楊州市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京畿道 楊州市
位置
楊州市の地図
各種表記
ハングル: 양주시
漢字: 楊州市
片仮名転写: ヤンジュ=シ
ローマ字転写 (RR): Yangju-si
統計(2008年
面積: 310.34 km²
総人口: 179,923 人
世帯数: 68,764 世帯
行政
国: 韓国の旗 大韓民国
上位自治体: 京畿道
下位行政区画: 1邑4面6洞
行政区域分類コード: 31260
楊州市の木: チョウセンマツ
楊州市の花: チョウセンレンギョウ
楊州市の鳥: カササギ
自治体公式サイト: 楊州市
楊州市庁

楊州市(ヤンジュし)は大韓民国京畿道の北部にある市である。

歴史[編集]

  • 1895年 - 行政区画改編により楊州郡が成立。
  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、楊州郡の一部(古楊州面)が高陽郡に、一部(嶺斤面)が漣川郡に編入。楊州郡に以下の面が成立(16面)。
    • 伊淡面・隠県面・広積面・白石面・長興面・州内面・檜泉面・柴芚面・別内面・真乾面・榛接面・和道面・瓦阜面・渼金面・九里面・蘆海面
  • 1938年10月1日 - 柴芚面が楊州面に改称(16面)。
  • 1942年10月1日 - 楊州面が議政府邑に昇格(1邑15面)。
  • 1946年2月5日 - 坡州郡南面を編入(1邑16面)。
  • 1963年1月1日(1邑15面)
    • 蘆海面がソウル特別市城北区に編入。
    • 九里面の一部(上鳳里・中河里・墨洞里・新内里・忘憂里)がソウル特別市東大門区に編入。
    • 議政府邑が市制施行し、議政府市となり、郡より離脱。
    • 伊淡面が東豆川邑に改名・昇格。
    • 和道面・榛接面の各一部が加平郡外西面の一部と合併し、水洞面が発足。
  • 1973年7月1日 - 九里面が九里邑に昇格(2邑14面)。
  • 1979年5月1日 - 渼金面が渼金邑に昇格(3邑13面)。
  • 1980年4月1日(1邑7面)
    • 別内面の一部(高山里・山谷里)が議政府市に編入。
    • 九里邑・渼金邑・榛接面・真乾面・水洞面・和道面・瓦阜面・別内面が南楊州郡として分立、郡より離脱。
  • 1981年7月1日 - 東豆川邑が市制施行し、東豆川市となり、郡より離脱(7面)。
  • 1983年2月15日(7面)
    • 白石面の一部が坡州郡広灘面に編入。
    • 隠県面の一部が東豆川市に編入。
  • 1985年10月1日 - 檜泉面が檜泉邑に昇格(1邑6面)。
  • 2000年9月25日 - 郡庁を議政府市から州内面に移転。
  • 2000年10月1日 - 州内面が楊州邑に昇格(2邑5面)。
  • 2001年10月1日 - 白石面が白石邑に昇格(3邑4面)。
  • 2003年10月19日 - 楊州郡が楊州市に昇格(1邑4面)。
    • 檜泉邑が4つの行政洞に分割。
    • 楊州邑が2つの行政洞に分割。

行政[編集]

警察[編集]

消防[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

高速国道[編集]

観光施設[編集]

  • 大長今(日本での題名:宮廷女官チャングムの誓い)テーマパーク:最寄り駅は楊州駅

外部サイト[編集]