ハルビン市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 黒竜江省 哈爾浜市
太陽島、哈爾浜観覧車、龍塔、ハルビン市人民水防戦勝記念塔、 聖ソフィア大聖堂、ハルビン松浦大桥
太陽島、哈爾浜観覧車、龍塔、ハルビン市人民水防戦勝記念塔、 聖ソフィア大聖堂、ハルビン松浦大桥
哈爾浜市の市旗 哈爾浜市の市徽
市旗 市徽
簡称:
別称:冰城、東方小巴黎


黒竜江省中の哈爾濱市の位置
黒竜江省中の哈爾濱市の位置
中心座標 北緯45度45分0秒 東経126度39分0秒 / 北緯45.75000度 東経126.65000度 / 45.75000; 126.65000
簡体字 哈尔滨
繁体字 哈爾濱
拼音 zh-Harbin.ogg Hā'ěrbīn[ヘルプ/ファイル]
カタカナ転記 ハーアルビン
ロシア語 ru-Kharbin.ogg Харби́н[ヘルプ/ファイル]
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
黒竜江
行政級別 副省級市
成立 1898年
市委書記 林鐸
市長 宋希斌
面積
総面積 53,068 km²
市区 7,086 km²
海抜 150 m
人口
総人口(2010) 1063.5 万人
人口密度 183.5 人/km²
市区人口(2010) 587.8 万人
経済
GDP(2013) 5,010.8 億元
電話番号 451
郵便番号 150000
ナンバープレート 黒A
行政区画代碼 230100
市樹 ニレ
市花 ライラック
公式ウェブサイト http://www.harbin.gov.cn/

ハルビン市(ハルビンし、中国語:哈尔滨市、英語:Harbin)は中華人民共和国黒竜江省に位置する副省級市。黒竜江省人民政府の所在地であり、黒竜江省の政治・経済の中心である。市区人口は587.9万人、都市圏人口は1063.5万人の大都市である。

歴史[編集]

市名の由来としては、白鳥を意味する満洲語、平地を意味するモンゴル語、栄誉を意味する女真語などの諸説があり定まっていない。

晋代には夫余隋代には靺鞨唐代には渤海鄚頡府の地とされていた。遼朝が成立すると東京道完顔部の支配地となり、やがて完顔部の首領であった阿骨打により金朝が建国されると上京会寧府の管轄とされ、阿城区には金朝の都城であった上京会寧府の遺跡が残る。

元代になると遼陽行省開元路が、明代には奴児干都司、清初には寧古塔将軍の、後に阿勒楚喀副都統の管轄とされたが、開発が制限されたため当時は森林地帯を形成していた。本格的な開発が着手されたのは光緒初年に民官が設置された後である。松花江を境界として南に吉林将軍の管轄である賓州、双城庁を設置、北側を黒竜江将軍の管轄である呼蘭副都統の管轄とされた。

1898年光緒24年)、ロシア帝国により満洲を横断する東清鉄道建設が着手されると、交通の要衝としてロシア人を初めとする人口が急激に増加し経済の発展をみるようになった。1905年(光緒31年)10月31日、清朝は哈爾関道(浜江関道を設置)、翌年5月11日には正式に道署を設置し現在の浜江城(現在の道外区)に駐在するようになった。

1907年1月14日、清朝はハルビンを対外交易拠点とすることを決定、吉林将軍及び黒竜江将軍の奏准を容れ浜江庁を設置、浜江関道の管轄とされ行政権の強化が図られた。これに対しロシアは同年11月23日に中東鉄道管理局による『ハルビン自治公議会章程』を発布、埠頭区(現在の道里区)、新市街(現在の南崗区)の7,000平方キロメートルの地域を市区と定め公議会の管轄とし、清朝に対抗した。

1909年10月26日ハルビン駅頭で日本の枢密院議長伊藤博文安重根に暗殺されている。ハルビン市は黒竜江省の中南部、北流してアムール川に注ぐ松花江の河畔に位置する。

中華民国が成立すると1913年3月に浜江庁は浜江県と改称され、翌年1月31日には松北市政局に改編された。更に1921年2月5日にはハルビン市政管理局、1923年3月1日に東省特別区行政長長官公署が正式に成立すると公署がハルビン埠頭区に設置され、現在の政治的な地位の基礎が築かれた。1926年3月30日に東省特別区市政管理局はハルビン市公議会を廃止、ハルビン自治臨時委員会が設置され、ロシア人による統治が終焉した。同年6月17日には『ハルビン特別市自治試弁章程』を施行し、埠頭区、新市街をハルビン特別市管轄区域とし、それ以外の馬家溝、老哈爾浜(現在の香坊区)、新安埠、八区、顧郷、正陽河等の地域を東省特別区市政管理局の管轄とした。

