景徳王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
景徳王
Silla-monarch(29-37).png
各種表記
ハングル 경덕왕
漢字 景德王
発音 キョンドクワン
日本語読み: けいとくおう
ローマ字 Gyeongdeok Wang
テンプレートを表示

景徳王(けいとくおう、? - 765年)は、新羅の第35代の王(在位:742年 – 765年)で、姓は金、は憲英。先代の孝成王の同母弟であり、父は33代聖徳王、母は順元伊飡(2等官)の娘の炤徳王后。王妃は舒弗邯(1等官)の金義忠の娘の満月夫人(景垂王后)[1]。孝成王に子がなかったために739年5月に太子に立てられており、742年5月に孝成王の死去に伴い王位に就いた。

治世[編集]

からは先王の官爵を継承することを許され、743年にあらためて<新羅王・開府儀同三司・使持節・大都督・鶏林州諸軍事・兼充持節・寧海軍使>に冊封された。また、このとき、玄宗自らが注釈をつけた『孝経』を下賜されている。この後も王弟を賀正使として唐に派遣したり、度々の朝貢を行なったりして、唐との親密な関係は維持された。

日本との交流においては、半島統一後の唐や渤海に対する緊張感のために背後となる日本に対しては低姿勢の外交を行なってきていたが、唐との関係を回復するにつれて、すでに聖徳王の頃から対立を生じるようになっていた。また、唐とともに共通の敵国とした渤海が文王大欽茂の即位とともに唐との平和的な関係を築き、かつ日本へも接近するようになったために、いよいよ新羅と日本との外交にも大きな変化が現われることとなった。両国間では頻度は低くなったものの互いに使者の行き来はあったが、政府としては使者を正式に迎え入れなくなったことがそれぞれの史料に残っている[2]

官吏を弾劾するための職能を持つ司正府を創設[3]、官吏を監察するために貞察を配置[4]したように、官僚機構の維持を図るとともに、752年には倉部(徴税)の史(3次官)を3名増員するなど徴税業務の増大への対応をしていたことからも、王権とともに国力が充実した様がうかがえる。また、757年には上大等の金思仁を病気を理由に解任し、後任の金信忠も763年には政治的責任を追及して罷免した。上大等は新羅の中央貴族連合勢力の頂点にある有力者であって一王代を通じて辞職することは認められなかったものであるが、先例となる聖徳王代には老齢を理由とする辞職願いを許可したものであったのに対し、景徳王代の解任劇では上大等の地位そのものが低下し、中央官僚制に組み入れられた一官職に過ぎない様相を呈するに至った。

757年12月には九州五小京を含んだ全国各地の地名を固有語から中国風の漢字2文字に変更した。また、759年正月には中央官庁とそれに属する官職名についても中国風のものに変更している。地名改称については州に所属する郡県の区域の改定も行なっており、単なる美名改称ではなく、従来の三国時代の伝統を考慮した地方行政を律令体制の立場から再編推進しようとする意図のものであると考えられている[5]

しかしこうした律令体制を推進する政策の一方で、757年3月には官僚への俸給制度を廃止して禄邑制度を復活させている。土地と人民とを直接支配するために神文王の時代(689年)に禄邑制度から俸給制度に移行していたが、70年足らずでの制度復旧は、地域支配を基盤とする貴族連合の要求に妥協したもであり、当時の新羅では律令体制推進派と貴族連合体制への復帰派との政争があったものと見られている[6]

762年5月には現在の黄海道方面に五谷(瑞興郡)・鵂巌(鳳山郡)・漢城(載寧郡)・池城(海州市)・徳谷(谷山郡)の六城を築いて渤海への備えとした。また、東宮や永昌宮の修繕、宮中に大池を造成、蚊川(慶州市の南川)に月浄橋・春川橋を架橋、永興寺(慶州市)・元延寺(未詳)の修築など、鎮護国家のため、土木事業を大いに行なったことが伝えられている。その極め付きは仏国寺であり、751年に建立が開始され、次の恵恭王の時代までかかって完成したものである。

在位24年にして765年6月に死去し、景徳とされて毛祇寺(『三国遺事』王暦では頃只寺とする)の西の峰に埋葬された。慶州市内南面の史跡第23号が景徳王陵として比定されている。

脚注[編集]

  1. ^ 三国史記』新羅本紀・景徳王即位紀には、王妃は伊飡(2等官)の順貞の娘とあるが、王の2年(743年)4月に舒弗邯の金義忠の娘を王妃としたことが記される。『三国遺事』王暦においては、先の妃として三毛夫人、後の妃として依忠角干(1等官)の娘の満月夫人(諡されて景垂王后、または景穆王后)と記す。「義」と「依」とは同音()。また、『三国遺事』紀異・景徳王忠談師表訓大徳条には、「景徳王には子がなかったので王妃を廃して沙梁夫人とした。後の妃は満月夫人といい、景垂太后と諡された。依忠角干の娘である。」としている。
  2. ^ 新羅側においては、『三国史記』巻九・新羅本紀・景徳王紀「元年(742年)冬十月。日本国使至。不納。」「十二年(753年)秋八月。日本国使至。慢而無礼。王不見之。乃廻。」など。日本側においては『続日本紀』巻十四・聖武紀「(天平十四年(742年)二月)戊寅(中略)新羅使沙飡金欽英等一百八十七人来朝。庚辰(中略)便令右大弁紀朝臣飯麻呂等饗金欽英等於大宰。自彼放還。」など。
  3. ^ 『三国史記』新羅本紀では745年に景徳王による創設とするが、同書・職官志では武烈王の6年(659年)の創始とし、景徳王代には他の官名と同じように改名(司正府→粛正台)されたものとする。
  4. ^ 『三国史記』新羅本紀では748年8月に初めて貞察1名を配置したと記すが、同書・職官志では746年の内司正典(内省の官吏の監察)を創始した際に貞察2名を配置したと記している。
  5. ^ 井上1972 p.228
  6. ^ 井上1972 p.228。また、禄邑制の復活については、中央集権的な官僚制の行き詰まりと矛盾の現われとも指摘される。→武田2000 p.101。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

聖武天皇(日本)

外部リンク[編集]