ビバ・マカオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビバ・マカオ
Viva Macau
IATA
ZG
ICAO
VVM
コールサイン
JACKPOT
設立 2005年
保有機材数 3機
就航地 5都市
本拠地 中華人民共和国 マカオ
外部リンク http://www.flyvivamacau.com/jp/
ビバ・マカオ
各種表記
繁体字 非凡航空
簡体字 非凡航空
拼音 Fēifán Hángkōng
発音: フェイファン ハンコン
広東語発音: Fei1 faan4 hong4 hung1
英文 Viva Macau
テンプレートを表示

ビバ・マカオは、マカオマカオ国際空港を本拠地とした格安航空会社

概要[編集]

2005年に「Wow Asia」として設立され、2006年12月よりリースしたボーイング767型機により、マカオのマカオ国際空港を本拠地として運航が開始された。

日本インドネシアオーストラリアなどへの便を運航しており、日本には成田国際空港新千歳空港に定期チャーター便を就航させていた。以前の最高経営責任者シンガポールの格安航空会社のジェットスター・アジア航空出身者であったが2009年に現CEOにその立場を譲った。

沿革[編集]

  • 2005年 - 「WOW Asia」として設立。
  • 2006年 - 社名変更
  • 2007年12月 - 成田空港へプログラムチャーター便運航開始
  • 2010年3月28日 - 経営困難に陥り、燃料費が支払えないための遅延が頻発していたことなどを受けて、マカオ政府当局が営業免許を取り消すと発表した。運転資金の不足から、これ以上経営支援は困難と判断したため。[1]

就航路線[編集]

定期便[編集]

2008年7月よりシドニー線、ジャカルタ線が増便[2]

チャーター便、不定期便[編集]

  • マカオ 〜 東京/成田 - 定期チャーター便(2009年9月16日より週4便に増便)
    • 2009年2月より、個人への販売も開始[3]
  • マカオ 〜 札幌/新千歳 - 定期チャーター便 (2009年12月16日-2010年3月末)[4]

サービス[編集]

格安航空会社のため、機内食、飲み物、毛布(買い取り制)などは全て有料となっている。ビジネスクラスはアルコール以外無料。また、座席の頭部カバーを省略するなど、低コストに徹したサービスを行っている。

客室乗務員の国籍は日本人や元宗主国であったポルトガル人を含む12の国と地域で構成されている。ユニフォームはチャイナドレスをモチーフにしたもの。

保有機材[編集]

B767-300

リースしたボーイング767型機を運航している。

脚注[編集]

関連項目[編集]