朴智星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
朴 智星 Football pictogram.svg
Park Ji-sung G20 Seoul Summit Ambassador.jpg
名前
愛称 Oxygen Tank(酸素タンク)[1]
Three Lungs[1]
ジー[2]
カタカナ パク・チソン
ラテン文字 PARK Ji Sung
ハングル表記 박지성
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
生年月日 1981年2月25日(33歳)
出身地 韓国の旗 全羅南道高興郡
身長 175cm
体重 72kg
選手情報
ポジション MF / FW
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2003 日本の旗 京都パープルサンガ 76 (11)
2003-2005 オランダの旗 PSVアイントホーフェン 64 (13)
2005-2012 イングランドの旗 マンチェスター・ユナイテッド 134 (19)
2012-2014 イングランドの旗 クイーンズ・パーク・レンジャーズ 15 (0)
2013-2014 オランダの旗 PSVアイントホーフェン 23 (2)
代表歴2
2000-2011 韓国の旗 韓国 100 (13)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年5月10日現在。
2. 2011年1月26日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj
パク・チソン
各種表記
ハングル 박지성
発音: パクチソン
ローマ字 Park Ji Sung
公式表記: Park Ji Sung
テンプレートを表示

朴 智星(パク・チソン、1981年2月25日 - )は、韓国出身の元サッカー選手。元韓国代表

アジア人選手として初めてUEFAチャンピオンズリーグのトロフィーを手に入れ、そして決勝戦でプレーした選手である[3]。朴は4度のプレミアリーグ優勝を経験し、またUEFAチャンピオンズリーグFIFAクラブワールドカップでも優勝を経験している。

韓国代表では100試合に出場し13ゴールをマーク。FIFAワールドカップでは2002年、2006年、2010年の3大会連続ゴールを決めた(アジア人としては初めてである[4][5])。また、ワールドカップ本選における総得点数もアジア人選手の中では、韓国の安貞桓、サウジアラビアのサミ・アル・ジャベル、日本の本田圭佑と共に最多得点記録である。

経歴[編集]

プロ入りまで[編集]

全羅南道高興郡で生まれ、水原市で育った[6]。小学4年時にサッカーを始めたものの韓国サッカーでは全くの無名選手で、朴自身も「高校時代はKリーグのドラフトにかかりませんでした」と回想している。水原工業高校では全国優勝した[7]。ドラフトにかからなかった理由として、当時の指導者は体の小ささを挙げている[8]

しかし1999年1月、明知大学校監督の金煕泰に才能を見い出され、特待生として入学する予定だった明知大のサッカー部の合宿に早期合流し、その時行われた韓国五輪代表との練習試合で目ぼしい活躍を見せたため、以降はU-23韓国代表に選ばれるようになる。2000年4月5日にはAFCアジアカップ予選ラオス戦でA代表デビューも果たした。

大学在学中の2000年6月に、明知大の監督と知り合いであり、当時京都パープルサンガ総監督だった木村文治の誘いを受け大学を休学、19歳で来日し京都に加入、日本でプロデビューすることとなった[7]。中・高・大と続いた体育会系特有の「しごき」に対する拒否感からのプロへの憧れや、当時在籍していた三浦知良の存在が京都へ入団する決め手となった。明知大にはサッカー部発展基金という名目で1億ウォンが京都から支払われた。

京都パープルサンガ時代[編集]

1シーズン目から中盤の控えとして出場機会があったが、京都がJ2に降格した2シーズン目から、その活躍ぶりは顕著になる。主にボランチのポジションで38試合に出場、3得点を挙げ、メキメキと頭角を現しだし京都のJ1昇格に貢献。J1昇格後はウィングへコンバートされ松井大輔黒部光昭と3トップを形成した。2001年にJ2に降格したが残留し、韓国代表に招集されてもできる限り断ってチームに残るなど、献身的な姿を見せている。怪我を押して出場した第82回天皇杯の決勝でも同点ゴールを決め逆転優勝に貢献。同時に韓国A代表でも徐々にレギュラーとしての地位を確立する。在籍中は大阪経済法科大学に在学し、日本語を流暢に話せるようになるまで学ぶなど、日本に溶け込む努力も見せた。

