ティーウェイ航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ティーウェイ航空
各種表記
ハングル 티웨이항공
漢字 티웨이航空
発音 ティウェイハンゴン
英語 T'Way Airlines
テンプレートを表示
ティーウェイ航空
IATA
TW
ICAO
TWB
コールサイン
TEEWAY
設立日 2004年(韓星航空として)
同盟 未加盟
保有機材数 5機(2013年12月 現在)
就航地 8都市(2013年12月 現在)
本拠地 韓国
代表者 咸  哲鎬(ハム・チョルホ)

ティーウェイ航空株式会社[1](ティーウェイこうくう、T'Way Airlines)は、韓国格安航空会社 (LCC)である。

概要[編集]

韓国では最初に設立された格安航空会社である。運賃は競合他社よりも最大80%程度安くしている。[2]

日本では、「ティーウェイジャパン (T'way Japan)株式会社」が、総代理店として航空券の販売及びマーケティング等を行っている。 機内ではキャビンクルーによるバルーンアートや、写真撮影、搭乗旅客の記念日サプライズアナウンス(要事前申請、現在韓国発のみ)など、フレンドリーなエアラインとして、注目を集めている。 2011年度、韓国LCC5社の中での顧客満足度調査(韓国消費者院調べ)にて、6部門中5部門でトップを獲得。

歴史[編集]

運航路線[編集]

ボーイング737-800型機 HL8237

2008年10月18日から全便運休中[21]であったが、2010年9月16日から運航再開。


かつての運航路線[編集]

  • ソウル/仁川 - 宮崎(週2便)(2012年12月27日 - 2013年3月3日)
  • ソウル/仁川 - 沖縄/那覇(週2便)(2013年2月7日 - 2013年3月3日)
  • ソウル/仁川 - シェムリアップ(週5便)(2012年12月27日 - 2013年3月3日)

保有機材[編集]

サービス[編集]

  • ジンエアーエアプサンなどの格安航空会社と同様に簡単な機内食と飲料水の無料提供がある。
  • また、国際線において機内免税品販売を実施している(大韓航空による商品提供)。

脚注[編集]

  1. ^ "会社概要." ティーウェイ航空株式会社 (日本).
  2. ^ 韓国航空業界で新規参入組の値下げ攻勢 - 朝鮮日報
  3. ^ 新規参入漢城航空、清州-済州間運航開始 - 朝鮮日報
  4. ^ 格安航空会社の韓星航空、19日から休航 - 朝鮮日報
  5. ^ 韓国初の民間航空会社、今月中旬から運航再開へ - 朝鮮日報
  6. ^ 格安航空の韓星航空、来月から金浦-済州線を運航
  7. ^ 韓星航空の新路線就航が延期、航空機到着せず - 聯合ニュース
  8. ^ 旅客機の前輪外れる事故…済州空港運航見合わせ - 朝鮮日報
  9. ^ 韓星航空が着陸時に事故、済州空港は離着陸中断 - 聯合ニュース
  10. ^ 韓星航空が金浦~済州路線増便、1日12往復に - 聯合ニュース
  11. ^ 格安航空の韓星航空が経営難、空港使用料など滞納 - 聯合ニュース
  12. ^ 格安航空の韓星航空、経営難で18日から運休 - 聯合ニュース
  13. ^ 韓星航空、またも運航中止へ - 朝鮮日報
  14. ^ 韓星航空、不定期航空運送事業登録取り消しへ 聯合ニュース
  15. ^ 韓星航空、社名を「T’way Air」に変更 聯合ニュース 2010年8月26日
  16. ^ ティーウェイ航空、15日から済州~金浦路線運航 済州日報
  17. ^ 티웨이항공 예약오픈 실시, 9월16일 취항
  18. ^ ティーウエー航空が国際線運航へ、早ければ7月から - 聯合ニュース
  19. ^ 韓国格安航空のティーウェイ航空、国際線に参入 - 聯合ニュース
  20. ^ ティーウェイ航空、新千歳/仁川線に就航 12月23日から FlyTeam 2013年10月2日付
  21. ^ 格安航空の韓星航空、運休期間を来年4月まで延長
  22. ^ ティーウェイ航空、新千歳/仁川線を3月から週5便に減便へ FlyTeam 2013年12月9日付
  23. ^ ティーウェイ航空、12月に福岡/仁川線を減便 佐賀線就航で FlyTeam 2013年9月20日付
  24. ^ ティーウェイ航空、福岡/仁川線を減便 1日1往復便体制に FlyTeam 2013年12月16日付
  25. ^ 日本へも続々就航、韓国の格安航空会社が「無限挑戦」 - 中央日報

関連項目[編集]

外部サイト[編集]