中部国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中部国際空港
Chubu Centrair International Airport
Nagoya Airport view from promenade.jpg
Chubu Centrair International Airport - Departure Lobby - 01.JPG
IATA:NGO-ICAO:RJGG
NGO/RJGGの位置(日本内)
NGO/RJGG
NGO/RJGG

空港の位置

概要
国・地域 日本の旗 日本
設置場所 愛知県常滑市
空港種別 商業
運営者 中部国際空港株式会社
運営時間 24時間
標高 5 m・15 ft
位置 北緯34度51分30秒
東経136度48分19秒
座標: 北緯34度51分30秒 東経136度48分19秒
ウェブサイト
滑走路
方向 ILS 全長×全幅 (m) 表面
18/36 III/III b 3,500×60 舗装
リスト
空港の一覧

中部国際空港(ちゅうぶこくさいくうこう、Chubu Centrair International Airport)は、愛知県常滑市沖の伊勢湾海上の人工島にある国際空港であり、空港法4条1項で法定された拠点空港である。愛称はセントレアで、略称として中部空港中部と言われることもある。時刻表や発着案内では名古屋名古屋空港(小牧)と明確に区別する必要があるときは名古屋(中部))と表示される。

概要[編集]

IATA空港コードNGOで、開港前に名古屋空港通称:小牧空港)で使われていたものを継承している。2015年夏ダイヤでは、定期国際線は旅客便週296便、国内線1日最大77便、貨物便は週28便が就航する。

愛称の「セントレア (Centrair)」 は、英語で「中部地方」を意味する"central"と「空港」を意味する"airport"を組み合わせた造語で、一般公募の中から選ばれた。商標として登録されており(商標登録番号:第4566713号)、空港内の施設の名称や空港島の地名にもなっている。また、英語での正式名にも使用されている(日本初)ことから、航空交通管制における当空港の呼出名称にも使用されている。

国際空港評議会 (ACI) による年間利用者数500万から1,500万人の国際空港評価で2005年から4年連続の世界1位。2009年は4位、2010年は2位となったが、2011年からは2年連続の1位となった[1]

年間利用客数(2013年度)は、約987万人(国内線5,404,098人、国際線4,467,114人)[2]。 愛知万博開催に合わせて開港し、開港景気もあった2005年度の年間利用客数1,200万人超をピークに、2008年のリーマン・ショックに加え、2010年に日本航空が会社更生法の適用を受ける等の影響による路線縮小・撤退が相次ぎ、底となった2011年度は900万人を割っていたが、LCCの就航や訪日外国人旅客の大幅増により回復傾向にある。

愛知県の貨物については、約3割が中部空港利用[3]である。

2007年8月の関西国際空港二期工事限定供用後は、成田国際空港および関西国際空港がそれぞれ滑走路2本となっているのに対し、中部国際空港は滑走路1本であり、競争条件として不利であると中部国際空港株式会社や地元財界は考えており[4]二本目滑走路整備事業の実現を強く求めている。

歴史[編集]

旧名古屋空港(現・名古屋飛行場)に替わる中部新国際空港の建設及びアクセス道路の整備、周辺部の開発についての反対運動が行われており、過去に建設された他の日本国内における大規模空港新規建設時と同様に、周辺・近隣住民および漁業関係者を中心に支持を得ていたとは言い難いが、後述の環境対策等により騒音・漁場問題も比較的良好に解決されており、現在では観光スポットの1つとして定着している。 また、2005年愛知万博開催に合わせた華々しい開港と愛知万博の成功、そしてセントレアという愛称とともに当初予想していた以上にスムーズに各方面に浸透した結果、中部国際空港は中部地方における空港として広く一般的に認知されるに至った。 セントレアも外国籍航空会社の英語による機内アナウンスでも使用されるほどを浸透しており、「新たな英単語を造語して大規模空港の公式愛称とする」という過去に例を見ない斬新な試みは国内外に向けて中部国際空港の定着を図る上で間違いなくプラスに作用したといえる。そして開港から10周年を迎えた2015年現在において、中部国際空港の開港は中長期的に見て成功であったとの意見が多数を占める。[要出典]

今後は中部国際空港を拠点として近々運航を開始する予定のエアアジア・ジャパン(2代目)を中心としてLCC航空会社への対応を中心として、航空機を沖止めする際の駐機スポットの増設など、空港施設面からの設備投資を進めている段階である。 空港の運営が軌道に乗ってからは、2014年度まで5期連続黒字を達成している。

国際的評価[編集]

ターミナルビルの設計段階から、最新の人間工学なども取り入れて建設された為、開港以降、国際線から国内線への乗り換え利便性の高さや、機能的かつ先進的な空港設計が評価され、数々の国際的評価を受けてきた。 2000年代は国際ハブ空港としての機能性や先進性を評価される事が多かったが、2010年代に入り、2015年3月には権威ある空港格付け機関であるスカイトラックス社から世界第7位の国際空港と評価された。

2011年11月にはACI(国際空港評議会)が選ぶ『エクセレントエアポート(Director General's Roll of Excellence)』賞をシンガポール・チャンギ空港などと共に受賞。

2015年3月には航空業界の代表的格付機関であるスカイトラックス社が、 世界の国際空港トップ10を決める「ワールドベストエアポート2015」賞を発表し、世界6位の羽田空港と共に中部空港が世界7位に入賞した。 さらに同時に発表された「WORLD'S BEST REGIONAL AIRPORT」賞で世界第1位に輝いた。この部門では2013年から3年連続の受賞であり、世界最長記録である。

2015年スカイトラックス社国際空港ランキングで世界10位以内に選ばれたのは、日本国内では羽田空港中部国際空港のみであった為、中部空港は開港10周年の年に新たな栄誉を獲得する事となった。

今後の整備計画・構想[編集]

新ターミナル建設事業(セントレア南側地区整備事業)[編集]

2013年1月、同年がセントレアの本格的なLCC元年となることが予想される情勢を鑑み、中部国際空港(株)社長の川上博は「利用者の選択肢が広がり、セントレアの利便性も高まる」と歓迎し、LCCの新規就航に対応するためLCC向けターミナルの建設構想を固めたことが報道された[5]。その後、同年3月29日に公式サイトにて「セントレア南側地区整備事業」と称した計画を正式に公表した[6]

建設予定地は国際線ターミナル南側にある駐車場付近で、国内線と国際線を一体運用が可能なターミナルを建設するとしていたほか、LCFが駐機する付近へのスポット増設や新ターミナル利用者向けの駐車場もあわせて整備するとしていた。また、この設備増設に伴い、既存のターミナルビルを「第一ターミナル」とし、新ターミナルを「第二ターミナル」とする模様でもあった。なお、「第二ターミナル」は主にLCC向けではあるが、LCC以外の航空会社も使用するものとしていた[7]。コスト削減を徹底する「トヨタ方式」で利便性の高い安価な構造のターミナルとする構想で、ボーディング・ブリッジを使用せずタラップを用いた搭乗・降機となる。同社にはすでに「ターミナル企画チーム」が発足しており、社長の川上は報道機関に対し「関空、成田の後のターミナルとなるので独自性を出す。ただ関空の良いところは取り入れたい」と説明している。[8]

