アシアナ航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アシアナ航空
IATA
OZ
ICAO
AAR
コールサイン
Asiana
Asiana Airlines.svg
設立日 1988年
ハブ空港 仁川国際空港
金浦国際空港
マイレージサービス Asiana Club
会員ラウンジ Asiana Lounge
同盟 スターアライアンス
保有機材数 83機
就航地 108都市
親会社 錦湖アシアナグループ
本拠地 韓国ソウル市江西区 アシアナタウン[1]
代表者 尹 永斗(ユン・ヨンド)
アシアナ航空
各種表記
ハングル 아시아나항공
漢字 韓亜航空
発音 アシアナハンゴン
日本語読み: あしあなこうくう
2000年式
MR式
英語
Asiana hanggong
Asiana hangkong
Asiana Airlines
テンプレートを表示

アシアナ航空株式会社(アシアナこうくう、아시아나항공、英称 : Asiana Airlines. Inc中国称 : 韩亚航空/韓亞航空)は、韓国航空会社である。1988年設立。韓国の大手財閥錦湖アシアナグループの一員。

スカイトラックス社による航空会社の格付けで、実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The World's 5-Star Airlines)」の認定を得ている。

概要[編集]

社名の「アシアナ」はラテン語で「アジアの」を意味する語である。

2013年7月現在、韓国国内線12都市14路線、国際線(旅客部門)22カ国/67都市/91路線、国際線(貨物部門)23カ国/71都市/23路線に就航。国際線のうち日本は16都市で、主要空港のほか地方空港への直行便もある。航空連合スターアライアンス」加盟。

株式韓国取引所店頭市場部(旧・コスダック)に上場(証券コード : 20560)。株主構成は、個人投資家 30.05%、錦湖産業 29.51%、錦湖石油化学 15.05%、海外投資家 11.9%、韓国産業銀行 7.18%、その他 5.83%となっている。2007年には同じスターアライアンスメンバーの全日本空輸と株式を持ち合うことで合意している。格安航空会社エアプサン(釜山国際航空)の筆頭株主である。

従業員数 9,242名(2012年5月現在)。

航空会社コードの「OZ」はオズの魔法使いに由来[2]し、割引運賃「OZまほうSKY」などのキャンペーンでも用いられている。

サービスレベル[編集]

アシアナ航空 ボーイング747-400M型機(旧塗装)

機内マジックショーやメークアップイベント等の差別化されたサービスを行なうとともに、新しい概念のビジネスクラス「オズ・クアドラ・スマーティウム[3]」等の最先端の機内設備を通して、サービス面において他社との差別化を図っている。高品質のサービスの提供が高く評価され、航空会社ランキング上位の常連になっている。

機内サービス[編集]

長距離路線で使用しているエアバスA380と一部のB777には、ファーストクラス(一部のみ「ファーストスイートクラス」を設置)・ビジネスクラス「ビジネススマーティウム」・エコノミークラス「トラベルクラス」の3クラス制で、中・近距離国際線と韓国国内線ではビジネスクラスとエコノミークラスの2クラス制で構成される。ファーストスイートクラスの搭載機材には、航空業界でも例を見ない大きさの32インチ高画質個人用モニターが搭載されている。

機内食はビビンバカルビ・栄養サムパブなどの韓国伝統料理のほか、日本発着路線には京懐石料理を、また誕生日や結婚などのお祝いケーキなどと言った特別機内食も提供される。なお、特別機内食利用の際は機内食がある区間で、お祝いケーキはソウル仁川ソウル金浦プサン(釜山)発便のみ提供ができるものの、出発の24時間前までに予約営業センターへ注文する必要がある[4]

5つ星[編集]

2007年以来、英国の航空サービスリサーチ会社「スカイトラックス」から「5つ星航空会社」の認定を受けている。

エアライン・オブ・ザ・イヤー[編集]

2009年、米エア・トランス・ワールド(ATW)誌の「エアライン・オブ・ザ・イヤー2009」[5][6]

2010年5月、スカイトラックスの業界評価の最高峰「エアライン・オブ・ザ・イヤー 2010」[7]

