ブリュッセル航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリュッセル航空
Brussels Airlines
IATA
SN
ICAO
BEL
コールサイン
BEELINE
設立日 2006年
ハブ空港 ブリュッセル国際空港
マイレージサービス Miles & More
会員ラウンジ HON and Senator Lounge
同盟 スターアライアンス
保有機材数 46機(2機発注中)
就航地 66都市
親会社 SN Airholding SA/NV
本拠地 ベルギーの旗 ベルギー ブリュッセル
代表者 Bernard Gustin (CEO)
Michel Meyfroidt (CEO)
Etienne Davignon, Chairman
ブリュッセル航空の本社 "b.house"

ブリュッセル航空 (Brussels Airlines) は、ベルギーブリュッセルを本拠地とする航空会社

概要[編集]

2001年11月、9月に発生したアメリカ同時多発テロの影響によって、赤字体質が続いていた国営のフラッグキャリアサベナ・ベルギー航空は息の根を止められ、倒産してしまった。2002年、サベナの機材や路線の一部などを子会社Delta Air Transportが引継ぎ、SNブリュッセル航空として運航が再開された。

2007年3月25日にヴァージングループヴァージン・エキスプレスと合併し、ブリュッセル航空と改称した。IATAコードはサベナ・ベルギー航空のものを引き継いでいる。

2008年6月にICAOコードをDATからBELに変更した[要出典]

これまで、どの航空連合にも属さず独立を保ってきたが、2008年9月1日ルフトハンザドイツ航空と資本提携交渉を行なうと発表され、9月17日にはルフトハンザが将来的には全株式を取得する予定であること、ブリュッセル航空がスターアライアンスの会員資格手続を開始することが発表されている[1]。12月、スターアライアンスの理事会により、ブリュッセル航空の加盟が認められた[2]。ロゴは当初13個のドットがアルファベットの小文字の「b」をかたどるデザインだったが、「13」が忌避される文化による乗客の声を受けてドットが14個に変更され、2007年3月の就航前にすべての機体にドットが描き足された。

路線[編集]

ヨーロッパ域内のほか、アフリカ方面、北京への路線がある(アジア・中近東地区はコードシェアのみで自社運航ではない)。

アフリカ

アジア

ヨーロッパ

北米

コードシェア[編集]

かつてはアメリカン航空などともコードシェアしていたが、ルフトハンザ傘下になってからはスターアライアンス加盟会社が中心である。

など

機材[編集]

エアバスA330-300
アブロ RJ100
アブロ RJ85(2008年)
機材 保有数 発注数 座席数 備考
B E
エアバスA319-100 14 2 141 141 ヨーロッパ圏内、北アフリカ路線
エアバスA320-200 6 - 168 168 ヨーロッパ圏内路線
エアバスA330-200 3 - 22 246 268 北アメリカ、アフリカ路線
エアバスA330-300 5 - 30 254 284
アブロ RJ100 13 - 97 97 ヨーロッパ圏内路線
2016年退役予定
ボンバルディア DHC-8-Q400 5 - 78 78 ヨーロッパ圏内路線
46 2
  • 2014年2月現在

過去の機材[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ルフトハンザ、ブリュッセル航空株45%を6500万ユーロで取得へ、残る55%も入手予定[1](ルフトハンザの日本語サイトより)
  2. ^ スターアライアンス理事会、ブリュッセル航空スターアライアンス加盟を承認

関連項目[編集]

外部リンク[編集]