ターミナルが完成すれば、施設使用料の低減が図られることから、航空会社および旅客にとってもメリットが大きいとする論評もなされている[8]。LCC各社は、新ターミナルが完成するまでは既存のターミナルを使用する予定だが、早ければ2013年夏に着工し2014年後半からの運用開始を予定していた。また、この時点で国内線に就航していたLCCは2社ともに当空港を拠点空港のひとつとする方針でもあった。

春秋航空の乗り入れ開始と2代目エアアジア・ジャパンの動向[編集]

しかし2013年6月、エアアジア・ジャパンの合弁解消による経営方針変更による情勢変化に伴い、中部国際空港(株)は計画変更の検討を開始したとの報道がなされた[9]のち、同年10月には計画の延期が発表された、その後しばらく音沙汰がなかったが、2015年に発表されたこの先5年間の中期経営計画に新規ターミナルの早期建設が示唆された事で、この年の夏ダイヤからLCC各社による路線開設が相次いだ、そして2015年6月には中国大手LCCの春秋航空が中部空港に本格的に乗り入れ開始し、中部空港発着で中国国内都市行5路線(ハルビン石家庄フフホト内モンゴル自治区)・合肥上海浦東)を運航開始すると発表され、延期されていたLCCターミナル建設に弾みが付くと指摘されている。なお中国内モンゴル自治区へ中部空港からの直行国際便が運航された場合、日本の航空史上初の路線となる。[10]


中部国際空港開港以来、前島と呼ばれる常滑市側の新規埋め立て地区は空き地が目立ったが、2013年8月に外資系大規模会員スーパーのコストコや進出したほか、2015年秋のオープンを目指して大規模小売店舗のイオンがりんくう常滑地区に大規模イオンモール(敷地面積は約20万2000㎡、延床面積約8万9700㎡、総賃貸面積約6万5000㎡、店舗数は約200店を計画)の建設を発表している。 長らくその開発方法が論議されてきた常滑市側埋立地は、2013年頃から本格的な開発ラッシュを迎えており、2015年末にも予定されている大規模イオンモール「りんくう常滑店」完成の際には免税店なども整備する予定であり、休日には駐車場が買い物客で溢れかえっているコストコと共に「中部臨空都市」の発展の中心軸となるといわれている。

飛行場施設[編集]

  • 運用時間 : 24時間 / 利用時間 : 24時間
  • 滑走路 : 3,500m×60m
  • 誘導路 : 延長約10.2km 幅30m
  • エプロン : 約80ha 58スポット(増設計画が進行中)
  •  ボーイング社特殊貨物施設:787型機主翼などシアトルへ貨物輸送する大型航空機主要部位を保管・管理する専用施設「ドリームリフター・オペレーションズ・センター」(DOC)

管制塔[編集]

国内初の円形の管制塔ターミナルビルの北東に位置する。滑走路端まで見渡せる高さということから計算され、高さ86.75m(鉄筋5階建)となった。2009年時点で国内では東京国際空港成田国際空港に次ぐ高さ。

また、中部国際空港における航空管制は、関西国際空港と同様に広域航空管制を実施している。

これは、中部発着の航空機のみならず、名古屋飛行場愛知県西春日井郡豊山町他)・航空自衛隊岐阜基地岐阜県各務原市)・浜松基地静岡県浜松市西区)・陸上自衛隊明野駐屯地三重県伊勢市他)などの進入・出発機のターミナルレーダー管制業務を行っている。

従来、航空路管制とトラフィック調整して飛行高度を許可する必要があったが、中部管制にて12,000ftまでは、航空機に対して上昇許可が与えられるようになっている。

管制塔内には、最新のデジタル機器や液晶ディスプレイの導入を行い、従来よりも多彩な情報を提供できるようになったとともに、IFR室にあっては、レーダー画面に液晶ディスプレイを導入したことにより照明を落とさなくて済むようになっている。

旅客施設[編集]

中部国際空港ターミナルビルの概略配置図
  • 鉄骨4階建
  • 延べ床面積:約22万m²(南北約1,030m×東西約500m)
    センターピアをはさんで北ウイング(国内線)、南ウイング(国際線)が配置された折り鶴をイメージしたT字形の構成であり、旅客の移動距離の短さが特長である。到着は2階部分、出発は3階部分にまとめられている他、チェックインカウンターから搭乗ゲートまでおよそ300mと近い。T字型形状に合わせたスポット配置は、計画時に航空関係者を含めて検討を行い、入隅部の機材運用に若干の制約がある。2015年から国際線施設を南側へ拡大するため沖止めスポット増設工事が行われている。2016年末に完成予定。
  • 国内線ターミナルの北側に一般貨物専用地区があり、国際線ターミナルの南には愛知県で製造されたB787の主翼などを米国本土まで定期輸送しているB747LCF(ドリームリフター)専用施設「ドリームリフター・オペレーションズ・センター」(DOC)及び大型貨物機用スポットが整備されている。
  • ウクライナ・アントノフ社製のAn-124(ルスラーン)など特殊な大型貨物機が飛来した際も、この大型貨物機専用スポットを優先的に使用する事が出来るため、他の国内大規模空港に比べ特殊貨物機への対応能力に優れている。
  • 国際線施設はA380-800にも対応しており、2014年夏季スケジュールにおいて、シンガポール航空保有A380型機により定期国際便が運航された。
  • インラインシステム(In-Line System)
    保安検査は、チェックイン後の手荷物の搬送、仕分けの過程で検査を行うインライン方式を採用している。通常行われる検査方式では、チェックイン前の手荷物検査で検査場が混雑し、行列が出来てしまい、出発時刻よりかなり早く空港に来る必要があった。インライン方式にすることで、旅客ターミナルビルをコンパクトにすることが出来、乗客は搭乗までの時間を食事や両替など、旅の準備に使うことができる。イギリスなどで行われている多段階の検査方式と同様なものである。
    ターミナルビル1階には、常滑郵便局セントレア分室[11]が置かれている。
  • センターピアガーデン : 木々が立ち並び、ガラス窓の天井から光が差し込む吹き抜けの全天候型の庭園。突き当りの内部空間はレストランになっている。
  • 展望デッキ : 滑走路に向けて大きく突き出した全長300mの屋外展望デッキ「スカイデッキ」が設けられている。毎年冬期には大規模なイルミネーションが開催され、好評を博している。2014年冬期にはディズニー社が全面協力した「ディズニープリンセス/ドリームイルミネーションin 10th Anniversary セントレア」が開催され、多くの観光客が訪れた。

