海南航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海南航空
Hainan Airlines
IATA
HU
ICAO
CHH
コールサイン
HAINAN
設立日 1989年
ハブ空港 海口美蘭国際空港
北京首都国際空港
焦点空港 西安咸陽国際空港
太原武宿国際空港
ウルムチ地窩堡国際空港
三亜鳳凰国際空港
天津浜海国際空港
マイレージサービス 金鵬倶楽部
(Fortune Wings Club)
保有機材数 80機
就航地 90都市
親会社 Grand China Air Limited
本拠地 中国海南省海口市
代表者 陳    峰(取締役)
海南航空
各種表記
繁体字 海南航空
簡体字 海南航空
拼音 Hăinán Hángkōng
発音: ハイナン ハンコン
英文 Hainan Airlines
テンプレートを表示
海南航空本社

海南航空(かいなんこうくう)は、中国航空会社。正式名称は海南航空股有限公司 (HAINAN AIRLINES CO.,LTD.) で、略称は、海航海南省海口市海口美蘭国際空港本拠地としている。

2007年11月30日に、海南航空、山西航空長安航空中国新華航空の4社が合併し、大新華航空 (Grand China Air) と名称を変更した。これにより、中国南方航空中国国際航空中国東方航空に次ぐ、中国4番目の規模を誇る航空会社となった。[1][2]

沿革[編集]

就航路線[編集]

国内線[編集]

海口北京/首都中国新華航空)、西安長安航空)、太原山西航空)を拠点に80都市に就航

国際線[編集]

ソウル/仁川クアラルンプールシンガポールルアンダノヴォシビルスクサンクトペテルブルクブリュッセルニューヨーク/ニューアークシカゴシアトルトロントホノルルベルリン

2012年以降に後述するボーイング787-8型機の導入に合わせ、上海/浦東-サンフランシスコ線をボーイング787-8型機のデイリー運航、上海/浦東-ニューヨーク/ニューアーク線を週5便でエアバスA340型機とボーイング787-8型機を使用してそれぞれ就航開始予定[3]

サービス[編集]

スカイトラックス社より、中国の航空会社では、初めてとなる「5つ星」としてランクされた[4]

金鵬倶楽部[編集]

海南航空グループの大新華航空祥鵬航空天津航空西部航空香港航空香港エクスプレス航空と共通のマイレージ・プログラムである。

相互提携航空会社

保有機材[編集]

なお、同社が自社発注したボーイング社製旅客機の顧客番号(カスタマーコード)は4Pで、航空機の形式名は737-44P、737-84P、787-84Pなどとなる。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]