オランダ・PSV時代[編集]

2002年、元韓国代表監督であったフース・ヒディンクの推薦を受け、オランダ・エールディヴィジPSVアイントホーフェンに移籍。

1年目のシーズンには一時期不調に陥った。交際していた年上の女性と別れたことが原因の心理的スランプだとオランダ紙などで報道され、韓国紙でも「別れた原因はオランダと韓国の遠距離恋愛」などと報じられた。こうした報道に嫌気がさし、ますますふさぎこんだという。

しかしオランダでの3年間で2度のリーグ制覇を経験。特に3年目のシーズンは中心選手としてチームを牽引した。UEFAチャンピオンズリーグ 2004-05の準決勝でセリエAACミランと対決し、ミランのホーム、サン・シーロで行われた第1試合では、再三にわたりミランのDF陣を切り裂き、賞賛された。PSVのホームに戻った第2試合では、鮮やかな先制ゴールを奪い、ミランに対しリードを奪うが、終了間際にマッシモ・アンブロジーニにゴールを決められ、アウェーゴール数の差により決勝進出はならなかった。この活躍により、UEFAが発表した2005年のポジション別MVPのFW部門でアンドリー・シェフチェンコアドリアーノ・レイテ・リベイロサミュエル・エトオロナウジーニョと共にMVP候補に選ばれた[9]。また、同年のリーグ優勝決定試合でも貴重なゴールを決めた。

朴に魅了されたPSVのサポーターは朴についての歌をつくり、この歌はPSVの公式アルバム「PSV Kampioen」に「Song for Park」という名で収録された[10]

マンチェスター・ユナイテッド時代[編集]

マンチェスター・ダービーでの朴(2008年2月10日)
2008年4月、FCバルセロナ戦後の朴

2002年W杯のベスト4と、2005年UEFAチャンピオンズリーグのベスト4(PSV時代)という実績は、イングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドの監督アレックス・ファーガソンの目に留まり、2005年7月に400万ポンドの金額でマンチェスター・ユナイテッドに移籍。しかし、加入当初の英国メディアの論調は厳しく、それまでプレミアリーグで成功を収めたアジア人選手がいなかったこと、多くのアジア人選手が、アジアのサッカーマーケット開拓の道具として獲得されていることなどから、朴も広告塔としての加入ではないかと懐疑の目が向けられた。また、彼の実力を評価した専門家も、マンチェスター・ユナイテッドというビッグクラブで出番機会が与えられるのか不安視していた。

しかし、周囲の喧騒をよそに、2005-06年シーズンの開幕戦で初出場・先発を果たし、攻守に献身的なプレースタイルと、質の高いフリーランニングで活躍した。最終的にレギュラーとしてプレミアリーグで38試合中33試合に出場し、2得点7アシストを記録。中でもユナイテッドのライバルであるアーセナルFC戦ではゴールを奪う活躍を見せた。

中盤から前のポジションであれば、センターフォワード以外はどこでもこなせる高い順応性、試合が終盤にさしかかっても落ちない運動量が大きく評価されている。しかし、2006-07シーズンは膝の怪我が相次ぎ、リーグ戦では5得点を挙げるも、わずかな出場に終わった。しかし、ひざの怪我は古傷を再び痛めたもので手術が必要となり、リハビリを含めれば1年、もしくはそれ以上の長期間にわたって出場ができないのではないかと危ぶまれていたが、2007年12月26日(現地時間)に行われた対サンダーランド戦で復帰した。2007-08シーズンには難攻不落のスタンフォード・ブリッジでのチェルシーとの対戦でゴールを奪いマン・オブ・ザ・マッチに選出された[11]

UEFAチャンピオンズリーグ 2007-08では準々決勝のASローマ戦、準決勝のFCバルセロナ戦で4試合連続フル出場を果たし、[12]、ASローマとの第1戦ではウェイン・ルーニーのゴールをアシストし、バルセロナ戦では走行距離12キロを記録するなど印象的な活躍を見せた[13][14]