なお展望デッキにワイヤー方式を採用した日本初の空港である。

商業施設[編集]

レンガ通り、天使が3体・猫が2体設置されている
ちょうちん横丁、天神様が1体安置されている

総店舗面積、約11,000m²。他の空港では小規模な店舗が点在するのに対して、まるは食堂矢場とん、えびせんべいの里など100店舗以上の地元や東西の有名店、レストランが集合している。ショッピング街としてスカイタウンには、開放的なヨーロッパ調の街並みの「レンガ通り」と、照明を落として古い日本の商店街の雰囲気を作り出している「ちょうちん横丁」があり、2012年度に開港以来となる商業店舗の新規出店、改装(約2割の規模)をした。国際線出発ロビーにある免税店街には、国内最大級の免税店も存在する。 ショッピング街の中にはユニクロも営業しているため、海外旅行に出発する前に必用な衣料品を揃える事も出来る。

スカイタウンにある「くつろぎ処」では、日本の空港初の展望風呂「風(フー)の湯」(2008年2月16日のリニューアル再オープンで「宮の湯」から改称された)があり、浴場内や屋外の休息場所から滑走路および離着陸する飛行機を眺めることができる。また「くつろぎ処」内にはリフレッシュサロン「グランラフィネ」やお食事処は「風々茶屋」が設置される。なお「くつろぎ処」のリニューアルは、2007年11月1日より2008年2月15日まで行われ、展望風呂の経営者が替わったほか、従来あった床屋が廃止された。周辺行楽地と合わせ、セントレア見学のバスツアーなども催行されている。 4Fスカイタウンにはエベント開催のためのスペースが用意されており、開港以来様々なイベントに活用されている。2015年春には開港10周年記念としてタレントのイモトアヤコさんによるスペシャルトークショーが開催され、特別会場となったスカイタウンは大盛況であった。

エアブロイ[編集]

セントレアはドイツバイエルン州にあるミュンヘン国際空港と姉妹空港提携をおこなっている。このミュンヘン空港内のレストラン「エアブロイ」で醸造されたビールルフトハンザ・カーゴで空輸し、セントレア内のレストランで期間限定販売している。

ドイツにはビールにコーンスターチ等の添加を禁止するビール純粋令という法律があった(現在は無効)。この法律に基づいて醸造されたビールを鮮度の高い状態で空輸している。製造から5日以内のビールをセントレアでは出しており、2006年は3万杯飲まれた[12]

この企画が好評を博したため、その後も毎年夏期を中心に継続して行われており、2010年も7月10日から8月31日までの間、レストランクイーンアリスアクアでラガービールの『フリーガークエル』と白ビール(ヴァイツェンビール)の『クムラス』の2種類を販売している[13]

イベント施設[編集]

センターピアガーデン

ターミナルビル1階、センターピアガーデンの先端に、結婚式が可能なスペース、施設が設けられており、週末を中心に挙式が行われている。披露宴は、3階の展望レストラン「クイーン・アリス」ブランドの「アリスダイニング(クイーン・アリス&歌舞伎)」で行われるのが一般的であり、参列者の参集から、挙式、披露宴、新婚旅行への旅立ちが、空港内だけで完結する。

4階のイベントプラザ、1階のセントレアギャラリー、別館のセントレアホール等で各種展示会やショー、ミニコンサートなどのイベントが開催されている。オフィス棟の第2セントレアビルには、国際シンポジウム、セミナー、株主総会、室内楽、展示会、発表会、懇親会など、多目的に利用できる会議ホール「セントレアホール」が設けられている。

イベントプラザで有名人のトークショーなどを行う事も多い。開港10周年記念イベントではタレントのイモトアヤコがゲストとして登場し、立ち見客も出るほどの大盛況であった。

アクセスプラザ[編集]

ターミナルビル東側には、交通アクセスを集約した「アクセスプラザ」がある。アクセスプラザには鉄道駅・バス乗車場・高速船のりば・自動車駐車場タクシーのりばが、ターミナルビルおよびホテルへのアクセスが便利なようにまとめられている。ただし、路線バス貸切バスおよびタクシーでの空港到着時の降車場はアクセスプラザではなくターミナルビル本館1階にある。アクセスプラザからは出発・到着ロビーのある2階・3階へ段差なしで移動できる。

2012年5月には常滑市の観光案内所と常滑競艇場場外発売所を備えた「オラレセントレア」が開業している。

マスコットキャラクター[編集]

空港のオリジナルキャラクターとしてアランジアロンゾがデザイン[14]した「セントレアフレンズ」が設定されている[15]

当初は「なぞの旅人フー」「なぞの荷物持ち」「なぞのトリ」が発表され、2005年1月17日にどうぶつたち(いぬくん、ねこちゃん、かもめちゃん)、くもくんたち(クラウズ)(くもくん、くろくもくん)、ひこーきなかま(プレインズ)(ひこーきくん、ジェットくん)が追加発表された[16]。なお「なぞの旅人フー」は開港前の2003年10月に名前が一般公募され決まった。

衣類、玩具、お土産品、お菓子等セントレアフレンズのキャラクターグッズも多く販売されているほか、フーを中心にしたダンスやイベントが開催されるなど多方面に展開している。

拠点がある機関[編集]

2008年10月1日に発足し、10月21日に伊勢航空基地を移転し常滑海上保安署を統合した。巡視艇と航空機を運用する海上保安航空基地としては関西空港海上保安航空基地に次いで2箇所目。2機のベル 212ヘリコプターと巡視艇1隻が配備されている。

貨物施設[編集]

荷役中のボーイング747-400LCF型

旅客ターミナルビルに隣接して、貨物ターミナルが設置される。国内線・国際線共用であり、トラック待機場の設置などリードタイムの短縮を図るとともに、保税地域の適用による税関手続きの簡素化を目指す。貨物路線としてはエア・ホンコンANAなどが定期貨物路線を運航している。 北米に本拠地を置くアトラス航空が、愛知県で製造されるB787型機の主翼を米国・シアトルまで輸送するため、日本国内ではここでしか見ることができず、全世界に4機しか存在しないボーイング747-400LCF型を使用して運航を行っている事が中部空港の国際貨物輸送関連では最大の特徴だといわれている。

このほか、日本の海上空港で唯一の施設として大型貨物の荷役が可能な港湾施設「常滑港 空港地区」があり、空港との連携が図られている[17]。この設備の活用例として、愛知県内で製造され海上輸送したボーイング787の大型部品をアメリカの工場へ空輸するボーイング747-400LCF型輸送機に積み替えている。 このドリームリフター用特別貨物施設を利用する事で、他の日本の空港よりも特殊大型貨物機の受け入れ態勢に特化しているため、ヴォルガ・ドニエプル航空An-124を使ったチャーター便でセントレアに頻繁に飛来している。同社は中部国際空港の特殊貨物機用施設の充実を高く評価している。 これらの特殊貨物運輸の為に飛来するAn-124ボーイング747-400LCF型と並んで中部空港の名物機となっている。

