セブパシフィック航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セブパシフィック航空
Cebu Pacific Air
Cebu1.1.jpg
IATA
5J
ICAO
CEB
コールサイン
Cebu Air
設立 1996年
ハブ空港 ニノイ・アキノ国際空港
マクタン・セブ国際空港
焦点空港 ダバオ国際空港
ディオスダド・マカパガル国際空港
子会社 タイガーエア・フィリピン (100%)
保有機材数 29機
就航地 53都市
親会社 JG Summit Holdings, Inc.
本拠地 フィリピンメトロ・マニラ パサイ市
外部リンク http://www.cebupacificair.com/web-jp/

セブパシフィック航空 (Cebu Pacific Air) は、フィリピンセブ島マニラ拠点とする格安航空会社 (LCC)である。

概要[編集]

2011年現在、フィリピンにおいてフィリピン航空を抜く最大の航空会社で、Gokongwei家によって経営される「JGサミットホールディングス」の子会社である。Gokongwei家はフィリピンに拠点を置く中国系フィリピン人の富豪である。

セブパシフィック航空を運営しているセブ航空株式会社(Cebu Air, Inc.)は1988年8月26日に設立され、1991年にセブ航空に運航を認める法案が議会で承認された。1996年3月8日に第一便が運航された。セブ航空はジョン・ゴコンウェイ(John Gokongwei)率いるJGサミット・ホールディングスが所有し、フィリピン政府の規制緩和を受けて国内線市場に参入した会社である。1998年2月の事故(後述)の後、しばらく政府の指示により運航を休止したが、翌月には運航を再開させた。

当初はメトロ・マニラメトロ・セブダバオの間を結び、一日の便数は24だったが、2001年末にはフィリピン国内の18か所に一日80便を運航させる企業へと成長した。2000年代には国際線参入の認可を得て東南アジアや北東アジアに就航した。最初の国際線は2001年11月22日に就航した香港便であった。

その後の拡大により、フィリピン国内線のほか、インドネシアマレーシアシンガポールなど東南アジア諸国のみならず、台湾韓国など北東アジアの主要都市を中心に50都市に乗り入れている。2008年11月20日には大阪の関西国際空港に乗り入れ、日本に初就航した。

一方、EUからは、フィリピンの航空当局の「安全確認の体制に問題がある」として、他の全てのフィリピンの航空会社とともに2010年3月30日からのEU域内への乗り入れ禁止措置が加えられており、2014年4月頃まで同社は航路開設の目処が立っていなかった[1]。しかし、4月9日付でアメリカ連邦航空局は国際民間航空機関(ICAO)の安全基準を満たすという理由により、フィリピンの安全基準をカテゴリー2からカテゴリー1に引き上げた他[2]、EUは4月10日付で航空会社安全リストを更新し、フィリピン航空に続いてセブパシフィック航空もEU域内へ乗り入れ禁止リストから解除された[3]

2014年1月8日に、シンガポールのLCC「タイガーエア」と戦略的提携を実施すると発表。両社の路線網について、インターライン提携によって、相互に予約・販売、乗継が可能となり、ネットワークを拡大することで、利便性が高まることとなった。またタイガーエアが、フィリピンに置くLCC「タイガーエア・フィリピン」の株式40%を当社に譲渡し、タイガーエア・フィリピンを100%子会社化した。なお、タイガーエア・フィリピンは引き続き「タイガー・エア」ブランドを使用し当面は運航を継続する見込み[4]

保有機材[編集]

セブパシフィック航空のエアバスA320型機
セブパシフィック航空 機材
機材 保有数 発注数 座席数
(Economy)
路線 備考
エアバス A319-100
10
156
国内線, 国際線 全ての機材が革張り座席
エアバス A320-200
28
2
179/180
国内線, 国際線 ほとんどの機材が革張り座席
シャークレット装着機x3機
エアバス A321neo
30
220
国内線, 国際線 2017年に納入予定
エアバス A330-300
5
1
436
国際線
2013年から納入開始
モノクラス仕様
ATR 72-500
8
1
72
国内線
全ての機材が革張り座席
合 計
51
43

2014年10月現在[5]

就航路線[編集]

国内線[編集]