2008-09シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグ 2008-09の準決勝アーセナル戦で先制ゴールを奪いチームを決勝へと導き、CL決勝の舞台にアジア人プレイヤーとして初めてピッチに立った。2009-10シーズンはまたもやアーセナル相手にゴールを奪い、エミレーツ・スタジアムでのリーグ戦でユナイテッドに初の勝利をもたらすと[11]、この年のCL決勝トーナメント1回戦ではACミランからゴールを奪いチームをベスト8に導いた。またミランの司令塔アンドレア・ピルロを完璧に封じた[12][15]リオ・ファーディナンドEURO2012のイングランド対イタリア戦におけるピルロの活躍に触れた際、この試合に言及して「朴智星は当時、最高のマンツーマン守備を見せた」とし「ピルロは眠りながらも朴智星を見たはずだ」と述べている[12][15]。更にこの年にはリヴァプールとのナショナルダービーで決勝点となるダイビングヘッドを決めリオ・ファーディナンドから「怪物のようだ」とも評された[16]

2010-11シーズンはアーセナルとの首位決戦で決勝点を奪い、この試合を機にチームはアーセナルを抜き首位に浮上。UEFAチャンピオンズリーグの準々決勝チェルシーとのセカンドレグでも決勝点を奪い、チームを決勝に導いた。同年、本拠地オールド・トラッフォードに前年の王者で2位のチェルシーを迎えた天王山では、チチャリートへの先制アシストなどの攻守にわたる貢献で最大のライバルを下し、2010-11シーズンのプレミアリーグを制覇。これによりリヴァプールの18度の優勝回数を抜いて、マンチェスター・ユナイテッドにイングランドフットボール史上最も成功したクラブという称号をもたらしたメンバーの1人となった。UEFAチャンピオンズリーグ 2010-11でも、アジア人として初となる決勝スタメンフル出場を果たした。

マンチェスター・ユナイテッドのチームメイトやファーガソン監督からは「Ji(ジー)」というニックネームで呼ばれていた[2]。チームメイトの中では特にパトリス・エヴラと仲が良かった。

2011-12シーズン、2012年2月6日のチェルシー戦で公式戦200試合出場の記録を達成した。また、同月24日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのアヤックス戦ではキャプテンとして出場した。そして同シーズンを限りに、7シーズンに及んだマンチェスター・ユナイテッドとの契約が終了した。

QPR時代[編集]

2012年7月9日、イングランド・プレミアリーグに所属するクイーンズ・パーク・レンジャーズFC(QPR)へ移籍[17]。QPRは同シーズンで有力選手の補強を積極的に進め[18]、朴は監督のマーク・ヒューズによってチームの主将に指名されたが、朴自身の負傷もあってチームは低迷してヒューズは解任された。後任監督のハリー・レドナップによって主将から外された朴は不振を払拭できず、QPRは翌シーズンから2部相当のフットボールリーグ・チャンピオンシップ降格が決まった[19]

PSV復帰[編集]

2013年8月8日、古巣のPSVアイントホーフェンレンタル移籍[20]。リーグ戦34試合中23試合に出場(うち21試合で先発)し、2得点の成績を残し、PSVのUEFAヨーロッパリーグ(2014-2015シーズ)進出とリーグ戦最終順位4位(2013-2014シーズン)に貢献。

韓国代表として[編集]

朴はW杯に3度出場し、2002年のポルトガル戦、2006年のフランス戦、2010年のギリシャ戦と、3大会連続ゴールを決めている。2008年10月のUAE戦からはキャプテンを務めた。試合前のバス移動で「必要以上に気負いこむことはない」としてBGMにロックを流しチームをリラックスさせようとするなど、リーダーシップを発揮している[21]

2004年に行われたアテネ五輪の時、23歳の朴はU-23韓国代表選手として同大会のサッカー競技において通常の出場資格を持っていた。前年に行われた同五輪最終予選でのインタビューで、U-23日本代表について聞かれると、「日本は最も注意しなければならない相手だ」と、日本へのライバル心を公表している。しかし、2004年に行われたアテネ五輪の本大会では,所属クラブのヒディンク監督が五輪出場を最後まで承諾せず、結局五輪出場はならなかった(ヒディンクは五輪前に開催されたA代表のアジア杯への出場は了承しており、五輪は国際AマッチではなくFIFAから選手招集に応じる義務も課されていないので、五輪よりは当然クラブを優先させるべきと考えた)。