日本の運輸業者としては2014年に鴻池運輸が、中部空港を起点とした中京地区の物流ネットワークの充実を図るため、愛知県大府市に「大府配送センター」を開設した。同施設は中部空港からから約25㎞(約30分)と交通アクセスの良い場所に所在するため、新たな中京地区の物流の拠点として対応が可能だという。 中部空港より輸入された外国貨物のまま取り扱える保税蔵置場の認定を受ける予定で、KONOIKEグループの海外ネットワークとの連携により、海外からの製品輸入、通関、保管、加工、国内配送までワンストップでサポートするという。

ホテルや併設施設[編集]

空港島内にはセントレアホテルコンフォートホテル中部国際空港東横INN中部国際空港がある。セントレアホテルは当初、別の企業が進出する予定であったが2003年に辞退したため、名古屋鉄道が進出した。

同時に造成された中部臨空都市にはりんくう常滑駅前に「Jホテルりんくう」(2棟)がある。

他に空港島内にはコンビニ(ファミリーマートセントレア店)があり、年中無休24時間営業している他、商船三井ロジスティクス名古屋支店中部国際空港営業所などが所在している。

駐車施設は24時間営業、収容能力は5800台。さらに年末年始など繁盛期のみ開場する臨時駐車場(国際線ウィングから南方向に開設)や電気自動車(EV)およびプラグイン・ハイブリッド車(PHV)用充電スタンドも完備している。観光バス専用駐車場もターミナルビル近くに整備されている。

ターミナルビルには遠州鉄道が運航を行っている静岡県浜松駅及び掛川駅からの空港直行バス「e-wing」中部国際空港線も乗り入れる。その他の地域からの定期バス・観光バスなども、旅客ターミナルビル1階に到着する。ターミナルビル1階にはコンビニも営業している他、「中部武将館・SAMURAI LAB」という戦国武将紹介施設も併設しており甲冑などを展示している。

天候・環境[編集]

新規に建設する空港島が周囲の海流に与える影響を小さくするため、空港島は専門家の意見を取り入れた上で伊勢湾の海流に与える影響を最小限とする形で設計され造成された。 空港島建設時には周辺の漁業に対する配慮の為、魚を棲み処となる漁礁が投入されたが、これが功を奏し造成から数年後には空港島周辺に投入されたテトラ・ブロックなども含めて空港島自体が巨大な漁礁として機能するようになったため、常滑市沖では空港建設以前より魚がよく釣れるようになったといわれている[要出典]

国土交通省交通政策審議会の資料によると、就航率は97.9%で全国86空港中44位である[18]

開港5周年を迎えた2010年3月からは、藻場を整備して建設された空港島に繁殖し、大量に生息するようになった海藻アカモクを加工し、名産品「天然あかもく セントレアの恵み」と銘打ち、中部空港内の店舗や地元地域の小売店で販売しており、思わぬ形で生まれた中部空港名物として定着している。

環境対策[編集]

騒音対策として空港を海上に建設することにより、市街地への航空機騒音を低減した。なお、離着陸時の騒音は市街地では騒音基準を下回るようになっている。

海流への配慮として、人工島である空港島によって伊勢湾を南下する海流を阻害しないように、空港島の平面形状をDの字のような形状としている。これにより対岸との最小海域幅を確保し、滞流を予防している。また直線部分についても、角を丸めることにより渦の発生を防止している。 当初の狙い通り、空港島の周りに投入された大量のテトラポットが漁礁として機能したため、以前は常滑沖で釣れなかった魚介類も徐々に繁殖した事で、中部空港沖は新たな沖釣りポイントとして知られるようになっている。

拠点・焦点都市としている航空会社[編集]

1社が当空港をハブ空港(拠点都市)としているほか2社が焦点空港(焦点都市)として運航している。

就航路線[編集]

国際線は26都市 296便/週、国内線は18都市 77便/日(最大)、貨物専用便は7都市 28便/週が就航している。(2015年夏ダイヤ)

国内線[編集]

JALやANAなどの大手航空会社及びLCCが国内にある主要空港との間で定期路線を運航している。国際線からの乗り換えに特化した機能的な構造のターミナルである。札幌(新千歳空港)・福岡(福岡空港)・沖縄(那覇空港)などの高需要路線は、安定して高い搭乗率を維持できるため、複数の航空会社が高頻度で運航している。東京の羽田空港及び成田空港への便もある。国内線利用客に対しては空港施設利用料が課されている。かつては航空会社が(航空運賃に含む体で)支払っていたが、2005年4月1日からは各利用者が1回あたり310円を、航空券購入時に上乗せして支払うことになった。この方式での利用料徴収は、国内では東京国際空港(羽田空港)についで2例目である。

航空会社が2社以上の場合、最前の航空会社の機材・乗務員で運航する共同運航便(コードシェア便)

航空会社 就航地
日本航空 (JAL) たんちょう釧路空港(8月限定運航)、とかち帯広空港(8月限定運航)、新千歳空港東京国際空港(羽田空港)成田国際空港
日本トランスオーシャン航空 (JTA) 那覇空港
全日本空輸 (ANA) 女満別空港旭川空港新千歳空港函館空港秋田空港仙台空港東京国際空港(羽田空港)、成田国際空港新潟空港松山空港福岡空港長崎空港阿蘇くまもと空港宮崎空港鹿児島空港那覇空港新石垣空港
スカイマーク (SKY) 新千歳空港那覇空港
ジェットスター・ジャパン (JJP) 新千歳空港福岡空港鹿児島空港阿蘇くまもと空港那覇空港
ソラシドエア (SNJ)・全日本空輸(ANA) 那覇空港
スターフライヤー (SFJ)・全日本空輸(ANA) 福岡空港
IBEXエアラインズ (IBX)・全日本空輸(ANA) 仙台空港福岡空港大分空港

統計[編集]

(中部国際空港発)就航路線別旅客数/順位[19]
行き先 旅客数 国内線順位
新千歳空港 約127万人 上位14位
那覇空港 約 94万人 上位26位
福岡空港 約 83万人 上位30位

国際線[編集]

日本航空は東アジア・東南アジア及びハワイ・ホノルル線を自社運航。全日空香港など中国路線を中心に定期運航している。

また日本政府とのオープンスカイ協定に基づく以遠権を利用してユナイテッド航空デルタ航空が中部国際空港発着のグアム線・ホノルル線などの定期国際路線を開設している。

海外航空会社運航路線は中国大陸各地への定期便が充実している。東南アジア路線については、フィリピン航空のセブ線などが新規就航する一方、エアアジアXの1年足らずでの運休(2014年夏ダイヤ就航、2015年2月運休)や2015年夏ダイヤから就航開始予定だったガルーダ・インドネシア航空のジャカルタ線が延期するなど、伸び悩む傾向にあると言える。特に中国南方航空中国東方航空は、中部空港を日本における拠点空港の一つとして位置付け[要出典]、中国主要都市間への定期便を運航している。

