武漢航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武漢航空
Wuhan Airlines
IATA
WU
ICAO
CWU
コールサイン
Wuhan Air
設立日 1986年2002年(合併、消滅)
ハブ空港 武漢天河国際空港
保有機材数 (合併、消滅)
就航地 (合併、消滅)
本拠地 中国湖北省武漢市
代表者 (合併、消滅)
武漢航空
各種表記
繁体字 武漢航空
簡体字 武汉航空
拼音 Wŭhàn Hángkōng
発音: ウーハン ハンコン
英文 Wuhan Airlines
テンプレートを表示

武漢航空(ぶかん-こうくう)は中華人民共和国湖北省武漢市にかつて本拠地を置いていた航空会社である。正式名称は武漢航空公司

概要[編集]

武漢航空は1986年4月2日に設立された航空会社で、本拠地空港は武漢天河国際空港であった。ボーイング737Y-7(中国製ターボプロップ機)などを使い中国国内線を営業していた。しかし2002年に航空業界再編のために中国東方航空に吸収合併された。

コードデーター[編集]

事故[編集]

2000年6月22日、湖北省恩施市から武漢市に向かっていた武漢航空343便(Y-7-100、機体記号:B-3479)が、着陸進入中、武漢市漢陽区永豊郷四台村付近に墜落した。この事故で乗員4名乗客38名全員と漢水の川岸にいた4名の46名が犠牲になった。事故原因は落雷を受け空中爆発して墜落したとされた。

関連項目[編集]