2008年8月の北京五輪(同大会のサッカー競技)では韓国五輪代表監督の朴成華が「(27歳の)朴をオーバーエイジ枠の選手として北京五輪代表チームに招集したい」と発言。これに対し朴は大韓サッカー協会会長の鄭夢準と対談した際に「協会とチームが合意さえすれば、気持ち良く出場したい。(アテネ)五輪で成し遂げられなかった夢をかなえたい」と述べた[22]。しかし、一方でポジション争いの激しさを背景にクラブのキャンプへの早期合流の必要性にも言及し、世論はマンチェスター・ユナイテッドで朴の置かれている立場と体力的負担を理由にクラブ早期合流を望む意見が大勢を占めた。朴がヒザの不調により2008年6月のW杯南アフリカ大会の3次予選に欠場した事で、協会は朴の北京五輪参加を断念した。

代表チームメートの李榮杓と共に、2011年1月開催のアジアカップで代表を引退を表明した。2011年アジアカップ準決勝の日本戦では韓国はPK戦で敗れ、ウズベキスタンとの3位決定戦にまわった。疲労を考慮されベンチにすら入らず出場しなかった。これにより代表通算100戦目となった日本戦が彼の代表最後の試合になった。試合後に日本選手らに握手を求め健闘をたたえあうなど紳士的な対応をし、日本でも好感を持って報じられた。日本対オーストラリアの決勝戦直後に行われた受賞セレモニーでは韓国代表はフェアプレー賞を受賞し、韓国代表の受賞者として登場した。

現役引退[編集]

2014年5月14日に朴智星サッカーセンターで会見を開き、膝の怪我を理由に現役生活からの引退を発表した[23][24]。また、交際中のキム・ミンジと結婚することを同時発表した[25]

2014年6月28日、京都サンガF.C.のクラブ20周年の記念試合に出場し、試合後に引退セレモニーが行われた[26][27]。7月25日、ソウルワールドカップ競技場でのKリーグオールスター戦は、引退試合としてチームKリーグ対チーム朴智星の形式で実施され自身も出場した。

プレースタイル[編集]

試合終盤まで走り続けることのできる豊富な運動量とスピードが最大の武器。特に運動量に関しては評価が高く、リオ・ファーディナンドパトリス・エヴラからも評価されている[2]

左右両足を使える柔軟性、抜群のボディバランスと確固たる基礎技術、巧みなポジショニング、飛び出しの技術、スピードある鋭いドリブル突破も持ち合わせている。また、走力を生かした激しいプレスや対人ボール奪取力にも長けていて、スペースを消すのもパスをカットするのも非常に巧い。最近では決定力もついてきており、ダイナモ的存在としてチームを活性化できるチームに必要不可欠なオールマイティプレイヤーである[28]

朴は「守備的ウィンガー(defensive winger)」として働き、ピッチの中央と両ウィングを含む中盤のあらゆるところに展開する作業量とエネルギーはマンチェスターユナイテッドで非常に賞賛をされている[29]また、彼は「ビッグゲームプレイヤー」としても知られ、守備的な働きが特別に重視されるリーグ戦のビッグゲームやヨーロッパ各国間の試合で、よく起用される[30]

朴は中盤すべてのポジションとセカンドトップウイングをこなせるユーティリティープレーヤーである[31]。中盤を超えてあらゆるところでプレーすることができ、卓越したフィットネスレベル、規律、勤勉さ、オフ・ザ・ボールの動きが注目されている[32]

評価[編集]

ガーディアン紙やサッカー専門サイト「チームトーク」などイギリスメディアは、しばしば彼を「Unsung Hero」(縁の下の力持ち)と評している[33]