2015年6月からは中国大手LCC春秋航空も乗り入れを開始し、上海線の他、日本から初の定期国際便となる内モンゴル自治区フフホト線や合肥線など4路線を開設する。

エティハド航空によるアラブ首長国連邦アブダビ線を利用して中東やアフリカ大陸各地へ乗り継ぐ事も可能である。

北米大陸線はデルタ航空アメリカ合衆国ミシガン州デトロイトへ直行便を運航しており、欧州線はルフトハンザドイツ航空ドイツフランクフルトへ毎日直行便を運航し、北欧へはフィンエアーフィンランドヘルシンキへ毎日直行便を運航している。(2015年夏ダイヤ) 国際線出発にかかる旅客施設使用料は2,570円

航空会社 就航地
日本の旗 日本航空 (JL) 上海浦東国際空港(上海)、天津浜海国際空港(天津)、台湾桃園国際空港(台北)、ホノルル国際空港(ホノルル)、スワンナプーム国際空港 (バンコク)
日本の旗 全日本空輸 (NH) 上海浦東国際空港(上海)、香港国際空港(香港)
韓国の旗 大韓航空 (KE) 仁川国際空港(ソウル)、金海国際空港(釜山)
韓国の旗 アシアナ航空 (OZ) 仁川国際空港(ソウル)
韓国の旗 チェジュ航空 (7C) 仁川国際空港(ソウル)、金浦国際空港(ソウル)
中華人民共和国の旗 中国国際航空 (CA) 北京首都国際空港(北京)、上海浦東国際空港(上海)、成都双流国際空港(成都)
中華人民共和国の旗 中国東方航空 (MU) 北京首都国際空港(北京)、上海浦東国際空港(上海)、青島流亭国際空港(青島)、西安咸陽国際空港(西安)、武漢天河国際空港(武漢)、長沙黄花国際空港(長沙)(2015年5月6日から就航開始予定)[20]昆明国際空港(昆明/長沙経由)(2015年5月6日から就航開始予定)[21]
中華人民共和国の旗 中国南方航空 (CZ) 上海浦東国際空港上海)、広州白雲国際空港広州)、瀋陽桃仙国際空港瀋陽)、大連周水子国際空港大連)、長春龍嘉国際空港長春)、 武漢天河国際空港(武漢)(2015年5月17日より就航開始)[22]
中華人民共和国の旗 春秋航空 石家荘正定国際空港(石家荘)(2015年6月から就航開始予定)[23]フフホト白塔国際空港(フフホト)(石家荘経由)(2015年6月より就航予定)[24]、上海浦東国際空港(上海/浦東)(2015年6月より就航予定)[25]合肥新橋国際空港(合肥)(2015年6月より就航予定)[26]ハルビン太平国際空港(ハルビン)(2015年6月より就航予定)[27]
香港の旗 キャセイパシフィック航空 (CX) 香港国際空港(香港特別行政区)、台湾桃園国際空港(台北)
香港の旗 香港エクスプレス航空 (UO) 香港国際空港(香港)
台湾の旗 チャイナエアライン (CI) 台北桃園国際空港(台北)
フィリピンの旗 フィリピン航空 (PR) ニノイ・アキノ国際空港(マニラ) 、マクタン・セブ国際空港(セブ)
フィリピンの旗 セブパシフィック航空 (5J) ニノイ・アキノ国際空港(マニラ)
ベトナムの旗 ベトナム航空 (VN) ノイバイ国際空港(ハノイ)、タンソンニャット国際空港(ホーチミンシティ)
タイ王国の旗 タイ国際航空 (TG) スワンナプーム国際空港(バンコク)
シンガポールの旗 シンガポール航空 (SQ) シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)
ドイツの旗 ルフトハンザドイツ航空 (LH) フランクフルト国際空港(フランクフルト)
フィンランドの旗 フィンランド航空 (AY) ヘルシンキ・ヴァンター国際空港(ヘルシンキ)
アラブ首長国連邦の旗 エティハド航空 (EY) アブダビ国際空港(アブダビ)、北京首都国際空港(北京)
アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド航空 (UA) グアム国際空港(グアム)
アメリカ合衆国の旗 デルタ航空 (DL) グアム国際空港(グアム)、ホノルル国際空港(ホノルル)、デトロイト・メトロポリタン・ウェイン・カウンティ空港(デトロイト)

貨物便[編集]

国際物流大手のDHLエクスプレスポーラーエアカーゴの日本における貨物拠点空港として、DHLの物流拠点である米国・シンシナティへの貨物便や、上海への定期貨物路線を運航している他、アジア各地への国際貨物便を増加させるため、仁川国際空港を経由して輸出入ができるセントレア・コネクションINCなどの国際貨物促進制度を導入している。 またセントレアの貨物便の中で特徴的といえるのが、ボーイング787型機の製造関連業務のためアメリカと中京地区の間を頻繁に往復飛行している特別改造機747LCF(ドリームリフター)の存在が挙げられる。747LCFはセントレアの名物機ともいえる貨物機で航空専門雑誌にも当空港展望デッキより撮影された写真が頻繁に掲載されており、主に愛知県で製造されたB787型機の主翼をシアトルまで運搬している。 利用促進のための施策「フライ・セントレア・カーゴ」がとられている。

航空会社 就航地
日本の旗 ANAカーゴ (NQ) 那覇空港(沖縄)、成田国際空港(東京)(到着便)
韓国の旗 アシアナ航空カーゴ (OZ) 仁川国際空港(ソウル)
香港の旗 エア・ホンコン (LD) 香港国際空港(香港)
アメリカ合衆国の旗 ポーラーエアカーゴ (PO) 仁川国際空港(ソウル)、台湾桃園国際空港(台北)、上海浦東国際空港(上海)、シンシナティ・ノーザンケンタッキー国際空港(シンシナティ)、成田国際空港(東京)(到着便)

ボーイング787型機用大型部品運搬定期便:747LCF(中部空港-ワシントン州シアトル・エバレット)

定期チャーター便:アントノフ社製大型貨物機An-124ロシア連邦ウリヤノフスク・ヴォストーチヌイ空港を拠点とするヴォルガ・ドニエプル航空が国際チャーター貨物便として運航)

上記に加えボーイング社ボーイング787型機の部品を輸送するため、ボーイング747-400改造フレイター機747LCF(ドリームリフター)を2007年1月からアメリカワシントン州エバレットへ向け運航中。 2014年からはボーイング787型機の製造が本格的な量産期を迎えた事もあり、貨物輸送量の急増に対応するためにチャーターされたヴォルガ・ドニエプル航空保有のAn-124型機が頻繁に飛来しており、747LCFと並んで貨物を積み込む姿を展望デッキより眺める事が可能な日もある。