満洲事変が勃発、満洲国が建国されると、1933年7月1日にハルビン特別市が成立し、東省特別区市政管理局の管轄とされた。その後1937年7月1日に浜江省管轄の普通市に改編されるなどの行政改編が行われながらも満洲地区からロシア・ヨーロッパ方面への鉄道輸送の要衝として発展し、1940年に実施された国勢調査では人口60.55万人に達している。

満洲国が崩壊し、国共内戦の結果中国共産党1946年4月28日にハルビンの支配権を獲得すると直ちにハルビン特別市政府を設立、1948年4月21日には省轄市に改称し松江省省政府が設置された。1954年6月19日の松江省と黒竜江省の合併により黒龍江省に移管され、省人民政府が設置され現在に至っている。

その他[編集]

ロシア革命後、ソ連中東鉄道(東清鉄道の後身)の利権を維持し、満洲国に譲渡したのは1934年のことだった。

気候[編集]

ケッペンの気候区分では亜寒帯冬季少雨気候に属し、夏と冬の温度差が非常に大きい顕著な大陸性気候である。1月の平均気温は-18.6℃と世界の大都市の中では最も寒い部類に入る。朝の最低気温は平均で-23.9℃にまで下がり、-40度以下まで下がることもあるが、非常に乾燥していて降雪はほとんどない。この寒さのため、ハルビンは氷の町と言われている。一方、夏は暑く7月の平均気温は22.8℃、日中は平均で28度程度まで上がり雨も多く、年間降水量のほとんどが6月から9月で占められる。年間平均気温は4度、年降水量は502.3ミリである。


ハルビン (1971-2000)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) −12.3
(9.9)
−7.1
(19.2)
2.5
(36.5)
13.6
(56.5)
21.2
(70.2)
26.0
(78.8)
28.0
(82.4)
26.3
(79.3)
20.7
(69.3)
11.7
(53.1)
−0.1
(31.8)
−9.4
(15.1)
10.1
(50.2)
平均最低気温 °C (°F) −23.9
(−11)
−19.8
(−3.6)
−9.5
(14.9)
0.5
(32.9)
7.9
(46.2)
14.6
(58.3)
18.3
(64.9)
16.2
(61.2)
8.7
(47.7)
0.1
(32.2)
−10.1
(13.8)
−19.8
(−3.6)
−1.4
(29.5)
降水量 mm (inch) 3.4
(0.134)
5.3
(0.209)
9.7
(0.382)
18.4
(0.724)
40.4
(1.591)
84.4
(3.323)
122.7
(4.831)
121.2
(4.772)
57.6
(2.268)
25.9
(1.02)
9.6
(0.378)
5.8
(0.228)
502.3
(19.776)
 % 湿度 72 68 56 49 51 65 77 78 70 63 65 71 65
平均月間日照時間 155.9 179.9 230.9 231.4 264.1 260.2 254.2 247.2 230.5 206.8 170.2 139.9 2,571.1
出典: 中国气象局 国家气象信息中心 2009-03-17

行政区域[編集]

9市轄区、2県級市、7を管轄する

行政区画 面積(km2 人口 郵便番号 政府所在地
1 松北区 736 19万(2005年) 150028 松北街道松北一路18号
2 道里区 479 67万(2005年) 150010 安化街103号。
3 南崗区 183 99万(2005年) 150006 宣化街261号
4 道外区 257 61万(2005年) 150026 北十四道街55号
5 香坊区 339.5 72.41万(2005年) 150036 香坊大街
6 平房区 94 16万(2005年) 150060 友協大街98号
7 呼蘭区 2,186 62万(2005年) 150500 南京路8号
8 阿城区 2,770 65万(2005年) 150300 民権大街
9 双城区 3,112 81万(2005年) 150100 双城鎮
10 尚志市 8,895 62万(2005年) 150600 尚志鎮
11 五常市 7,512 97万(2005年) 150200 五常鎮
12 依蘭県 4,672 39万(2005年) 154800 依蘭鎮
13 方正県 2,993 23万(2005年) 150800 方正鎮
14 賓県 3,846 62万(2005年) 150400 賓州鎮
15 巴彦県 3,138 70万(2005年) 151800 巴彦鎮
16 木蘭県 3,602 27万(2005年) 151900 木蘭鎮
17 通河県 5,755 23万(2005年) 150900 通河鎮
18 延寿県 3,226 27万(2005年) 150700 延寿鎮