アレックス・ファーガソンは「ビッグマッチで本当によくゴールを決める」とその勝負強さを称賛し[34]、また、「朴はビッグマッチを戦う上で必要な規律や賢さ、サッカーの知識を持ちあわせており、冷静さを欠くことがない」とそのプロ意識の高さを評価して特にビッグマッチにおいては信頼を寄せている[35]。朴のQPR移籍が決定した際には彼がプロとして尊敬に値し、人格的にも優れていると述べるともに「ビッグゲームに強く、必ずチームの期待に応えてくれた」と、ここでもビッグゲームにおける強さに言及した[36]。 チームメイトのマイケル・キャリックは朴智星について「ビッグマッチの専門家」と表現している[37]。またリオ・ファーディナンドは「彼はビッグゲームとなるとゴールを挙げるんだ。監督はここぞという試合で彼を何度も起用しているけど、いつもその期待に応えている」と称賛している[38]。朴の退団に際して、「チ(朴の愛称)はすごい選手で、本物のプレーヤーだ。彼はチームメートや僕たちのファンから、とても評価されていたね。本当に献身的な選手で、これまでに全くトラブルはなかった。常にチームのためにプレーしていたよ。このクラブが成功を収めた時期の一員だね」とコメントしている[39] また、アーセン・ベンゲルは「パク・チソンはフレドリック・ユングベリのような選手だが、ゴールも決めることができる」と評した[40]

エピソード[編集]

日本との関係[編集]

発音に多少の韓国語訛りがあるが、流暢な日本語を話す。日本のメディアの取材には全て日本語で対応する。京都パープルサンガ時代の同僚・松井大輔によれば、今でも日本語でお互いによく電話をしている。2002年W杯・ポルトガル戦後のミックスゾーンで日本人記者たちに祝福された際も、日本語で「あのゴールはまぐれですよ!」と笑顔で語った、とのエピソードがある。イギリス生活も長く英語も堪能。イングランドのメディアに対応する際には、通訳を介さず英語で対応する。しかし2008年、日本メディアの取材に対し、「英語より日本語のほうが得意」と語っている。現在でも「自分の原点は京都にある」と語り、オフを利用して度々京都に訪れている。

朴と親交が深い松井は、常々インタビューで朴について言及している。松井曰く、同じ歳の2人は自然とうまが合い、いつも2人でキック練習をしていたという。また、既に結婚していた松井の家に朴はよく遊びにいき、松井の妻がキムチなどの食事を出していたという。松井は朴を「2002年W杯の前後で人柄など全てが変わった」と評しており、そのため自分自身も出場してみたかったと語っている。また、朴は1度も食事を奢ってくれなかったとも述べている。その後、松井は2010 FIFAワールドカップのメンバーに選ばれ、朴と共に出場を果たした。松井は朴と日韓戦で対戦する事を望んでいたが[41]、二人同時にピッチに立つ機会はないまま、2011年に朴が韓国代表からの引退を発表した。それ以外では京都時代の先輩に当たる三浦知良を慕い、また彼からもよく可愛がられていた。2008年にも、「親愛なるカズさんへ」との手紙にて感謝の気持ちを示している。

朴は2007年に『信じるチカラ パク・チソン自伝』を在日コリアンライターの慎武宏の構成・監訳で出版したが、その中で朴の性格は「謙虚、寡黙、自己主張しない…。海外サッカーにおいては埋没しかねない典型的なタイプ」と評されている[42]。普段は穏やかな青年であるがピッチの上では非常に自己主張の強い選手だと知られている。

2011年3月11日に発生した東日本大震災の後には、朴は被災者に対して哀悼のメッセージを寄せ、3月15日付で義捐金を支出した事を明らかにした[43]

慈善活動[編集]

朴は他の多くのスポーツ選手と同様に慈善活動(チャリティー)にも積極的に参加している。2011年2月には自らが理事長となる「JSファウンデーション朴智星財団」を設立し、「韓国サッカーの世界化」と「サッカーを通じた幸せの共有」のためにサッカー少年への奨学金支援やチャリティー募金の実施を掲げた[44]。以後、2011年6月15日にはベトナムで「第1回斗山アジアン・ドリーム・カップ」を行い、同国でのサッカー普及のための寄付金をベトナムサッカー連盟へ贈った[45]。続く第2回の「アジアン・ドリーム・カップ」は2012年5月23日タイバンコクで開催して、前年の洪水で被災したタイの子ども達に寄付金が贈られた[46]。第3回大会は「三星火災アジアン・ドリーム・カップ」として2013年6月23日中華人民共和国上海市上海虹口足球場で開催された[47]