2015年前半にはエティハド航空カーゴやカタール航空カーゴなど大型貨物チャーター機が集中的に飛来するなど、南米諸国・中東各地や東ヨーロッパ(主にウクライナ)・ロシアなどに籍を置く航空会社の臨時大型貨物チャーター機の発着数が増加傾向にある。中部地方の航空需要に関しては、かつてヴァリグ・ブラジル航空が就航していた事に象徴されるように、トヨタ自動車工業などの自動車製造業に従事し東海三県に集住する中南米出身者や、中古車卸売業などに従事するロシア人も多く在住するなど、関東地方や関西地方とは異なる独特の外国人在住者構成との関連が指摘されている。

就航都市[編集]

国内線[編集]


名古屋及び中京大都市圏発着の国内定期路線に関しては、中部空港以外に名古屋飛行場小牧空港)からフジドリームエアラインズエンブラエル社製ERJを使用して、東北地方や山陰地方などに合計9路線を展開している。小牧空港名古屋市都心部から北に車で20分程の場所にあるため利便性が高く、国内出張に多用するビジネス利用者が多い。詳しくは名古屋飛行場の項目を参照。)

国際線[編集]

今後の運航計画[編集]

就航開始・運航再開予定[編集]

増減便・運休予定[編集]

就航構想[編集]

マレーシアのエアアジア本社は中部空港を本拠地として2度目の日本進出を開始するため、中部空港勤務の職員を多数募集するなど具体的な行動を進めている。

撤退・休廃止の航空会社・目的地[編集]

国内線[編集]

航空会社 就航地
日本航空 (JAL) 青森空港いわて花巻空港、福岡空港、那覇空港
JALエクスプレス (JEX) 仙台空港、長崎空港、阿蘇くまもと空港、鹿児島空港
日本トランスオーシャン航空 (JTA) 石垣空港
全日本空輸 (ANA) 稚内空港福島空港鳥取空港米子鬼太郎空港徳島阿波おどり空港、大分空港、石垣空港
スカイマーク (SKY) 東京国際空港(羽田空港)、茨城
ジェットスター・ジャパン (JJP) 成田国際空港

国際線[編集]

航空会社 就航地
日本の旗 日本航空インターナショナル (JL) 成田国際空港(東京)、仁川国際空港(ソウル)、金海国際空港(釜山)、北京首都国際空港(北京)、広州白雲国際空港(広州)、ニノイ・アキノ国際空港(マニラ)、グアム国際空港(グアム)、シャルル・ド・ゴール国際空港(パリ)
日本の旗 全日本空輸 (NH) 仁川国際空港(ソウル)、広州白雲国際空港(広州)、天津浜海国際空港(天津)、台湾桃園国際空港(台北)
大韓民国の旗 大韓航空 (KE) 済州国際空港(済州)
中華人民共和国の旗 中國東方航空 (MU) 南京禄口国際空港(南京)
中華人民共和国の旗 中国南方航空 (CZ) 深圳宝安国際空港(深圳 (上海浦東国際空港経由))
中華民国の旗 チャイナエアライン (CI) 高雄国際空港(高雄)
中華民国の旗 エバー航空 (BR) 台湾桃園国際空港(台北)
マレーシアの旗 マレーシア航空 (MH) クアラルンプール国際空港(クアラルンプール)
マレーシアの旗 エアアジア X (D7) クアラルンプール国際空港(クアラルンプール)
アメリカ合衆国の旗 コンチネンタル航空 (CO) グアム国際空港(グアム)
アメリカ合衆国の旗 デルタ航空 (DL) 成田国際空港(東京)、サイパン国際空港(サイパン)、ニノイ・アキノ国際空港(マニラ)
北マリアナ諸島の旗 フライ・ミクロネシア (5K) サイパン国際空港(サイパン)
グアムの旗 コンチネンタル・ミクロネシア航空 (CS) ホノルル国際空港(ホノルル)、グアム国際空港(グアム)
カナダの旗 エア・カナダ (AC) バンクーバー国際空港(バンクーバー)、トロント・ピアソン国際空港(トロント)
オーストラリアの旗 オーストラリア航空 (AO) ケアンズ国際空港(ケアンズ)
オーストラリアの旗 カンタス・オーストラリア航空 (QF) ケアンズ国際空港(ケアンズ)
ニュージーランドの旗 ニュージーランド航空 (NZ) オークランド国際空港(オークランド)、クライストチャーチ国際空港(クライストチャーチ)

貨物便[編集]

航空会社 就航地
日本の旗 JALカーゴ (JL) 成田国際空港(東京)、仁川国際空港(ソウル)、天津浜海国際空港(天津)、香港国際空港(香港)、台湾桃園国際空港(台北)、スワンナプーム国際空港(バンコク)、ジョン・F・ケネディ国際空港(ニューヨーク)、ロサンゼルス国際空港(ロサンゼルス)、シカゴ・オヘア国際空港(シカゴ)、ハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港(アトランタ)、テッド・スティーブンス・アンカレッジ国際空港(アンカレッジ)
日本の旗 ANA&JPエクスプレス (9N) 成田国際空港(東京)、有明佐賀空港(佐賀)、仁川国際空港(ソウル)、大連周水子国際空港(大連)、青島流亭国際空港(青島)、廈門高崎国際空港(廈門)、天津浜海国際空港(天津)、香港国際空港(香港)、台湾桃園国際空港(台北)、スワンナプーム国際空港(バンコク)、シカゴ・オヘア国際空港(シカゴ)、テッド・スティーブンス・アンカレッジ国際空港(アンカレッジ)
日本の旗 日本貨物航空 (KZ) 成田国際空港(東京)、上海浦東国際空港(上海)、香港国際空港(香港)、スワンナプーム国際空港(バンコク)、ジョン・F・ケネディ国際空港(ニューヨーク)、ロサンゼルス国際空港(ロサンゼルス)、シカゴ・オヘア国際空港(シカゴ)、テッド・スティーブンス・アンカレッジ国際空港(アンカレッジ)、スキポール空港(アムステルダム)、ミラノ・マルペンサ国際空港(ミラノ)
韓国の旗 大韓航空カーゴ (KE) 仁川国際空港(ソウル)、ロサンゼルス国際空港(ロサンゼルス)
韓国の旗 アシアナ航空カーゴ (OZ) シカゴ・オヘア国際空港(シカゴ)(到着便のみ)
中華人民共和国の旗 中国貨運航空 (CK) 上海浦東国際空港(上海)
中華人民共和国の旗 揚子江快運航空 (Y8) 上海浦東国際空港(上海)
台湾の旗 チャイナエアライン・カーゴ (Cl) 台湾桃園国際空港(台北)
シンガポールの旗 シンガポール航空カーゴ (SQ) シンガポール・チャンギ国際空港(シンガポール)、ジョン・F・ケネディ国際空港(ニューヨーク)
マレーシアの旗 トランスマイル航空 (TH) クアラルンプール国際空港(クアラルンプール)
アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・パーセル・サービス (5X) 上海浦東国際空港(上海)、ルイビル国際空港(ルイビル)、テッド・スティーブンス・アンカレッジ国際空港(アンカレッジ)
アメリカ合衆国の旗 フェデラルエクスプレス (FX) 成田国際空港(東京)、仁川国際空港(ソウル)、上海浦東国際空港(上海)、サンフランシスコ国際空港(サンフランシスコ)、テッド・スティーブンス・アンカレッジ国際空港(アンカレッジ)、フランクフルト国際空港(フランクフルト)、アルマトイ国際空港(アルマトイ)
アメリカ合衆国の旗 エバーグリーン国際航空 (EZ) 香港国際空港(香港)、テッド・スティーブンス・アンカレッジ国際空港(アンカレッジ)、ポート・コロンバス国際空港(コロンバス)
ロシアの旗 エアブリッジ・カーゴ (RU) 香港国際空港(香港)、フランクフルト国際空港(フランクフルト)、シェレメーチエヴォ国際空港(モスクワ)、イェメリャノヴォ空港(クラスノヤルスク)
ドイツの旗 ルフトハンザ・カーゴ (LH) フランクフルト国際空港(フランクフルト)、ランドヴェッテル空港(ヨーテボリ)、シェレメーチエヴォ国際空港(モスクワ)、アスタナ国際空港(アスタナ)

