東星航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東星航空
East Star Airlines
IATA
8C
ICAO
DHX
コールサイン
EAST STAR AIR
設立日 2005年5月
ハブ空港 武漢天河国際空港
広州白雲国際空港
保有機材数 4機
就航地 17都市
本拠地 中華人民共和国湖北省武漢市
東星航空
各種表記
繁体字 東星航空
簡体字 东星航空
拼音 Dōngxīng Hángkōng
発音: ドンシン ハンコン
英文 East Star Air
テンプレートを表示
東星航空のエアバスA320(アモイで撮影)

東星航空(とうせい-こうくう)は中華人民共和国湖北省武漢市武漢天河国際空港を本拠地とする航空会社である。中国民航の流れを汲まない私有航空会社であった。また中国で初めて破産宣告を受けた航空会社となった。

概要[編集]

2005年5月16日民航総局から会社設立が認可された。中国東星集団有限会社傘下の武漢東星国際旅行会社有限会社と湖北東盛土地建物有限会社、湖北美景旅遊投資有限公司の各社による共同出資が当航空会社に行われた。ハブ空港を武漢におきサブハブ空港を広州においていた。

主に国内航路を運行していたが、2007年11月6日に、チャイナエアラインとの共同で武漢から香港マカオを経由する台湾路線を毎日1便運行することになった。またシンガポールタイへも航空路線を2008年の旧正月から開設した。

しかし国営新華社通信によると、債務返済能力と管理能力の問題により、2009年3月15日から運行の一時停止を民航総局に命じられた[1][2]。同年8月30日、湖北省武漢市中級人民法院が破産宣告をした。[3]

運行機材[編集]

運行停止時

脚注[編集]

  1. ^ 新華社 2009年3月15日(中国語)
  2. ^ レコードチャイナ 2009年3月17日
  3. ^ 中級人民法院、東星航空に破産宣告―湖北 サーチナ

外部リンク[編集]