これらの活動には韓国代表選手や日本代表選手なども協力し、第1回では松井大輔や三浦知良に加えて中田英寿川島永嗣[45]、第2回では2大会連続となる三浦[48]宮本恒靖田中誠らが参加した。第2回にはマンチェスター・ユナイテッドのチームメイトのリオ・ファーディナンド北朝鮮代表鄭大世も出場した。第3回大会には北朝鮮代表の安英学が参加し、安は自らのツイッターで試合への参加を報告した[49]

その他[編集]

TVゲームが好きで、休日はいつも家にこもってゲームをしている。

憧れの選手について聞かれると、いつも決まって「いない」と答える。

プレースタイルも全く違うが、地域のスターという意味で、英紙から「アジアのベッカムと呼ばれているようだが」と唐突な質問を受けた。その時に、「僕はベッカムの様にハンサムではないけれど、彼のポテンシャルに近づくことはできる」と答えている[31]

個人成績[編集]

Club Season League Cup League Cup Continental Other[50] Total
Apps Goals Apps Goals Apps Goals Apps Goals Apps Goals Apps Goals
京都パープルサンガ 2000 13 1 1 0 2 0 16 1
2001 38 3 1 0 1 0 40 3
2002 25 7 4 1 0 0 29 8
Total 76 11 6 1 3 0 85 12
PSV 2002–03 8 0 0 0 0 0 0 0 8 0
2003–04 28 6 1 0 10 0 1 0 40 6
2004–05 28 7 3 2 13 2 0 0 44 11
Total 64 13 4 2 23 2 1 0 92 17
マンチェスター・ユナイテッド[51] 2005–06 34 1 2 0 3 1 6 0 45 2
2006–07 14 5 5 0 0 0 1 0 20 5
2007–08 12 1 2 0 0 0 4 0 0 0 18 1
2008–09 25 2 3 1 1 0 9 1 2 0 40 4
2009–10 17 3 0 0 2 0 6 1 1 0 26 4
2010–11 15 5 1 0 2 2 9 1 1 0 28 8
2011–12 17 2 1 1 3 0 7 0 0 0 28 3
Total 134 19 14 2 11 3 42 3 4 0 205 27
QPR 2012–13 15 0 3 0 2 0 20 0
Total 15 0 3 0 2 0 20 0
PSVアイントホーフェン 2013–14 23 2 0 0 3 0 26 2
Total 23 2 0 0 3 0 26 2
Career total 312 45 27 5 16 3 68 5 5 0 428 58

タイトル[編集]

クラブ[編集]

京都パープルサンガ
PSVアイントホーフェン
マンチェスター・ユナイテッド

受賞[編集]

