ジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港
General Edward Lawrence Logan International Airport
KBOS Aerial NGS.jpg
航空写真
BOS airport map.PNG
連邦航空局・空港図
IATA: BOSICAO: KBOSFAA: BOS
概要
空港種別 公共
所有者 Massachusetts Port Authority (Massport)
供給都市 マサチューセッツ州ボストン
標高 20 ft / 6 m
座標 北緯42度21分47秒 西経071度00分23秒 / 北緯42.36306度 西経71.00639度 / 42.36306; -71.00639
ウェブサイト 公式ウェブサイト
地図
BOS/KBOSの位置(マサチューセッツ州内)
BOS/KBOS
BOS/KBOS
空港の位置(マサチューセッツ州)
滑走路
方向 全長 表面
ft m
04L/22R 7,861 2,396×46 舗装
04R/22L 10,005 3,050×46 舗装
09/27 7,000 2,134×46 舗装
14/32 5,000 1,524×46 舗装
15L/33R 2,557 779×30 舗装
15R/33L 10,083 3,073×46 舗装
統計 (2008年)
離着陸数 371,604
利用者数 26,102,651
出典:連邦航空局[1]Massachusetts Port Authority[2]より

ジェネラル・エドワード・ローレンス・ローガン国際空港: General Edward Lawrence Logan International Airport)はアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン市にある国際空港。IATA空港コードBOS

歴史[編集]

元々はボストン空港と呼ばれていたローガン空港は1923年9月8日に開港し、主にマサチューセッツ州空軍と The Army Air Corp が使用していた。最初の定期商業旅客便は1927年にボストンとニューヨーク市との間でコロニアル航空運送 (Colonial Air Transport) によって始められた。

2012年4月22日から日本航空がアジア唯一の直行便が開設された。使用機材はボーイング787で、アメリカ本土では初めて同機が商業運航として乗り入れた。アジアからの便だと、ソウルから大韓航空がアジア初の直行便を開設させており、2001年3月まで飛ばしていた。なお、ボストン発はワシントン経由だった。

ターミナル[編集]

ローガン国際空港はシャトルバスによってすべてとつながっている、5つのターミナルがある。動く歩道によって中心的な駐車場へターミナルとつながっている。ターミナル Eだけ国際線用に税関と入管がある(但し、カナダのモントリオール、オタワ、トロント及びバンクーバー、それ以外の国や地域では、アルバ、バミューダ、カンクン、ナッソー及びSan Juanなど、米国税関に事前に保証される場所から来る人を除く)。

ターミナル A (デルタターミナル)[編集]

  • アメリカ合衆国の旗  デルタ航空(アトランタ、バミューダ、カンクン、シンシナティ、フォートローダーデール/ハリウッド、フォートマイヤーズ、ラスベガス、ロサンゼルス、ナッソー、オーランド、ソルトレイクシティ、サラソタ/ブラデントン、タンパ/セントピーターズバーグ/クリアウォーター、ワシントン/レーガン、ウエストパームビーチ)
    • シャトーカ航空運用 デルタ・コネクション(コロンバス)
    • コムエアー運用 デルタ・コネクション(ボルチモア/ワシントン、バンガー、バーリントン、チャールストン (SC)、シンシナティ、フレデリクトン、グリーンズボロ/ハイポイント/ウィンストンセーラム、ハリファックス、ジャクソンビル (FL)、マートル ビーチ、ナッシュビル、ニューヨーク/JFK、ノーフォーク/バージニアビーチ、ポートランド (ME)、ケベックシティ、ローリー/ダーハム、サバンナ、ワシントン/レーガン)
    • デルタ航空運用 デルタ・シャトル(ニューヨーク/ラガーディア)

ターミナル B (北側)[編集]

  • アメリカ合衆国の旗  アメリカン航空(アルバ [季節]、シカゴ/オヘア、ダラス/フォートワース、フォートローダーデール、ロンドン/ヒースロー、ロサンゼルス、マンチェスター (UK) [季節]、マイアミ、ニューオーリンズ、オーランド、パリ/シャルルドゴール [季節]、プロビデンシャルズ [季節]、サンディエゴ 、サンフランシスコ、サンフアン、サントドミンゴ、セントルイス、セントトーマス [季節]、ウエストパームビーチ)
    • アメリカン・イーグル(ボルチモア/ワシントン、バンガー、コロンバス、ハリファックス、ニューオーリンズ/JFK、ニューヨーク/ラガーディア、ニューアーク、ローリー/ダーハム、リッチモンド、セントルイス、トロント、ワシントン/レーガン)

ターミナル B (南側)[編集]

ターミナル C[編集]

ターミナル D[編集]

国際線ターミナル E[編集]

空港アクセス[編集]

  • シルバーライン

マサチューセッツ湾交通局(MBTA)のシルバーラインSL1系統が各ターミナルとボストン南駅を結んでいる。使用されているのは内燃・電気駆動の連接型バスである。市内行きの運賃は無料で、地下鉄レッドライン、コミューター各線の沿線にはこちらが便利である。さらに、レッドラインを介して、グリーンラインブルーラインオレンジラインの地下鉄各路線にも無料で乗り換えることができる。

市内からの料金は有料で、地下鉄からの乗り換えの場合は地下鉄料金に含まれる。チャーリーカードICカード)を用いた方が、一回$2と安くなるので、空港に着いた時に案内所(ground transportationと表示)でもらっておくとよい。バス乗り場や駅ではもらえないことがある。カードは無料である。現金払いは$2.50となる。

  • ブルーライン

ブルーラインのAirport Stationと各ターミナル間にシャトルバスが出ている。ターミナルにより22、33、55系統を利用する。この場合、バス自体は無料であるが、地下鉄に乗る時は有料である。この場合も、チャーリーカードをもらっておき、駅でチャージするとよい。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]