コタキナバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コタ・キナバル
Southern Kota Kinabalu 1.jpg
Flag of Kota Kinabalu.svg
愛称 : KK
位置
の位置図
座標 : 北緯5度58分14秒 東経116度05分52秒 / 北緯5.97056度 東経116.09778度 / 5.97056; 116.09778
歴史
1882
行政
マレーシアの旗 マレーシア
  サバ州の旗 サバ州
コタ・キナバル
地理
面積  
  域 394km2(152.1mi2
人口
人口 (2007年現在)
  域 543,765人
    人口密度   1516人/km2(3913人/mi2
公式ウェブサイト : www.dbkk.sabah.gov.my

コタキナバル (Kota Kinabalu) は、マレーシアサバ州の州都で、 東マレーシア英語版ボルネオ島マレーシア領地域)で最大の都市、人口は約47万人。

「コタキナバル」はマレーシア語Kota Kinabalu と書くため、KK と略されることも多い。

現在はサバ州の政治経済の中心であると共に、マリンリゾートやキナバル自然公園キナバル山)への玄関口としても知られている。

歴史[編集]

19世紀以前のこの地にはアピアピ(API-API、マレーシア語で火の意味)、または略称でアピと呼ばれる村落があった。北ボルネオ会社は沖合のガヤ島英語版(Pulau Gaya)に本拠地を置いていたが、バジャウ族英語版に焼き打ちにあい、1899年アピアピに本拠を移した。アピアピの地名は焼き打ちを連想させるため、当時の北ボルネオ会社副会長の名前を取ってジェッセルトン (Jesselton) と改名された。以後イギリス保護国北ボルネオ英語版における、イギリスによる植民地開発の拠点としてジェッセルトンの街は発展した。

第二次世界大戦中の1942年から1945年まで日本軍の占領下に置かれ、この時期は旧称のアピを復活させた。1945年連合国軍による空爆により町は壊滅的になった。

1947年イギリス領北ボルネオの首都が、サンダカンからジェッセルトンへ移され、再び北ボルネオの中心地となった。

1963年北ボルネオは、サワラク・マラヤ連邦シンガポールと統合し、イギリスから独立した。北ボルネオはサバと改称し、1967年町名を植民地支配の名残を残すジェッセルトンから、近くにそびえるキナバル山にちなみ、コタキナバルと改称した。2000年に市に昇格した。

交通[編集]

空港[編集]

マレーシア航空コタキナバル国際空港成田羽田関空間の直行便を運航していたが、2012年1月をもって一旦すべて運休となった[1]。しかし同年10月より関西線のみ再開された[2]。その後2013年10月より関西線が運休し、成田とコタキナバルの直行便が再開されている[3]

鉄道[編集]

バス[編集]

  • 高速バス
    • 高速バスにて南のブルネイクチン、北のクダットなどまで行くことができる。
    • 主要都市の場合は大型バスの場合もあるが、近郊の場合はワゴン車のようなミニバスが多い。
    • サンダカン行きの高速バスは、北部郊外にあるイナナンバスターミナル(北部バスターミナル)から発着する。バスはキナバル公園の近くを通過する。
  • 市内バス
    • セクター1、セクター2という巡回バスが運行されている。
    • 空港との間にバスの便があるが、本数は限られている。

港湾[編集]

道路[編集]

コタキナバルでは人口、車保有台数の増加に伴い渋滞が増えている。またクアラルンプールに比べてラウンドアバウトなどが多いことも特徴となっており、これも渋滞の一つの原因とされている。[4]

宿泊[編集]

コタキナバルはその自然を生かしたリゾートが点在している。

みどころ[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ マレーシア航空、コタキナバル発着の羽田、関西線の運休を正式発表” (日本語). フライチーム (2011年12月24日). 2012年6月24日閲覧。
  2. ^ 大阪 - コタキナバル路線運航再開のご案内 - マレーシア航空(2012年11月2日閲覧)
  3. ^ 成田 - コタキナバル路線運航再開のご案内 - マレーシア航空(2014年3月14日閲覧)
  4. ^ コタキナバルの道路・・ラウンドアバウトと運転(2014年4月3日閲覧)

外部リンク[編集]