  • 2002年 Jリーグ優秀選手賞[52]
  • 2005年 フットボールアジア 2004-2005欧州で最も活躍するアジア人選手[53]
  • 2005年 タイム誌アジア版スポーツ部門 2005アジアの英雄[54]
  • 2009年 アラブ系スポーツ誌スーパーマガジン アジアサッカー選手賞[55]
  • 2009年 イギリス・サッカー専門サイトチームトーク 今年のチームトーク賞「今年の名も無き英雄(Unsung Hero of the Year)」部門受賞
  • 2009年 ガーディアン 陰のヒーロー(Unsung Hero):活躍に比べて評価が低い「陰のヒーロー」をプレミアリーグ20チームから、1人ずつ選出[56]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Goal.com. “Ji-Sung Park Profile”. 2011年8月10日閲覧。
  2. ^ a b c パクの献身を称えるリオ&エブラ”. Goal.com (2011年5月18日). 2011年8月10日閲覧。
  3. ^ “United's Park first Asian to play Champions League final”. Reuters. (2009年5月27日). http://in.reuters.com/article/sportsNews/idINIndia-39922820090527 2009年12月26日閲覧。 
  4. ^ http://web.gekisaka.jp/86247_57658_fl
  5. ^ http://www.manutd.jp/ja-JP/NewsAndFeatures/Features/2013/Oct/17-Park-spark.aspx
  6. ^ Ducker, James (2009年5月26日). “Park Ji Sung is a Seoul star out of the ordinary”. The Times (News Corporation). オリジナル2011年5月26日時点によるアーカイブ。. http://www.webcitation.org/5yyfIfbgf 2011年8月10日閲覧。 
  7. ^ a b 京都新聞 (2002年5月). “W杯 韓国代表 朴智星の軌跡(2)19歳の決意”. http://www.kyoto-np.co.jp/sanga/rensai2002/paku/paku02.html 2011年8月10日閲覧。 
  8. ^ “朴智星の恩師「体が小さくてどこも智星をスカウトしなかった」”. 朝鮮日報. (2005年11月29日). http://www.chosunonline.com/news/20051129000042 2011年8月10日閲覧。 
  9. ^ UEFA (2005年8月22日). “Liverpool stars head nominees”. uefa.com. 2011年8月10日閲覧。
  10. ^ “Park Ji-Sung pulls the strings for South Korea”. CBA. (2009年11月25日). http://www.cbc.ca/sports/soccer/fifaworldcup/features/story/2009/11/13/spf-park-jisung-skorea.html 2010年7月31日閲覧。 
  11. ^ a b サッカーキング (2011年4月15日). “パク・チソンはマンUの躍進に不可欠な“ビッグマッチ男””. 2011年8月10日閲覧。
  12. ^ a b c <サッカー>マンUファン「朴智星はメダルを受ける資格が十分」 - 中央日報2008年5月27日
  13. ^ コラム:アジアのパイオニア、パク・チソンの7年間 QPR移籍が決定したパクのユナイテッドでの軌跡を振り返る - goal.com 2012/7/10
  14. ^ wikipedia英語版 Park Ji-Sung
  15. ^ a b Vanessa Keller.Ferdinand: United Star Would Be A Nightmare For Italian Hero.SPORTS&STARS.2012/6/25
  16. ^ Coppack, Nick (2001年3月21日). “リオがパク・チソンの活躍を称賛”. ManUtd.jp. 2011年8月10日閲覧。
  17. ^ QPR complete signing of Man Utd midfielder Park Ji-sung” (英語). 英国放送協会 (2012年7月9日). 2012年7月12日閲覧。
  18. ^ サッカーキングウェブサイト、2013年5月1日付記事 「大型補強実らず2部降格のQPR、選手が大量流出へ
  19. ^ サッカーキングウェブサイト、2013年5月1日付記事 「パク・チソンが2部降格のQPR退団を検討か…MLS移籍が浮上
  20. ^ Ji-Sung Park keert terug bij PSV”. PSV公式サイト (2013年8月8日). 2013年8月8日閲覧。
  21. ^ 慎 武宏 (2009年6月25日). “【慎武宏コラム】W杯最終予選B組総括「“チェンジ”したふたつのコリア」新たなリーダーの下生まれ変わった韓国”. FOOTBALL WEEKLY. 2011年8月10日閲覧。
  22. ^ 朴智星、北京五輪出場に前向き”. 朝鮮日報 (2007年9月22日). 2010年3月19日閲覧。
  23. ^ 朴智星が現役引退を発表、2014年5月14日、朝鮮日報
  24. ^ 朴智星が現役引退宣言「体調良くなくて」、2014年5月14日、中央日報