年表[編集]

松江省ハルビン市[編集]

ハルビン市[編集]

  • 1953年11月23日 - 新陽区が道里区・顧郷区に分割編入。(12区)
  • 1954年6月19日 - 黒龍江省に編入され、黒龍江省ハルビン市となる。

黒龍江省ハルビン市(第1次)[編集]

  • 1956年8月28日 (10区)
    • 東傅家区・西傅家区が合併し、道外区が発足。
    • 道里区・顧郷区が合併し、道里区が発足。
    • 朝陽区の一部が平房区に編入。
  • 1956年10月25日 - 天恒区が朝陽区に編入。(9区)
  • 1958年1月15日 - 香坊区の一部が分立し、動力之郷区が発足。(10区)
  • 1958年8月25日 - 肇東県賓県阿城県、松花江専区呼蘭県を編入。(10区4県)
  • 1958年10月22日 - 朝陽区・王崗区・松浦区が合併し、浜江区が発足。(8区4県)
  • 1958年11月15日 - 浜江区が道里区・南崗区・太平区・道外区・香坊区・平房区・動力之郷区に分割編入。(7区4県)
  • 1959年12月14日 (7区4県)
    • 阿城県の一部が香坊区・太平区・動力之郷区・平房区に分割編入。
    • 肇東県の一部が道里区に編入。
    • 平房区の一部が動力之郷区に編入。
  • 1960年5月12日 (7区8県)
  • 1963年3月8日 - 道里区・南崗区・太平区・道外区・香坊区・平房区・動力之郷区の各一部が合併し、浜江区が発足。(8区8県)
  • 1965年6月14日 - 賓県・阿城県・呼蘭県・五常県・双城県・巴彦県・木蘭県・通河県が松花江専区に編入。(8区)
  • 1967年4月 (8区)
  • 1972年8月14日 - 浜江区が道里区・南崗区・太平区・道外区・香坊区・新曙光区・動力区に分割編入。(7区)
  • 1972年9月22日 - 新曙光区が平房区に改称。(7区)
  • 1983年10月3日 - 松花江地区呼蘭県阿城県を編入。(7区2県)
  • 1987年2月24日 - 阿城県が市制施行し、阿城市となる。(7区1市1県)
  • 1991年2月2日 - 松花江地区方正県賓県ジャムス市依蘭県を編入。(7区1市4県)
  • 1996年8月11日 - ハルビン市が松花江地区と合併し、新制のハルビン市が発足。

松花江専区(1958年-1965年)[編集]

  • 1958年8月16日 - 綏化専区が松花江専区に改称。(11県)
  • 1958年8月25日 - 呼蘭県がハルビン市に編入。(10県)
  • 1958年8月27日 - 伊春市肇州県五常県双城県肇源県を編入。伊春市が県級市に降格。(1市14県)
  • 1958年9月5日 - 鉄力県慶安県に編入。(1市13県)
  • 1960年5月12日 (1市12県)
  • 1960年5月26日 - 安達県および肇州県の一部が合併し、安達市が発足。(2市11県)
  • 1962年10月20日 - 慶安県の一部が分立し、鉄力県が発足。(2市12県)
  • 1964年1月15日 - 伊春市が地級市の伊春市に昇格。(1市12県)
  • 1965年3月27日 - 安達市の一部が分立し、安達県が発足。(1市13県)
  • 1965年6月14日 - 松花江専区が綏化専区に改称。

松花江地区(1965年-1996年)[編集]

  • 1965年6月14日 - ハルビン市賓県阿城県呼蘭県五常県双城県巴彦県木蘭県通河県を編入。松花江専区が成立。(8県)
  • 1968年 - 松花江専区が松花江地区に改称。(8県)
  • 1970年4月1日 - 牡丹江地区尚志県方正県延寿県を編入。(11県)
  • 1983年10月3日 - 呼蘭県・阿城県がハルビン市に編入。(9県)
  • 1988年9月14日 (2市7県)
    • 尚志県が市制施行し、尚志市となる。
    • 双城県が市制施行し、双城市となる。
  • 1991年2月2日 - 方正県・賓県がハルビン市に編入。(2市5県)
  • 1993年6月1日 - 五常県が市制施行し、五常市となる。(3市4県)
  • 1996年8月11日 - 松花江地区がハルビン市と合併し、新制のハルビン市の発足により消滅。

