雲南祥鵬航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
雲南祥鵬航空
Lucky Air
IATA
8L
ICAO
LKE
コールサイン
Lucky Air
設立日 2004年6月
ハブ空港 昆明巫家壩国際空港
保有機材数 3機
就航地 12都市 
本拠地 中国雲南省昆明市
代表者 李清擔(理事長)
馬国華(CEO)
雲南祥鵬航空
各種表記
繁体字 雲南祥鵬航空
簡体字 云南祥鹏航空
拼音 Yúnnán Xiángpéng Hángkōng
発音: ユンナン シャンポン ハンコン
英文 Lucky Air
テンプレートを表示

雲南祥鵬航空(うんなん-しょうほう-こうくう/ラッキー・エア)は中華人民共和国雲南省昆明市に本社を置く海南航空系の格安航空会社。正式名称は雲南祥鵬航空有限責任公司昆明巫家壩国際空港ハブ空港としている。

コードデーター[編集]

沿革[編集]

  • 2004年6月 海南航空は、石林航空有限責任公司設立の計画を発表する。当初の計画では、資本金7億7,158万。持ち株比率は海南航空が48.87%、山西航空が51.00%、雲南石林航空旅遊服務公司が0.13%であった。
  • 2005年4月20日 民航総局より石林航空有限責任公司設立の第1計画段階の許可が下りる。
  • 2005年8月3日 民航総局より石林航空有限責任公司設立の許可が正式に下りる。
  • 2005年12月23日 海南航空は出資計画の変更を発表する。正式社名を雲南祥鵬航空有限責任公司とし、資本金は1億5,000万元。持ち株比率は海南集団有限公司が67.95%、山西航空が31.38%、雲南石林航空旅遊服務股份公司が0.67%とする。
  • 2006年2月10日 民航総局より公共航空運輸企業経営許可証が発布される。
  • 2006年2月22日 民航総局西南地区管理局より運行許可証が発布される。
  • 2006年2月26日 一番機である昆明-大理線が就航する。運行開始3日間は98元(正規運賃430元)で販売する。
  • 2006年5月8日 昆明営業部が正式に営業を開始する。
  • 2006年6月19日 昆明-成都線、昆明-重慶線、昆明-貴陽線が就航する。
  • 2006年6月22日 空港の専用カウンターの正式運用を開始する。
  • 2006年7月19日 昆明-太原線が就航する。
  • 2006年9月 昆明-成都線を片道68元で売り出したところ、数時間で100席余りの座席が売り切れる。
  • 2006年10月29日 3機目のボーイング737-700型機が引き渡される。同時に昆明-西安線、昆明-済南線が就航する。
  • 2006年12月8日 昆明-武漢の直行便が就航する。
  • 2006年12月13日 昆明-芒市線が就航する。
  • 2006年12月29日 インターネットチケットの取り扱いを始める。

就航都市[編集]

保有機材[編集]

雲南祥鵬航空の機材は以下の航空機で構成される

関連項目[編集]

外部リンク[編集]