  25. ^ サッカー元韓国代表の朴智星が引退 7月に女子アナと挙式、2014年5月14日、朝鮮日報
  26. ^ レジェンド躍動 設立20周年記念試合”. 京都新聞 (2014年6月29日). 2014年7月12日閲覧。
  27. ^ 京都、朴智星氏に白星贈ることできず”. 日刊スポーツ (2014年6月28日). 2014年7月12日閲覧。
  28. ^ 慎 武宏 (2008年6月). ““アジアの誇り”パク・チソン、胸に秘めたさらなる飛躍”. EAFF.com. http://www.eaff.com/j/fanzone/eaplayers/004.html 2011年8月10日閲覧。 
  29. ^ Wilson, Jonathan (2009年6月4日). “The Question: Are defensive forwards the future?”. London: The Guardian. http://www.guardian.co.uk/sport/blog/2009/jun/04/defensive-forwards-barcelona-liverpool-manchester-united 
  30. ^ Cox, Michael.Tactics: Manchester United use wingers to great effect. ITV.
  31. ^ a b Ji-Sung Park – Quote, Unquote” (英語). ManUtd.com. Manchester United. 2011年8月10日閲覧。
  32. ^ Ji-Sung Park – Quote, Unquote”. ManUtd.com. Manchester United. 2011年4月22日閲覧。
  33. ^ <サッカー>朴智星、マンUで200試合出場の大記録 - 中央日報2012/2/7
  34. ^ Bartram, Steve (2011年4月12日). “監督「チームは最高の調子にある」”. ManUtd.jp. 2011年8月10日閲覧。
  35. ^ パク・チソンを信頼するファーガソン”. Goal.com (2011年4月25日). 2011年8月10日閲覧。
  36. ^ パク・チソンの退団にファーガソン「QPRでは必ず成功出来る」 - ゲキサカ2012/7/10
  37. ^ Marshall, Adam (2011年4月13日). “Ji-sung is our unsung hero” (英語). MANUTD.com. 2011年8月10日閲覧。
  38. ^ サイモン・ハート (2011年4月13日). “タイミングのいい得点を喜ぶギグス”. Uefa.com. 2011年8月10日閲覧。
  39. ^ ファーディナンド、パク・チソン移籍に「悲しい」元チームメートを絶賛goal.com2012/07/10
  40. ^ Muro, Giuseppe (2010年12月13日). “Wenger - Park is a Ljungberg-type player” (英語). Arsenal.com. 2001年8月10日閲覧。
  41. ^ 一例として、スポーツニッポン2010年10月10日付記事、「松井、全体練習合流へ!「朴が待っているので」
  42. ^ ランダムハウス講談社. “信じるチカラ パク・チソン自伝”. オリジナル2008年12月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20081223141941/http://www.randomhouse-kodansha.co.jp/books/details.php?id=342 2011年8月10日閲覧。 
  43. ^ 集英社「ウェブスポルティーバ」、2011年3月18日付記事、吉崎エイジーニョパク・チソンら元Jリーガー韓国人選手たちから被災地へのメッセージ
  44. ^ レコードチャイナ2011年2月8日付、「韓国とアジアのサッカーに貢献したい」…朴智星が財団を設立
  45. ^ a b ライブドアスポーツ、サッカーキング配信、2011年6月16日付記事、「ヒデ&カズが夢の“共演”、パク・チソン主催の慈善試合で1ゴール1アシストの活躍
  46. ^ [1](韓国語)
  47. ^ ネイバーニュース、2013年6月23日付記事、「安英学、『智星、先制ゴールおめでとう』」(韓国語)
  48. ^ 横浜FC公式サイト 2012年5月20日付リリース 「三浦知良選手「Asian Dream Cup 2012」参加のお知らせ
  49. ^ 安英学公式ツイッター(認証済み)、2013年6月24日付投稿、「パク・チソン選手が代表をつとめる財団が主催したチャリティーマッチに行ってきました。in 上海
  50. ^ Includes other competitive competitions, including the Johan Cruijff-schaal, FA Community Shield, UEFA Super Cup, Intercontinental Cup and FIFA Club World Cup
  51. ^ Endlar, Andrew. “Park Ji-Sung”. StretfordEnd.co.uk. 2010年9月26日閲覧。
  52. ^ 京都新聞 2002年12月6日
  53. ^ 2005年6月1日『中央日報』
  54. ^ 2005年10月3日『中央日報』
  55. ^ 2009年1月8日『中央日報』
  56. ^ 2009年8月11日『中央日報』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]