波照間空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
波照間空港
Hateruma Airport
HaterumaAirport.JPG
IATA:HTR-ICAO:RORH
概要
国・地域 日本の旗 日本
設置場所 沖縄県八重山郡竹富町
空港種別 商業
運営者 沖縄県
運営時間 8:00 - 18:00
標高 13.1 m・43 ft
位置 北緯24度03分30秒
東経123度48分14秒
座標: 北緯24度03分30秒 東経123度48分14秒
滑走路
方向 ILS 全長×全幅 (m) 表面
02/20 NO 800×25 舗装
リスト
空港の一覧

波照間空港(はてるまくうこう、: Hateruma Airport)は、沖縄県八重山郡竹富町波照間島にある地方管理空港

概要[編集]

日本最南端の空港である。

年間利用客数は、国内1,544人(2008年度)であったが[1]エアードルフィン石垣空港線が2008年に運休、現在は就航路線はなく緊急輸送等のみとなっている。

歴史[編集]

波照間空港付近の空中写真。
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。1977年撮影の3枚を合成作成。
  • 1972年11月: 緊急着陸用の飛行場として波照間飛行場を滑走路850mにて供用開始。
  • 1976年 5月: 波照間飛行場の北側に波照間空港を新設。第三種空港として滑走路800mにて供用開始。波照間飛行場を廃止。南西航空(現日本トランスオーシャン航空)が石垣空港線をDHC-6で開設。
  • 1992年11月: 南西航空DHC-6運航路線の移管に伴い、石垣空港線が琉球エアーコミューター(RAC)による運航となる。
  • 2001年10月: DHC-6退役に向けた機材数減のため、運航機材がBN-2Bに変更となる。
  • 2007年 2月: 石垣空港線の2007年12月からの休止が沖縄県、竹富町、琉球エアーコミューターの3者にて合意に至ったことが報じられる[2]
  • 2007年12月: 琉球エアーコミューター石垣空港線廃止。同月28日よりエアードルフィンが石垣空港へ不定期便運航開始[注 1]
  • 2008年11月: エアードルフィン石垣空港線運休、その後の事業停止により路線が無い状態となる。
  • 2009年 7月: 竹富町が6月に 那覇 - 粟国線をRACより引き継いだ第一航空に 石垣 - 波照間線の継承を要請。

施設[編集]

ターミナルビルは、老朽化が進み、2014年現在沖縄県は建て替えも含めて検討している[5]

路線[編集]

なし

2014年現在、沖縄県は石垣空港線について、第一航空による運航にて2015年10月に再開する方向で調整を進めている[5]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 琉球エアーコミューターの路線が廃止となる2007年12月1日の就航を表明[3]していたが、石垣空港における燃料供給体制整備の遅れから[4]、同年12月28日からの就航となった。

出典[編集]

  1. ^ 暦年・年度別空港管理状況調書”. 国土交通省航空局. 2014年7月8日閲覧。
  2. ^ “石垣 - 波照間線を廃止 RACと県、町合意”. 琉球新報. (2007年2月28日) 
  3. ^ “来月にも貨物事業開始 エアードルフィン”. 琉球新報. (2007年3月23日) 
  4. ^ “石垣―波照間、運航来月開始困難に 燃料供給整わず”. 琉球新報. (2007年11月8日) 
  5. ^ a b “15年10月路線再開で調整 石垣—波照間、多良間線”. 八重山毎日新聞. (2014年1月25日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/24216 

外部リンク[編集]