金浦市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京畿道 金浦市
位置
金浦市の地図
各種表記
ハングル: 김포시
漢字: 金浦市
日本語読み仮名: きんぽし
片仮名転写: キムポ=シ
ローマ字転写 (RR): Gimpo-si
統計(2011年
面積: 276.64 km²
総人口: 269,167 人
世帯数: 99,125 世帯
行政
国: 韓国の旗 大韓民国
上位自治体: 京畿道
下位行政区画: 2邑4面4洞
行政区域分類コード: 31230
金浦市の木: チョウセンケヤキ
金浦市の花: チョウセンレンギョウ
金浦市の鳥: カササギ
自治体公式サイト: 金浦市

金浦市(キムポし)は大韓民国京畿道の北西部にある市である。市の都市ブランドは「Best Gimpo」。

概要[編集]

ソウル特別市(市庁)より西北西25kmに位置し、漢江西岸に沿って北西から南東へ30kmの細長い市域を持つ。南は仁川広域市と接し、西は江華島(仁川広域市江華郡)と2本の橋で結ばれ、最北部は軍事境界線に接する。金浦国際空港はかつて金浦郡(現金浦市)にあったが、1963年、空港がある地域はソウルに編入されたため、現在は空港はその名称にもかかわらず金浦ではなくソウルにある。

沿革[編集]

  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、通津郡陽川郡金浦郡に編入。金浦郡に以下の面が成立(9面)。
    • 霞城面・月串面・大串面・陽村面・郡内面・黔丹面・高村面・陽西面・陽東面
  • 1934年 - 郡内面が金浦面に改称(9面)。
  • 1936年4月1日 - 陽東面の一部が京城府に編入(9面)。
  • 1963年1月1日 - 陽東面・陽西面がソウル特別市永登浦区に編入(7面)。
  • 1973年7月1日 - 富川郡桂陽面・吾丁面を編入(9面)。
  • 1975年10月1日 - 吾丁面が富川市に編入(8面)。
  • 1979年5月1日 - 金浦面が金浦邑に昇格(1邑7面)。
  • 1983年2月15日 - 陽村面・月串面・大串面の各一部が合併し、通津面が発足(1邑8面)。
  • 1989年1月1日 - 桂陽面が仁川直轄市(現在は仁川広域市に改称)北区に編入(1邑7面)。
  • 1995年1月1日 - 黔丹面が仁川広域市西区に編入(1邑6面)。
  • 1998年4月1日 - 金浦郡が金浦市に昇格(6面)。
    • 金浦邑が3つの洞に分割。
  • 2004年1月1日 - 通津面が通津邑に昇格(1邑5面)。
  • 2009年9月1日(2邑4面)
    • 高村面が高村邑に昇格。
    • 陽村面の一部(九来里・麻山里)が法定洞の九来洞・麻山洞となる。
  • 2011年11月14日 - 陽村面が陽村邑に昇格(3邑3面)。

行政[編集]

下部行政区画[編集]

3邑3面9洞からなる。

邑(行政邑)
通津邑、高村邑、陽村邑
面(行政面)
大串面、月串面、霞城面
洞(行政洞)
金浦1洞(北辺洞・傑浦洞・坎井洞)、金浦2洞(雲陽洞・場基洞・九来洞・麻山洞)、沙隅洞、豊舞洞
洞(法定洞)
北辺洞・傑浦洞・雲陽洞・場基洞・沙隅洞・豊舞洞・坎井洞・九来洞・麻山洞

警察[編集]

消防[編集]

教育[編集]

専門大学[編集]

高校[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

市内に鉄道駅はないが。金浦国際空港~金浦漢江新都市への金浦都市鉄道計画がある。2013年着工・2018年完成の計画。

バス[編集]

金浦国際空港・ソウル地下鉄2号線新村駅富平駅桂陽駅などから一般バスが運行。金浦市の運行免許以外にソウル特別市、仁川広域市、高陽市の運行免許を持ったバスが乗り入れている。仁川国際空港からも仁川広域市の運行免許を持った一般バスで市庁方面へ入れる。

高速道路[編集]

観光[編集]

  • 文殊山城

姉妹都市[編集]

外部サイト[編集]