黒龍江省ハルビン市(第2次)[編集]

  • 1996年8月11日 - ハルビン市(7区1市4県)・松花江地区(3市4県)が合併し、新制のハルビン市が発足。(7区4市8県)
  • 2004年2月4日 (8区4市7県)
    • 太平区が道外区に編入。
    • 道外区・呼蘭県の各一部が合併し、松北区が発足。
    • 呼蘭県の残部が区制施行し、呼蘭区となる。
  • 2006年8月15日 (8区3市7県)
    • 動力区・香坊区が合併し、香坊区が発足。
    • 阿城市の一部が道外区に編入。
    • 阿城市の残部が区制施行し、阿城区となる。
  • 2014年5月2日 - 双城市が区制施行し、双城区となる。(9区2市7県)

友好都市[編集]

交通[編集]

  • 高速道路 - 京哈高速道路・哈大高速道路の終点・出発点に当り、高速道路さら東方へ、北西方へ延びている。

経済[編集]

ハルビンでは、農業・漁業、鉱工業、流通・サービス業が盛んに行なわれている。毎年6月中旬に行なわれる「中国哈爾濱国際経済貿易商談会」(通称:ハルビン商談会)はこれらを見るいい機会である。

農業・漁業[編集]

ハルビン近くはいわゆる黒土であり、あらゆる農作物が作られ、稲作も行なわれている。松花江などの大河での漁業も盛んである。

鉱工業[編集]

中華人民共和国成立後は、重電(哈電集団など)、航空機製造(哈爾浜飛機製造公司など)、薬品工業(哈薬集団など)、自動車産業(哈飛汽車など)、飲料製造(ハルビンビールなど)が盛んになっている。

ハルビン開発区[編集]

ハルビン経済技術開発区・高新技術産業開発区は市内に3地区あり、内外の企業を誘致している。南崗集中区は市街区の東で三環路内にあり、ハルビン工業大学などの大学にも近く、ここに管理委員会もあり、サービスセンターや創業ビルなどもある。哈平路集中区は南の四環路のすぐ外側にあり(731部隊のそば)、製造工場が集中する開発区工業新区にも近く、自動車産業・製薬業・IT産業などを集めている。迎賓路集中区は南西郊外で、四環路のすぐ内側にあり、バイオ産業ロボット関係・ロシア関連の企業を集めている。

流通・サービス業[編集]

水運、航空機、鉄道、高速道路を通じてハルビンは交通の要衝になっていて、交通・流通関係に勤める人も多い。またそれに連れて、商業(哈爾浜秋林集団など)も盛んである。金融関係では、中国の有力銀行はすべて支店をもっているが、地元の銀行としてはハルビン銀行がある。

宗教[編集]

聖ソフィア大聖堂

大多数は宗教に無関心であるが、仏教、道教が多い。キリスト教プロテスタント(基督教)、カトリック(天主教)、ごく少ないが東方正教もある。ロシア人が多く住んでいたことから、新中国建国までの間に東方正教会聖堂が多数建設された。聖ニコライ聖堂など文化大革命中に破壊されたものもあるが、生神女庇護聖堂(別名:聖母守護教堂、ウクライナ寺院)は教会として現存し、聖ソフィア大聖堂の建物は博物館として使われている。

代表的な仏教寺院には極楽寺がある。ムスリムも多く清真寺(モスク)もある。南崗区の大東直街は中国では珍しい「教会通り」になっており、プロテスタント教会(ハルビン南崗キリスト教会)、東方正教会(ハルビン聖母守護教堂)、向かいにカトリック教会が短い距離に並んでいて、少し離れて極楽寺もある。

文化[編集]

メディア[編集]

テレビには黒竜江省TV、ハルビンTVがある。新聞は「黒竜江日報」、「黒竜江晨報」、「生活報」、「新晩報」が発行されている。朝鮮語新聞では「黒竜江新聞」が発行されていて、東北全域に配布されている。

スポーツ[編集]

スケート競技が盛んである。特にフィギュアスケートでは国際大会に出場してくる有力選手の多くがハルビン市出身の選手である。ペア競技では姚濱の門下から申雪趙宏博組、龐清佟健組、張丹張昊組を輩出している。

寒中水泳大会は、冬の風物詩である。

祭り[編集]

ハルビン氷祭り:1985年より毎年1月5日に開かれている氷による彫刻物の展示会である。

観光名所[編集]

ゆかりの人物[編集]

出身者[編集]

居住者(日本人は出身地)[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]