など

国際線便数(週あたり)の推移[編集]

旅客便・貨物便共に名古屋空港時代より増加しており、ここ数年国際線は週300便ほどで安定して推移している他、臨時貨物チャーター便の飛来数が増加傾向にある。

国際線便数の推移






2004夏 2004冬 2005夏 2005冬 2006夏 2006冬 2007夏 2007冬 2008夏 2008冬 2009夏 2009冬 2010夏 2010冬 2011夏 2011冬 2012夏 2012冬 2013夏 2013冬 2014夏
旅客便 220 267 313 306 324 343 354 341 343 316 288 266 292 271 282 270 291 284 290 283 295
貨物便 5 26 40 54 52 47 51 45 30 26 15 17 14 14 14 14 14 16 29 28 28
合計 225 293 353 360 376 390 405 386 373 342 303 283 306 285 296 284 305 300 319 311 323

※数字は週あたりの発着便数。

交通[編集]

中部国際空港駅
港湾施設(左に旅客船桟橋、中ほどに旅客施設、右に貨物埠頭を見る)

名古屋市街まで約40km、約40分の位置にある。

鉄道[編集]

空港連絡鉄道第三種鉄道事業者(線路を所有し運行事業者に貸与)の中部国際空港連絡鉄道が設置しており、名鉄が乗り入れている。

鉄道が1社しか乗り入れていないことから、輸送障害が発生した場合の冗長性については、公共交通機関による代替交通手段が路線バスと船舶しかないことから容量が限られており、比較的脆弱である[49]。なお、東海旅客鉄道(JR東海)による乗り入れ構想は断念されたが、地元などには乗り入れを要望する意見[50]もある。 武豊線も参照。

中部国際空港駅から名鉄名古屋駅方面への最終列車は23時31分発の岐阜行き全車一般車特急であり、これ以降は路線バスなどの公共交通機関は設定されていない。なお、この時刻設定は全ての定期旅客航空便の到着に連絡可能だが、乗客や空港関連企業の従業員からは遅延時に備えて最終列車の発車時刻繰り下げを望む声が出ている(商業施設新聞による)。

路線バス[編集]

愛知県名古屋市内や尾張地方及び三河地方各所、静岡県浜松市及び三重県四日市市などに向かう定期バス路線が運航されている。 その他名古屋市郊外からは地下鉄東山線藤が丘駅前から空港連絡バスが出ている他、三河地方からは三河豊田駅や三河安城駅から中部空港までのバス路線が存在する。 空港島内の路線としては名鉄グループの知多バスにより「セントレア貨物・総合物流地区循環バス(旅客ターミナルビル - 貨物北 - 貨物事務所棟前・総合物流中央 - 旅客ターミナルビル)」が運航されている。

近年は名鉄特急との競合や燃料費高騰等の影響によりリムジンバスの統廃合が相次いでいたが、最近は飛騨高山や名古屋市内各所への新路線も開業している。

航路[編集]

かつて運航されていた航路[編集]
構想されていた航路[編集]
  • お伊勢サンライン(通称)
    • 宇治山田港伊勢市)(2008年4月20日より就航予定であったが、運航予定会社のセラヴィ観光汽船が同路線での運航から撤退した[51]

自動車[編集]

中部国際空港連絡道路セントレアライン愛知県道路公社

空港には5,800台分(開港時の4,000台から拡張(500台分は予約車専用)。他に臨時駐車場2,000台分有り)の駐車場が用意されている。駐車料金は300円/時間が基本(30分以内無料、1日最大1,500円 各種割引制度あり[52])。他に空港島内のホテルに1,164台分の有料駐車場があり、ホテルの宿泊客は割引サービスを受けられる。

タクシー[編集]

名鉄知多タクシー知多つばめタクシー安全タクシー大興タクシー鯱第一交通宝交通によって構成されている中部国際空港構内タクシー営業会の加盟会社のタクシーが乗り入れている。かつては、ひまわりも加盟していた。

定額タクシー[編集]

2015年3月現在は、フジタクシー、三重近鉄タクシー(三重県各所行き、)つばめタクシー、名古屋MKグループと遠鉄交通(静岡県各所行き)などがセントレアからの定額タクシーを運行しており、中部地方各所へ定額運賃にて利用者を運んでいる。中部国際空港から名古屋市中心部へ至る自動車ルートは、2011年に名古屋第二環状自動車道(名二環)の全線開通で、人口集中地域の名古屋市東部及び東南部隣接地域(日進市長久手市大府市など)からの高速交通網が整備されたことにより、セントレアまでの送迎がより早くなった事で、自動車による交通アクセスが大幅に改善した。

徒歩・自転車・原付[編集]