2011年12月、米グローバルトラベラー(Global Traveler)誌「エアライン・オブ・ザ・イヤー」。

2012年12月、Premier Traveler誌「エアライン・オブ・ザ・イヤー」。

世界的に権威がある評価機関から4年連続「エアライン・オブ・ザ・イヤー」の評価を受けたことで、航空業界内での存在感を増している。

その他最近の受賞歴[編集]

2011年、「スカイトラックス」による「世界最高乗務員(World's Best Cabin Staff)賞」等7部門。

2012年、米エア・トランス・ワールド(ATW)誌による「広告大賞(Ad of the year)賞」。

歴史[編集]

就航都市[編集]

日本路線の地図

日本の地方空港へ乗り入れる外国の航空会社として、乗り入れ地点数が最大である。このため、日本の地方から外国へ向かう旅行者がソウル・仁川国際空港を経由し外国へ向かうことが非常に多い。また、大阪/関西からは以遠権を活かし、サイパン線も運航されている。大韓航空と比較して、長距離国際線は少なくアジア内重視の傾向である。

アシアナクラブ[編集]

  • アシアナクラブとはアシアナ航空のマイレージプログラムである。 スターアライアンスメンバーのフライトで貯めることもでき、ホテルや親会社である錦湖アシアナグループが運営するレンタカー会社でもためることができる。また子供用にマジックマイルズというサービスもある。
  • また、日本ではUCカード提携した「アシアナUCカード」もしくはJCBと提携した「アシアナクラブJCBカード」を使う事でマイレージを加算する事が出来る。
  • 大韓航空と同様に加算したマイルに有効期限がないのが特徴であった。2008年10月から、マイルの有効期限を設定することとなった[8][9]

保有機材[編集]

エアバスA320-200型機
エアバスA321-200型機
エアバスA330-300型機
ボーイング747-400F型機
ボーイング747-400型機 旧塗装機

現在の運航機材[編集]

機材 保有数 発注数 座席数 備考
F B E
エアバスA320-200 10 - 156
162
156
162
エアバスA321-100 2 - 200 200
エアバスA321-200 23 - 12 159
165
171
177
191
195
191
195
エアバスA330-300 14 1 30 245
260
275
290
エアバスA350-800 - 8 No Data 2016年以降順次導入予定
エアバスA350-900 - 12 No Data
エアバスA350-1000 - 10 No Data
エアバスA380-800 - 6 No Data 2014年以降順次導入予定
ボーイング747-400 2 - 10 45 304 359
ボーイング747-400Combi 2 - 10 24 230 264
ボーイング767-300 7 - 15 235 260
ボーイング777-200ER 12 - 8 24
28
214
226
246
262
Fクラス導入機材は3機
24
22
28
28
271
274
271
272
295
296
299
300
貨物機材
ボーイング747-400BDSF 6 - 0 旅客機材を改修
ボーイング747-400F 4 - 0
ボーイング767-300F 1 - 0
83 37
  • 2013年7月現在

なお、アシアナ航空が発注したボーイング社製航空機の顧客番号(カスタマーコード)は8Eで、航空機の形式名は747-48E、747-48EM、767-38EER、777-28EERなどとなる。

事故・トラブル[編集]

詳細はCategory:アシアナ航空の航空事故を参照

  • 2014年4月19日 仁川からサイパンへ向かっていたアシアナ航空603便(ボーイング767-300)が飛行中、福岡上空付近でエンジンの警告ランプが点灯し異常を通知されていたにもかかわらず、飛行を継続し目的地まで飛行していた。後日、韓国国土交通部により運航乗務員には30日の資格停止、運航航空会社には7日間の運航停止、または課徴金1,000万ウォンなどの処分を行う方針で行政処分審議委員会で審議し、確定するとした[10][11]。その後、ソウル/仁川 - サイパン線を7日間の運航停止と課徴金2,000万ウォンを課すことが明らかになった。なお運航停止期間については、すでに航空券を購入している利用者がいるため、検討中としている[12]。国土交通部が同年7月11日に、当社にサイパン便の運航を同年10月14日から20日までの1週間 運航停止の処分を下すことを決めたと発表した[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]