エアードルフィン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

株式会社エアードルフィン (Air Dolphin)は、日本沖縄県に本拠地を置いていた航空会社。以下、特記以外は運航停止前の時点での内容である。

概要[編集]

1989年に沖縄県内の大手建設会社が設立。1996年1月に沖縄ツーリストの子会社を経て、サイバーファームに譲渡され連結子会社となった。那覇空港を中心に貸切飛行や遊覧飛行を行っていた。しかし、サイバーファームが2009年1月30日自己破産を申請・受理された。当初子会社は継続する方向で調整されたものの[1]、100%子会社のエアードルフィンも資産処分対象となり、運航を含め全ての事業を停止、最終的には同年11月に自己破産を申請し経営破綻した[2]

不定期運航は2008年10月(那覇空港 - 沖永良部空港は2008年度年末年始も運航)が最後となり、以後は実施されていない。ホームページも2009年1月28日に「2月の運航は調整中」と更新されたのを最後に、同年2月中旬に閉鎖された。

事業内容[編集]

  • 航空運送業
  • 航空機使用事業
  • 航空機受託整備
  • 空港ハンドリング

就航空港[編集]

那覇空港を拠点として以下の空港に就航可能であった。

路線[編集]

他社が就航していない路線では、搭乗者を募る不定期運航も行っていた。

  • 那覇空港 - 沖永良部空港
  • 石垣空港 - 波照間空港、多良間空港(季節運航)

運航機材[編集]

その他[編集]

  • エアードルフィンの那覇空港事務所はすでに閉鎖されており、現在そのスペースには第一航空沖縄事業所が入居している。

脚注[編集]

[ヘルプ]