弘大入口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
弘大入口駅
홍대입구
ホンデイック - Hongik Univ.
所在地 韓国の旗ソウル特別市麻浦区東橋洞
所属事業者 ソウルメトロ駅詳細
KORAIL空港鉄道駅詳細
韓国鉄道公社(KORAIL・駅詳細
弘大入口駅
各種表記
ハングル 홍대입구역
漢字 弘大入口驛
平仮名
(日本語読み仮名)
こうだいいりぐちえき
片仮名
(現地語読み仮名)
ホンデイプクヨク
英語 Hongik Univ. Station
テンプレートを表示

弘大入口駅(ホンデイックえき)は大韓民国ソウル特別市麻浦区東橋洞にある、ソウルメトロKORAIL空港鉄道、および韓国鉄道公社(KORAIL)の

乗り入れ路線[編集]

ソウルメトロの2号線、KORAIL空港鉄道の仁川国際空港鉄道、韓国鉄道公社の京義電鉄線が乗り入れ、相互間の接続駅となっている。

韓国鉄道公社の駅に乗り入れている路線は正式な所属路線は龍山線だが、京義電鉄線の一部区間として旅客輸送がなされているため、駅では基本的に「(首都圏電鉄)京義線」として案内表示がされている。

首都圏電鉄には駅番号が導入されており、2号線は「239」、仁川国際空港鉄道は「A03」、京義電鉄線は「K314」の駅番号が付与されている。

駅構造[編集]

ソウルメトロ[編集]

ソウルメトロ 弘大入口駅
旧3番出入口(2006年4月24日)
旧3番出入口(2006年4月24日)
홍대입구
ホンデイック - Hongik Univ.
238 合井 (1.1km)
(1.3km) 新村 240
所在地 韓国の旗ソウル特別市城東区東橋洞165
位置座標
駅番号 239
所属事業者 ソウルメトロ
所属路線 2号線
キロ程 43.9km(市庁起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
62,995人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1980年10月31日

ホーム階は地下2階で、島式ホーム1面2線を有する。フルスクリーンタイプのホームドアが設置されている。

改札階は地下1階である。改札口は南西寄りと北東寄りの2ヶ所あり、北東寄りの改札のみホームへの連絡エレベーターが設置されている。化粧室は改札外にある。[1]

出入口は1番から4番出口と8・9番の計6ヶ所ある。開業当初は1番から6番までの6ヶ所あったが、仁川国際空港鉄道の建設工事の関係で旧3番出入口と旧4番出入口は2006年4月25日に閉鎖された。同時に旧5番出入口は4番出入口に、旧6番出入口は5番出入口に変更された。仁川国際空港鉄道の駅の開業時に3番出入口を再開設し、閉鎖された旧4番出口も再開設したが8番出口に、5番出入口が9番出入口に変更された。

のりば[編集]

案内上ののりば番号は設定されていない。

内回り 2号線 弘大入口市庁乙支路3街東大門歴史文化公園方面
外回り 2号線 合井堂山永登浦区庁新道林方面
ホーム(2007年11月28日)


KORAIL空港鉄道[編集]

KORAIL空港鉄道 弘大入口駅
홍대입구
ホンデイック - Hongik Univ.
A02 孔徳 (2.8km)
所在地 韓国の旗ソウル特別市麻浦区東橋洞172-10
位置座標
駅番号 A03
所属事業者 KORAIL空港鉄道
所属路線 仁川国際空港鉄道
キロ程 6.1km(ソウル駅起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
開業年月日 2010年12月29日

仁川国際空港鉄道のホームは京義電鉄線ホームと上下で並行しており、仁川国際空港鉄道のホーム・改札階は下段部に位置する。

ホーム階は地下4階で、相対式ホーム2面2線を有する。フルスクリーンタイプのホームドアが設置されている。

改札階は地下3階にあり、改札口は南東寄りと北西寄りの2ヶ所ある。2つの改札外にそれぞれ化粧室が設置されている。2号線・京義電鉄線に乗り換える場合は連絡改札を通る必要がある。出入口は5番-7番の計3ヶ所ある。[1]

