佐賀空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
佐賀空港
Saga Airport
Saga airport.JPG
IATA:HSG-ICAO:RJFS
HSG/RJFSの位置
HSG/RJFS

空港の位置

概要
国・地域 日本の旗 日本
設置場所 佐賀県佐賀市
空港種別 商業
運営者 佐賀県
運営時間 06:30 - 22:00
00:30 - 04:30
標高 2 m・6 ft
位置 北緯33度08分59秒
東経130度18分08秒
座標: 北緯33度08分59秒 東経130度18分08秒
滑走路
方向 ILS 全長×全幅 (m) 表面
11/29 YES 2,000×45 舗装
リスト
空港の一覧

佐賀空港(さがくうこう Saga Airport)は、佐賀県佐賀市にある地方管理空港である。

概要[編集]

佐賀県南部の有明海に面した干拓地に作られた空港。愛称は「有明佐賀空港」(ありあけさがくうこう)で、佐賀県などがこの名称を使用している。

干拓地に近い立地のためバードストライクが多発しており、離島空港を除けば全国で最も発生率の高い空港の1つである[1]。そのため、当空港では対策として爆音機の導入や滑走路のパトロール、散弾銃での威嚇(いかく)射撃などを行っている。

開港以来、福岡空港の混雑を避けたチャーター便の発着が見られ、アジア圏への定期的チャータープログラムが組まれることもある。空港における年間利用客数は、国内313,200人(2012年度)[2][3]、国際34,142人(2012年度)[3]

佐賀県は利用客を増やそうと、乗合タクシーにおいても佐賀市南部エリア発着を除き補助金を支出している。また、佐賀県の補助において、航空機の夜間滞泊(ナイトステイ)が東京/羽田便において行われている。東京発最終便が乗客を降ろした後、当空港で夜を明かし、翌朝早朝に東京に向けて出発する。これによって東京日帰り出張が可能と謳い、結果として東京便は開港当初の1日2往復から3往復となった(その後さらに増えて5往復になる)。県は乗務員の宿泊費用などの負担や、夜間の駐機料を免除するなどの補助を行っている。

マルチエアポート制[編集]

2008年(平成20年)7月1日より、福岡空港・北九州空港・佐賀空港の3空港発着の航空券にて、変更可能な航空券であれば乗降地を変更できる「マルチエアポート」制を実施している(ただし航空会社は就航している全日本空輸 (ANA) に限定される)。

航空管制[編集]

2014年3月30日0000(JST)から佐賀空港のRDO管制に変更がある

  • 0800~1930は、佐賀RDO
  • 0630~0800,1930~2200,0030~0430は、福岡空港からのリモート運用

九州国際空港案[編集]

都心部に近い福岡空港は、市街地における騒音問題から早朝深夜に運用出来ず、空港の拡張も難しい等の制約を抱えている。このことから、既存の佐賀空港を拡張し、成田関西中部に次ぐ国際空港にしようとする案を佐賀商工会議所などが提唱している[4]

福岡市熊本市長崎市などへも周辺の道路や鉄道を利用する事で1時間前後でアクセスすることができ、北部九州における経済効果が見込まれる。しかしコストや需要の問題などから、現在まで実現の目途が立っていない。また、福岡空港の混雑解決策を検討した、国土交通省福岡県、福岡市による「福岡空港調査連絡調整会議」は、近隣空港との連携は福岡空港の混雑の抜本的な解決策にはなり得ないと判断したため、実現の可能性は低くなっている。

夜間貨物便の就航[編集]

「空港から半径2キロ以内に民家がなく、空港周辺の騒音被害の心配がない」という触れ込みで2004年に夜間貨物便の誘致に成功した[5][6]。 重量のある貨物機の運航により着陸料が増え、旅客便に比べ1便当たりの収入が3倍になっている[7]

しかし、空港周辺は佐賀市沿岸部の人口希薄地帯であるため騒音被害は発生していないが、飛行経路上には福岡県柳川市の人口密度の高い地域も位置しているため、福岡県の自治体で騒音被害が問題となった。協議の末、住宅密集地域の上空を避けて飛行するなど妥協案を案をとることとなったため、深夜の空港付近での飛行ルートは昼間とは違うルートを採用している。

一般航空[編集]

佐賀空港内に本社を置くエス・ジー・シー佐賀航空が空中写真撮影や宣伝飛行、農薬散布、飛行訓練などの航空機使用事業や、不定期航空運送事業である遊覧飛行を行っており、ゼネラル・アビエーションの利用も行われている。

