
(42.8)
11.9
(53.4)
19.5
(67.1)
24.4
(75.9)
27.9
(82.2)
29.8
(85.6)
30.5
(86.9)
26.3
(79.3)
20.7
(69.3)
12.7
(54.9)
5.6
(42.1)
18.2
(64.8)
日平均気温 °C (°F) −2.4
(27.7)
0.3
(32.5)
5.7
(42.3)
12.6
(54.7)
18.1
(64.6)
22.5
(72.5)
25.4
(77.7)
25.8
(78.4)
20.7
(69.3)
14.0
(57.2)
6.7
(44.1)
0.3
(32.5)
12.5
(54.5)
平均最低気温 °C (°F) −6.9
(19.6)
−4.6
(23.7)
0.2
(32.4)
6.1
(43)
12.3
(54.1)
17.6
(63.7)
21.8
(71.2)
22.0
(71.6)
16.2
(61.2)
8.5
(47.3)
1.7
(35.1)
−4.3
(24.3)
7.6
(45.7)
降水量 mm (inch) 25.5
(1.004)
29.4
(1.157)
48.2
(1.898)
66.6
(2.622)
88.3
(3.476)
144.1
(5.673)
282.7
(11.13)
285.1
(11.224)
147.1
(5.791)
50.1
(1.972)
46.7
(1.839)
25.3
(0.996)
1,239.1
(48.783)
平均降水日数 (≥ 0.1 mm) 8.0 7.0 8.8 7.9 8.5 9.6 15.9 14.1 9.1 6.5 8.6 9.1 113.1
 % 湿度 67.2 63.3 60.3 56.6 61.5 68.0 76.4 76.1 74.2 70.4 69.1 69.1 67.7
平均月間日照時間 164.0 171.1 200.2 222.7 234.1 195.5 153.1 178.3 177.5 200.0 158.2 158.0 2,212.6
出典: Korea Meteorological Administration [2]

交通[編集]

鉄道[編集]

清州駅は清州高速バスターミナルより4km北西にあり、市街地へはバスで連絡となる。大田駅堤川駅8往復、ソウル駅~堤川駅のそれぞれムグンファ号1往復のほか、水原駅からの中部内陸観光列車(O-train・毎日運行ではない)が経由するが、総じて本数は多くない。ソウル駅直通列車の所要時間は1時間40分。

  • KTXが停車する五松駅は市街地より西に15kmの距離であり、市街地とは市内バスで結ばれている(所要時間は60分)。

航空[編集]

高速道路[編集]

  • 京釜高速道路(1号線)清州IC(Cheongju IC) - ソウルから天安(Cheonan)まで片側4車線、清州市内片側3車線、制限速度100km/h、土日バス専用レーンあり
  • 統営-大田・中部高速道路(35号線)西清州IC(West Cheongju IC) - 片側2車線、制限速度110km/h、バス専用レーンなし

バス[編集]

切符を購入する際、日本人には清州(청주、Cheongju:チョンジュ)と全州全羅北道)(전주、Jeonju:チョンジュ)の発音が正確にできないので、間違えて全州行きの切符を渡されることがある。切符を購入する際は、ハングル、漢字またはアルファベットで筆記するとよい。

産業[編集]

農業[編集]

工業[編集]

商業[編集]

観光[編集]

清州市史跡上党山城
上党山城図
百済古墳群資料館
上党山城상당산성 Sangdangsanseong)
清州市街に隣接する山の頂上に築かれた周囲長約4kmの城壁に囲まれた広さ約180万m²の山城。正確な築城時期は不明であるが、「三国史記」に記述あり。500年以上の歴史があると考えられる。城壁の内部は集落があり、食堂、土産物屋等もある。車、路線バスで行くこともできるが、環状道路沿いに有る国立清洲博物館近くの登山道入り口より約90分で城壁まで登頂することもできる。
百済古墳群(백제고분군 Baekjegobungun)
新鳳洞地区にある百済時代の古墳群と資料館
直指
金属活字による世界一古い印刷本

教育[編集]

大学[編集]

上党区

清原区

西原区

興徳区

スポーツ[編集]

種目 チーム名 創立年度 ホーム競技場
WKBL 清州KB国民銀行スターズ 2001年 清州体育館

この他、韓国プロ野球ハンファ・イーグルスが準本拠地としている。

姉妹都市[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://news1.kr/articles/1155377 통합청주시 4개구 명칭 '청원·상당·서원·흥덕' 확정, 뉴스1, 2012年5月30日
  2. ^ 평년값자료(1981−2010) 청주(131)”. Korea Meteorological Administration. 2011年5月1日閲覧。

外部リンク[編集]