中部国際空港連絡道路は自動車専用道路であり、歩行者軽車両125cc以下の二輪車は通行できない。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ASQ2012年の結果のお知らせ”. 中部国際空港株式会社 (2013年3月12日). 2014年1月25日閲覧。
  2. ^ “中部国際空港実績一覧(2013年度)” (PDF) (プレスリリース), 中部国際空港株式会社, http://www.centrair.jp/corporate/pdf/2013zisseki.pdf 
  3. ^ 中日新聞. (2007年6月25日) 中日新聞. (2008年4月29日) 日本経済新聞. (2008年3月6日) 
  4. ^ 中部国際空港における複数滑走路の必要性(7枚目参照)”. 財団法人 中部空港調査会 専門委員. 2007年9月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月2日閲覧。
  5. ^ ジェットスター:中部国際空港に新規就航 3月末から - 毎日jp (2013年1月26日付)
  6. ^ 新ターミナルビルなどのセントレア南側地区整備事業について - 中部国際空港(2013年3月30日)付
  7. ^ 中部国際空港に新ターミナル建設へ LCC就航の需要増受けて - msn産経ニュース(2013年3月30日付)
  8. ^ a b 関西空港の戦略に影響か!? 中部空港が“トヨタ方式”でLCCターミナル建設へ - msn産経ニュース(2013年1月26日付)
  9. ^ [1] - 読売新聞(2013年6月14日付)
  10. ^ 中部国際空港、南側地区の新ターミナルビル建設計画を延期へ - response
  11. ^ 常滑郵便局セントレア分室詳細
  12. ^ 平成19年7月10日付け名駅経済新聞
  13. ^ 【好評発売中】おいしさをそのまま空輸。ドイツビール「エアブロイ」期間限定販売!!(中部国際空港 2010年7月10日付新着情報より)
  14. ^ アランジアロンゾさんからのメッセージ - アランジネット(2014年1月26日閲覧)
  15. ^ セントレアフレンズ - 中部国際空港(2014年1月26日閲覧)
  16. ^ 「セントレアフレンズ」新キャラクターについて (PDF) - 中部国際空港(2005年1月17日付、2014年1月26日閲覧)
  17. ^ 常滑港について - 愛知県(2013年2月14日更新、同年4月28日閲覧)
  18. ^ 国土交通省 交通政策審議会 第7回航空分科会配付資料 (PDF)
  19. ^ “平成25年度の航空輸送統計の概況について” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省総合政策局, (2014年6月3日), http://www.mlit.go.jp/common/001041866.pdf 上位50位までを記載
  20. ^ 中国東方航空、中部/長沙/昆明線就航、5月6日から週2便トラベルビジョン 2015年4月13日閲覧
  21. ^ 中国東方航空、中部/長沙/昆明線就航、5月6日から週2便トラベルビジョン 2015年4月13日閲覧
  22. ^ 中国南方航空、5月から武漢/名古屋線に就航 週4便トフライチーム 2015年4月13日閲覧
  23. ^ 春秋航空、セントレアに中国5地点から就航を計画 中国民用航空局に申請フライチーム 2015年4月13日閲覧
  24. ^ 春秋航空、セントレアに中国5地点から就航を計画 中国民用航空局に申請フライチーム 2015年4月13日閲覧
  25. ^ 春秋航空、セントレアに中国5地点から就航を計画 中国民用航空局に申請フライチーム 2015年4月13日閲覧
  26. ^ 春秋航空、セントレアに中国5地点から就航を計画 中国民用航空局に申請フライチーム 2015年4月13日閲覧
  27. ^ 春秋航空、セントレアに中国5地点から就航を計画 中国民用航空局に申請フライチーム 2015年4月13日閲覧
  28. ^ 中国東方航空、中部/長沙/昆明線就航、5月6日から週2便トラベルビジョン 2015年4月13日閲覧
  29. ^ 中国東方航空、中部/長沙/昆明線就航、5月6日から週2便トラベルビジョン 2015年4月13日閲覧
  30. ^ [http://flyteam.jp/news/article/48694 中国南方航空、5月から武漢/名古屋線に就航 週4便)トフライチーム 2015年4月13日閲覧
  31. ^ 春秋航空、セントレアに中国5地点から就航を計画 中国民用航空局に申請フライチーム 2015年4月13日閲覧
  32. ^ 春秋航空、セントレアに中国5地点から就航を計画 中国民用航空局に申請フライチーム 2015年4月13日閲覧
  33. ^ 春秋航空、セントレアに中国5地点から就航を計画 中国民用航空局に申請フライチーム 2015年4月13日閲覧
  34. ^ 中国東方航空、中部/長沙/昆明線就航、5月6日から週2便トラベルビジョン 2015年4月13日閲覧
  35. ^ 中国南方航空、5月から武漢/名古屋線に就航 週4便トフライチーム 2015年4月13日閲覧
  36. ^ 春秋航空、セントレアに中国5地点から就航を計画 中国民用航空局に申請フライチーム 2015年4月13日閲覧
  37. ^ 春秋航空、セントレアに中国5地点から就航を計画 中国民用航空局に申請フライチーム 2015年4月13日閲覧
  38. ^ 春秋航空、セントレアに中国5地点から就航を計画 中国民用航空局に申請フライチーム 2015年4月13日閲覧
  39. ^ 春秋航空、セントレアに中国5地点から就航を計画 中国民用航空局に申請フライチーム 2015年4月13日閲覧
  40. ^ 大村知事 16日 東南アジア活力取り込み 朝日新聞 2014年9月16日付
  41. ^ Air Asia Zest Plans Service to Japan in October PHILIPPINE FLIGHT NETWORK June 05, 2014
  42. ^ 台湾・遠東航空、今年6月に台中-大阪・名古屋線開設へ フォーカス台湾 2015年1月8日付
  43. ^ スクート、関空就航へ 787は15年5月成田投入、ノックスクートは1-3月 Aviation Wire 2014年10月4日付
  44. ^ [http://www.travelvision.jp/news/detail.php?id=63929 トラベルビジョン 2014年10月15日付
  45. ^ 楽天が格安航空事業に参入へ 全日空の元提携先「エアアジア」と組む 産経新聞 2014年6月26日付
  46. ^ 楽天LCC参入:需要急増にらみ…15年にも国内路線 毎日新聞 2014年6月26日付
  47. ^ 楽天、航空事業に来年参入 エアアジアに出資 旅行部門と連携 SankeiBiz 2014年6月27日付
  48. ^ FDAが中部空港乗り入れへ 中部経済新聞 2015年1月1日付
  49. ^ 国内には2社以上の鉄道が乗り入れている事例もあり、成田国際空港では東日本旅客鉄道(JR東日本)と京成電鉄が、東京国際空港では東京モノレール京浜急行電鉄が、関西国際空港では西日本旅客鉄道(JR西日本)と南海電気鉄道がそれぞれ乗り入れている。
  50. ^ 武豊線の近代化促進に関する要望 (PDF) (武豊線近代化促進期成同盟会、中部運輸局長 宛) - 半田商工会議所(2004年11月26日付)
  51. ^ NHK三重放送局ニュースより-セラヴィ観光汽船が撤退を表明。また、四日市港-中部空港間の航路も他社に譲渡を検討。
  52. ^ 駐車場料金 - 駐車場のご案内 | セントレア
  53. ^ 【好評発売中】空港護岸で採取した天然の海藻アカモク『セントレアの恵み』 - 中部国際空港(2012年4月10日付、2014年1月26日閲覧)

参考文献[編集]

  • 溝口泰正『中部国際空港物語 建設の歩み』 中日新聞社出版開発局
  • 『日本のエアポート04 東海3空港』 イカロス出版

外部リンク[編集]