のりば[編集]

案内上ののりば番号は設定されていない。

上り 仁川国際空港鉄道 孔徳ソウル方面
下り 仁川国際空港鉄道 デジタルメディアシティTRON 9-9145.gif金浦空港桂陽TRON 9-9145.gif仁川国際空港方面
改札口(2012年8月16日)
ホーム(2011年1月1日)


韓国鉄道公社[編集]

韓国鉄道公社 弘大入口駅
홍대입구
ホンデイック - Hongik Univ.
K313 西江大 (0.9km)
(1.9km) 加佐 K315
所在地 韓国の旗ソウル特別市麻浦区東橋洞172-10
駅番号 K314
所属事業者 韓国鉄道公社(KORAIL)
所属路線 京義電鉄線
(正式には龍山線
キロ程 5.3km(龍山起点)
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線
開業年月日 2012年12月15日

京義電鉄線のホームは仁川国際空港鉄道ホームと上下で並行しており、京義電鉄線のホーム・改札階は上段部に位置する。

ホーム階は地下1階で、相対式ホーム2面2線を有する。フルスクリーンタイプのホームドアが設置されている。

改札階は地下1階で、改札口は上下ホーム別々で設置されている。そのため両ホームを行き来する場合は乗り換え通路方面の階段を下る必要がある。[1]

のりば[編集]

1 京義電鉄線 デジタルメディアシティ一山方面
2 京義電鉄線 西江大孔徳方面
駅名標(2012年12月15日)


利用状況[編集]

近年の一日平均乗車人員推移は下記の通り。

路線 乗車人員 注釈
2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年
2号線 43060 40803 41096 41663 44052 45770 46456 47892 [2]
路線 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
2号線 50820 52782 55139 60699 62995 [2]
空港鉄道
京義電鉄線

駅周辺[編集]

弘益大学校

駅周辺の商圏は弘大前韓国語版や弘大と呼ばれており、ソウルの主要商圏の一つである。アート系の学生や若者が集まりクラブやライブハウスなどが建つ繁華街である。

歴史[編集]

  • 1984年5月22日 - ソウル特別市地下鉄公社(当時)2号線の駅が開業。
  • 1996年12月31日 - 合井駅 - 堂山駅に架かる堂山鉄橋漢江に掛かる鉄道用橋梁)で欠陥が発覚したため、午後11時から1999年11月21日まで運休、橋梁の架け替え工事を実施。期間中はこの駅から堂山駅まで代行バスが運転された。なお、合井駅に臨時の折り返し設備が作られたが、新村駅方面からの半数程度の列車はこの駅で折り返していた。
  • 2005年1月1日 - ソウル特別市地下鉄公社がソウルメトロに改称。
  • 2006年4月25日 - KORAIL空港鉄道の建設のため、3番出入口・4番出入口を閉鎖。
  • 2007年7月 - 2号線のホームにおいてホームドア稼働開始。
  • 2010年12月29日 - KORAIL空港鉄道の駅が開業。
  • 2012年12月15日 - 京義電鉄線(龍山線)の駅が開業。
  • 2014年末 - 龍山まで京義電鉄線が延伸され、中央電鉄線と直通する予定。

隣の駅[編集]

ソウルメトロ
2号線
合井駅 (238) - 弘大入口駅 (239) - 新村駅 (240)
KORAIL空港鉄道
仁川国際空港鉄道
直通
通過
一般(各駅停車
孔徳駅 (A02) - 弘大入口駅 (A03) - デジタルメディアシティ駅 (A04)
韓国鉄道公社
京義電鉄線
A急行
孔徳駅 (K312) - 弘大入口駅 (K314) - デジタルメディアシティ駅 (K316)
大谷急行・緩行
西江大駅 (K313) - 弘大入口駅 (K314) - 加佐駅 (K315)

外部リンク[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]