歴史[編集]

  • 1998年平成10年)7月28日:開港。
  • 1999年(平成11年)4月1日西鉄バスが定期路線を廃止。
  • 1999年(平成11年)7月20日昭和バス西肥バスが定期路線を廃止。
  • 1999年(平成11年)8月31日祐徳バスが定期路線を廃止。
  • 2000年(平成12年)7月:東京国際空港便の夜間駐機開始。
  • 2001年(平成13年)9月1日:日本エアシステムの大阪国際空港便 運休。
  • 2002年(平成14年)11月1日:大阪国際空港便 増便(1日2往復)。
  • 2003年(平成15年)2月1日:名古屋空港便 運休。
  • 2004年(平成16年)7月8日:東京国際空港との間で夜間貨物便が就航。
  • 2005年(平成17年)10月1日:東京国際空港便 増便(1日3往復)。
  • 2006年(平成18年)2月24日:中部国際空港との間に貨物専用機での貨物便就航。
  • 2006年(平成18年)8月1日:中部国際空港路線を利用した国際貨物輸送開始。
  • 2007年(平成19年)10月5日チャイナエアラインのチャーター機が滑走路をオーバーラン。離陸には成功したが過走帯灯1灯を破壊。
  • 2008年(平成20年)1月7日:関西国際空港との間の夜間貨物便 就航。(中部国際空港路線からの変更)
  • 2008年(平成20年)7月1日:佐賀空港発東京国際空港行きと、関西国際空港発佐賀空港行きの夜間貨物便 運休。北部九州マルチエアポート制開始。
  • 2008年(平成20年)11月1日:東京国際空港便 増便(1日4往復)。
  • 2011年(平成23年)1月5日:大阪国際空港便 運休。
  • 2012年(平成24年)1月18日春秋航空による上海浦東国際空港(上海)線(プログラムチャーター便)が就航。
  • 2013年(平成25年)9月2日:有明佐賀空港 - 福岡直行高速バス路線(西鉄バス)が運行開始。
  • 2013年(平成25年)12月:国際線ターミナルビル完成[8]
  • 2013年(平成25年)12月20日ティーウェイ航空による仁川国際空港(ソウル)線 就航[8]
  • 2014年(平成26年)7月1日:全日本空輸による東京国際空港線 増便(1日5往復)[9][10]
  • 2014年(平成26年)8月1日:春秋航空日本による成田国際空港(東京)線 就航予定[11][12]
  • 2015年 (平成27年) :2015年度から陸上自衛隊に導入される新型輸送機 MV-22オスプレイ の全17機を佐賀空港に配備する方針を固めた。

施設[編集]

国内線ターミナル[編集]

佐賀空港搭乗カウンター

国際線ターミナルビル完成までは、国内線の空き時間に国際線を受け入れ、そのたびに税関や出入国管理、検疫に必要な審査台を運び入れるなどしていた。

  • 1F:出入口 搭乗カウンター 自動販売機コーナー 到着ロビー
  • 2F:むっぴースカイショップ(土産物売場) 出発ロビー 搭乗待合室(制限区域内) スナック「CRUISE」(制限区域内)
  • 3F:スカイギャラリー レストランCAMPHOR 有料待合室
  • RF:展望・送迎デッキ(有料)

国際線ターミナル[編集]

コストを抑え、国際線に欠かせない機能だけを配置した設計で、搭乗ブリッジやチェックインカウンターなどは国内線ターミナルと共用である。

  • 1F:税関 手荷物受取所 動植物検疫所
  • 2F:入国審査 免税店 搭乗待合室
  • 3F:保安検査場 出国審査

その他[編集]

佐賀空港公園に展示されているYS-11A-500R

敷地内には、現役引退後のYS-11機(JA8733)が保存されていた。この機体は、「空港に駐機する航空機が少なくて寂しい」として佐賀県がエアーニッポンに譲渡を要望、開港時の1998年7月に寄贈を受けたものである[13]。2005年までは一般に公開され、その後は貨物ターミナルの増設と管理区域への立ち入り規制の厳格化に伴って非公開とされた。屋外に設置されていることによる損傷が目立っており、2009年12月に隣接する佐賀空港公園へ移動。再塗装などの整備を受けた上で2010年3月28日から一般公開されている。

就航路線[編集]

国内便[編集]

国際便[編集]

貨物便[編集]