ルソン島
マニラニノイ・アキノ国際空港 : メインハブ
ブスアンガBusuanga Airport
カワヤンCauayan Airport
クラーククラーク国際空港
ラワグラオアグ国際空港
レガスピレガスピ空港
ナガNaga Airport
プエルト・プリンセサプエルト・プリンセサ国際空港
サンホセMcGuire Field
トゥゲガラオTuguegarao Airport
ヴィラクVirac Airport
ビサヤ諸島
セブマクタン・セブ国際空港 : ハブ
バコロドバコロド=シライ国際空港
カティクラン/ボラカイGodofredo P. Ramos Airport
ドゥマゲテSibulan Airport
イロイロイロイロ国際空港
カリボカリボ国際空港
ロハスRoxas Airport
タクロバンタクロバン空港
タグビラランタグビララン空港
マスバテ [6]
ミンダナオ島
ダバオダバオ国際空港 : ハブ
ブトゥアンバンカシ空港
カガヤン・デ・オロLumbia Airport
コタバトAwang Airport
ディポログDipolog Airport
ジェネラル・サントスジェネラル・サントス国際空港
オザミスLabo Airport
パガディアンPagadian Airport
シャルガオSayak Airport
スリガオSurigao Airport
タウイタウイSanga-Sanga Airport
サンボアンガサンボアンガ国際空港

国際線[編集]

東アジア[編集]

日本
東京/成田大阪/関西名古屋/中部
韓国
ソウル/仁川釜山
中国
上海/浦東広州
香港
香港
マカオ
マカオ
台湾
台北/桃園

東南アジア[編集]

インドネシア
ジャカルタデンパサール
シンガポール
シンガポール
タイ
バンコク/スワンナプームプーケット [7][8]
マレーシア
クアラルンプールコタキナバル
ベトナム
ハノイホーチミンシティ
ブルネイ
バンダルスリブガワン

オセアニア[編集]

オーストラリア
シドニー

中東[編集]

アラブ首長国連邦 (UAE)
ドバイ
サウジアラビア
リヤドダンマン
クウェート
クウェート

事故[編集]

1998年2月2日、マニラのニノイ・アキノ国際空港からフィリピン中部のタクロバンを経由してフィリピン南部のミンダナオ島北部の都市カガヤン・デ・オロに向かう387便DC-9-32(RP-C1507)が、午前11時頃に最終目的地であるカガヤン・デ・オロ空港への着陸進入中、空港より北北東約50kmの山中に激突。当日は曇天のため事故機は衝突まで雲中飛行していて、地表面の接近を知らせるGPWSは警告音を出していたことが事故機のコックピット・ボイス・レコーダーには記録されていたが、パイロットは警告に従わず、回避操作が行われた記録がなく墜落している。なお、途中のタクロバンは通常は経由予定はなく、当日に同社他機の予備タイヤを輸送するための臨時着陸だったが、作業終了後すぐ離陸し最終目的地へ向かっていることから事故との関連性は低いとされている。[9][10]

サービス[編集]

同社は典型的LCCのポリシーを発表していて、機材や整備、予約システムなどのハード面にお金はかけて、無料の飲食、無料預入手荷物、紙チケット、マイレージプログラムなどは実施しないでその分、航空券価格「LiteFARE」として反映させるとしている。[11]

多くのLCCと同じく機内食やアルコール類は有料だが、メニューの入れ替えが早く、便によっては搭載していないメニューもある。機内誌「Smile」があり、機内販売のカタログを兼ねている。USドルフィリピンペソで支払ができるがお釣りは基本的にフィリピンペソ建てしかない。手荷物の重量確認は厳しく、機内持ち込みは7kgまで無料だが少しでも超過すると超過料金が発生するため、空港カウンターでの詰め替え作業も多くチェックインに時間がかかることも多い。使用機材の多くがエアバスA320やATR72などの最新鋭機であるが、座席の間隔は広くなく、個人用モニターなどの設備はない。しかし、A319の一部ではイヤホンを持ち込むと音楽などが聞ける機種もある。国際線では、その国の言葉での放送(録音)はあるが、乗務員との会話は基本的に英語となっている。また、便によっては「show me game(〜を見せてください)」と客室乗務員が言ったとき、それを一番早く見せた人が商品を受け取ることができるようなゲーム性のあるサービスを実施している。[12]

2010年10月、レディー・ガガの『ジャスト・ダンス』に合わせ、ダンスをしながら離陸前の安全ガイダンスを試験的に実施し、大きな評判を得た[13]

脚注[編集]

外部リンク[編集]