龍仁市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京畿道 龍仁市
位置
龍仁市の位置
各種表記
ハングル: 용인시
漢字: 龍仁市
片仮名転写: ヨンイン=シ
ローマ字転写 (RR): Yongin-si
統計
面積: 591.36 km²
総人口: 912,039(2012年1月) 人
行政
国: 韓国の旗 大韓民国
上位自治体: 京畿道
下位行政区画: 3区1邑6面
行政区域分類コード: 31190
龍仁市の木: モミ
龍仁市の花: クロフネツツジ
龍仁市の鳥: キジ
自治体公式サイト: 龍仁市
龍仁市庁

龍仁市(ヨンインし)は、大韓民国京畿道中部に位置する

ソウルの南約40キロに位置し、京釜高速道路嶺東高速道路が通っていることから、ソウルのベッドタウンとして近年人口が急増している。また韓国民俗村があり、外国人観光客や韓国各地の修学旅行生が訪れる。大韓民国の地方自治法第175条に基づいて特例が適用される特定市に指定されている。

歴史[編集]

  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、龍仁郡・陽智郡及び竹山郡の一部が合併し、龍仁郡が発足。龍仁郡に以下の面が成立(12面)。
    • 水餘面・蒲谷面・慕賢面・邑三面・水枝面・器興面・南四面・二東面・内四面・古三面・外四面・遠三面
  • 1931年 - 邑三面が駒城面に改称(12面)。
  • 1938年 - 水餘面が龍仁面に改称(12面)。
  • 1963年1月1日 - 古三面が安城郡に編入(11面)。
  • 1973年 - 駒城面の一部(竹田里)が水枝面に編入(11面)。
  • 1979年5月1日 - 龍仁面が龍仁邑に昇格(1邑10面)。
  • 1983年2月15日(1邑10面)
    • 水枝面の一部が水原市に編入。
    • 南四面の一部が平沢郡振威面に編入。
  • 1985年10月1日 - 器興面が器興邑に昇格(2邑9面)。
  • 1994年12月26日 - 器興邑の一部が水原市八達区に編入(2邑9面)。
  • 1996年3月1日 - 龍仁郡が龍仁市に昇格(2邑8面)。
    • 龍仁邑が4つの行政洞に分割。
    • 水枝面が水枝邑に昇格。
    • 外四面が白岩面に改称。
    • 内四面が陽智面に改称。
  • 2000年9月1日 - 駒城面が駒城邑に昇格(3邑7面)。
  • 2001年12月24日 - 水枝邑が6つの行政洞に分割(2邑7面)。
  • 2005年10月31日(3区1邑6面)
    • 水枝区器興区処仁区設置。
    • 器興邑が6つの行政洞に分割。
    • 駒城邑が5つの行政洞に分割。
    • 蒲谷面が蒲谷邑に昇格。

交通[編集]

鉄道[編集]

韓国鉄道公社

盆唐線

- 竹田駅 - 宝亭駅 - 駒城駅 - 新葛駅 - 器興駅 - 上葛駅 -
龍仁軽電鉄

龍仁軽電鉄

器興駅 - 江南大駅 - 支石駅 - 御井駅 - 東栢駅 - 草堂駅 - 三街駅 - 市庁·龍仁大駅 - 明知大駅 - 金良場駅 - 運動場·松潭大駅 - 高陳駅 - 洑坪駅 - 屯田駅 - 前垈·エバーランド駅

バス[編集]

高速道路[編集]

観光[編集]

行政[編集]

下部行政区域[編集]

3区の面積は、水枝:器興:処仁がそれぞれ1:2:11という比率であるが、人口は最も広い処仁区が最も少ない。

警察[編集]

消防[編集]

姉妹・友好都市[編集]

韓国国外[編集]

中華人民共和国の旗 中国 揚州市
中華人民共和国の旗 中国 泰安市
ウズベキスタンの旗 ウズベキスタン フェルガナ
マレーシアの旗 マレーシア コタキナバル
トルコの旗 トルコ カイセリ
オーストラリアの旗 オーストラリア クイーンズランド州レッドランドシティー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州フラートン

韓国国内[編集]

スポーツ[編集]

龍仁室内体育館は市外バスターミナルに近く、韓国女子バスケットボールリーグ(WKBL)のほかフットサル・ボクシング・ハンドボールの会場としても使用される。

種目 チーム名 創立年度 ホーム競技場
WKBL 三星生命ブルーミンクス 1977年 龍仁室内体育館

外部リンク[編集]