深夜に羽田から佐賀、佐賀から関西へ運航されている。2008年7月より、東京国際空港の新滑走路建設工事に伴い同空港の滑走路使用可能時間帯が制限されるため、工事が終了する2010年(平成22年)10月末までの佐賀空港発東京国際空港行が運休となった。これに加えて、機材繰りの関係で関西国際空港発佐賀空港行が運休となった。現在のルートはこうした変更の結果である。 機材は当初ボーイング767旅客機の貨物スペースを利用しての運航だったが、現在はボーイング767-300F貨物専用機が使用されている。 貨物便についても土日・祝日の貨物量が平日の半分にとどまるため、採算改善のため10月31日より土日・祝日の便を運休させることになった[14]

廃止された路線[編集]

空港へのアクセス[編集]

自動車[編集]

  • 長崎自動車道 佐賀大和ICから車で40分。
  • 空港での貸出しで、2名以上、利用時間24時間以内なら料金1,000円(消費税込)のレンタカーが利用できる。
  • 駐車場は利用時間・利用日数にかかわらず無料。収容台数は約750台。

バス[編集]

以下の事業者が佐賀空港への連絡バスを運行している。国際線接続便は国際線運航日のみ運行する。

開港当初は佐賀市内のほかに佐賀県北部、佐賀県西部、福岡県南部方面向けにバス路線が設定されていたが、これらは利用客数の低迷によりわずか1年程度で相次いで廃止されている。

リムジンタクシー[編集]

完全予約制の乗合タクシー(1人でも利用可)で、空港から概ね30km以内の佐賀県南部・南西部や福岡県南西部の各地に設定されている。運行会社・乗降場所・運賃などの詳細は佐賀空港ホームページ等を参照。佐賀県の強い要請によって運行が行われている経緯から、発着地を佐賀市内とする便を除いて佐賀県が支出する補助金によって運行されている。利用客数については、こちらも低迷しているとの報道がある[16]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 発生率 佐賀空港首位 バードストライク 九州注意 総件数 福岡など上位 - 西日本新聞 2009年3月12日
  2. ^ 佐賀県有明佐賀空港「国内定期便の搭乗客数(2012年度)」 国内線利用客は開港翌年の平成11年度の341,196人が最高値で伸び悩みが続いている。
  3. ^ a b “管内空港の利用状況概況集計表(平成24年度速報値)” (PDF) (プレスリリース), 国土交通省大阪航空局, http://www.ocab.mlit.go.jp/about/total/report/pdf/riyou_h24d.pdf 
  4. ^ 九州国際空港誘致期成会
  5. ^ 夜間貨物便について
  6. ^ ANA Cargo 佐賀から2路線。物流拠点としての機能が一段と加速[リンク切れ]
  7. ^ 2010年2月8日放送 総力報道!THE NEWS 特集「開港まで一カ月だが国内の定期運航はゼロ 周囲空き地の茨城空港」
  8. ^ a b “福岡“独り勝ち”→進む役割分担 北部九州3空港”. MSN産経ニュース. (2014年1月23日). http://sankei.jp.msn.com/region/news/140123/fkk14012303080000-n1.htm 
  9. ^ 2014年サマーダイヤ 国内線路便計画の一部変更について 〜7月より羽田=佐賀線を増便いたします!〜 〜夏休み期間に羽田=沖縄線をはじめとするリゾート路線の増便を行います!〜 全日本空輸 2014年4月23日付
  10. ^ 佐賀-羽田線増便(5便化)記念セレモニーを実施します 佐賀県 2014年6月26日付
  11. ^ 春秋航空日本、東京/成田〜高松・広島・佐賀線に2014年6月27日就航! ダイヤを発表! Traicy 2014年3月25日付
  12. ^ 中国系LCCの「春秋航空日本」も就航延期 パイロット不足で8月まで Sankei Biz 2014年6月6日付
  13. ^ 佐賀空港に野ざらしYS-11 化粧直し後に公開へ[リンク切れ] 『読売新聞』 2009年12月14日
  14. ^ 佐賀空港の貨物便ダイヤ変更 土日祝運休へ - 佐賀新聞2010年9月1日
  15. ^ 高速バス「佐賀空港~福岡線」時刻表(2013年12月20日~) 佐賀県、2013年12月20日(2013年12月22日閲覧)
  16. ^ 「空港乗り合いタクシー」利用低迷 - 佐賀新聞2008年6月3日

外部リンク[編集]